現在の閲覧者数:
競技:ひょうたんおしくらまんじゅう   種販売店   ひょうたん販売店   Life is a Carousel  
   
12
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現状

【8月4日】

久しぶりに棚下に行ってきました。
状況は全く変わらず。
新たに出来たひょうたんはありません。

接木のエースは株元の太さ6センチで
今までの最高記録なのですが
残念ながら実をぶら下げるとはありませんでした。
27080401.jpg

一方、明日香美人はと言うとこんな感じです。
もはや間違いなく明日香美人ではありません。
エースとの交配種になっちゃいました。
27080402.jpg
一番大きなこれで長さ80数センチ、胴回りは
最大部で70数センチでした。
現在でも未熟な状態です。

数は以前と同じで4個だけ。
新たに着果はしていません。
27080403.jpg

もう長いことツル整理は勿論、害虫駆除も
全くしていませんのでウリキンの幼虫が
たくさん大きくなっています。
今年だけは特別。好きなだけ食べるが良い!
スポンサーサイト

ミニが乾燥出来た

【7月20日】

この猛暑で中がチャプチャプ状態だったミニが
一気に乾燥仕上がった。

中の種がカサカサと、ちょっとした楽器のようだ。
27072101.jpg

ほほう、穴を開けなくても綺麗に仕上がるんだな。
これなら楽かもしれない。

今度たくさん取れたらまたこの仕上げにしよう。

明日香美人

【7月16日】

7月も半ば。
今年のひょうたんが出そろう季節。
エース2本は病の為か実の生長が途中で止まり
腐ってしまった。その後も実が留まることは無い。
完全に時間切れ終了だ。

久しぶりに棚下に入りじっくり観察した。
棚下には相変わらず明日香美人が4個だけ。
27071601.jpg

雌花はすごい勢いで出来ているが
今ぶら下がっている実が大きい為か
その後に生長するものは無い。
27071602.jpg

明日香美人でこんなことは初めてだが
実が重すぎツルの根元がちぎれそう!
慌てて紐で縛り上げたが大丈夫だろうか。
27071603.jpg

昨年、エースと交配してしまったのか明日香美人は
全部形がおかしい。本来もっと細長い品種だ。

まだ全然完熟しておらず表面が軟らかい。
せめてこの4個だけでも収穫したいものだ。

意外と綺麗に仕上がった。

【7月14日】

干していた千成が猛暑で一気に乾いた。
濡れていたときは真っ黒になってしまったと
思っていたが乾燥してみると意外や意外、
普通の綺麗な色に仕上がった。
27071301_201507141438228d6.jpg

中型以下のひょうたんを水漬けするのに
大活躍してきた蓋付巨大ポリバケツが
ここ数年、ひとつ、またひとつと劣化して
ボロボロになって崩壊していく。
15年くらい使っていただろうか。

そろそろ新しい何かを調達したいところだ。

うーむ、やる気が・・・。

【7月13日】

今日はとても暑く良い天気。
ひょうたんには絶好のシーズンになった。

ただ、ツル割れ病の発生を知って以来、
やる気が「シュン」と音を立ててしぼんでしまった。
あれからツル整理や脇芽摘み、人工授粉など
1回もやっていない。と言うか昨日まで一度も
ひょうたん棚を見に行っていなかった。

昨日、久しぶりに見てみるとウリキン幼虫が
大量発生していたので薬を散布したのが
最近唯一のひょうたん作業だ。

写真も撮っていないので先週の画像だが
太めの明日香美人だけがぶら下がっている。
27071301.jpg

株数が少ないだけに他の株に望みを託すことも
何も出来ずどうしようもない。
全ての計画が裏目に出てしまった。

正直今年のひょうたんは初のギブアップだ。

道に迷ったときには初心を取り戻した方が良い。
来年は千成で再スタートだ。

全然育たない。

【7月6日】

いつもそうですがプランターで栽培すると
とっても生長が遅い。
まだ孫ヅルが伸びてこないので雌花が出来ません。
27070601.jpg

そう言えばこれも多分つる枯病だし今年は全滅か。
27070602.jpg
うーむ、恐ろしい事態です。

水漬けから乾燥へ

【7月5日】

雨が降っていたけれどカッパを着て作業しました。
去年と一昨年に水漬けしたやつ。
面倒で放っておいてしまっていました。

もう何だか全体に黒くなっておかしな感じです。
しずく型ばっかりだ。
だから放っておいたんだった。
27070401.jpg

一昨年のミニは種を出す気になりません。
何時間かかるか想像も付かないのです。
最初から出す気が無いので穴も開けてありません。
27070402.jpg
中がチャプチャプ状態でそのまま乾燥します。
カビる前に乾燥出来れば良いんだけど、
この天気では無理か・・・。

今年は終わったかも!

【7月4日】

いよいよ調子に乗ってきたと思われた本日、
衝撃の展開が!
この1果に掛けたのですが画像上部水平にある
この実を着けている孫ヅルにご注目。
27070501.jpg

拡大しますと・・・。
ツルの真ん中が横に裂けとりますがな!!!
27070502.jpg

よーく株を観察してみると裂け目は色々な所に。
主軸までもこんな感じ。ツル割れ病か!!!
27070503.jpg

マメに軸にもダコニールを散布してたのにー。
地際には何の問題も無いのに。くそー。
27070504.jpg
これを抜いちゃったらやることが無くなるから
とりあえずこのまま続行しますが
収穫にたどり着く確立は限り無く0%に近いのです。
お先真っ暗になっちゃいました。

昨年発症したから菌が土中にいますね。
やったこと無いけど土壌消毒とか言うやつ
今年は考えなきゃいけないかも。

どれにしよう?

【7月2日】

いよいよ7月に入った。
巨大果のために選定をしなければ。
今の候補はこの三つ。
27070201.jpg

結局手前のものを残し切り取りました。
今や何の感情の迷いも無くバッサリいけます。
27070202.jpg
残したものはネットに入れ大切に育てます。
余程の新候補が現れなければ
今年のエースはこれで行こうと思います。
27070203.jpg

目標はただ一つ!
棚下には「たった一つの巨大ひょうたん」!!

棚の端までもう少し

【6月30日】

今日は6月最終日。
ここ数日外泊していたので棚を見られませんでした。
今朝見てみるとツルがもうすぐ棚端に到達です。
27063001.jpg

棚の反対端では実がぶら下がり始めました。
今のところ順調に予想通りの展開です。
27063002.jpg

さて、どの実に絞るかが大問題。
あと1週間くらいの間には決めたいなあ。
27063003.jpg

棚下のひょうたんを見ると夏の始まりを感じます。

プロフィール

たぁさん

  • Author:たぁさん
  • 正しいひょうたんの作り方や加工方法なんて全く知りません。でも何とかやってます。最初の年は何故かヘチマが出来ました。ちゃんとひょうたんのタグの付いた苗を買ったのに・・・
    このブログはリンクフリーです。記事や画像の転載などもどうぞご自由に。

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。