現在の閲覧者数:
競技:ひょうたんおしくらまんじゅう   種販売店   ひょうたん販売店   Life is a Carousel  
   
10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ついに焼き印だー!!

【7月31日】

できあがった「ひょうたん型焼き印」で試し押しです。

まずレンジの上に網を載せて焼き印を赤々と焼きます。
072813.jpg


そして取っ手部分をペンチで挟んで
手近にあった木製ラックにジュ??!

バッチリです。

焼き加減によってこんな感じになりました。
072814.jpg


さ?て、では本番の木刀に!

ジュ??
ん?

あれ?、焼きが足りなかったかな?

もう一度真っ赤に焼いて、ジュ?・・・。???。

あれ?、付かないぞ?。

何度やってもちゃんと焼き印できません。
072815.jpg


どうやら木製ラックと違って木刀は密度の濃い、
堅?い樫の木で出来ているので焼きが入る前に小さな焼き印の
熱量ではすぐに放熱しきってしまってパワー不足のようです。

いや?、計算外でした。
そこまでは考えていませんでした。

木刀に焼き印するには印面は小さくても熱を供給する
大きなボディが必要なようです。

またそのうち挑戦する事にしましょう。

中途半端な結果に終わってしまいましたが
とりあえず焼印作成はこれで終了で?す。


富里合気道友会
スポンサーサイト

焼き印が完成。

【7月30日】

前回型に詰めた粘土が完全に乾燥したら
いよいよ焼きの作業に入ります。

少々乱暴ですが型から外す際に壊れると困るので
今回は大胆に型ごと焼いてしまいます。

ガスレンジの上に置き換気扇を回して焼きに入ります。
072807.jpg


火が消えて取り出すと、何やら汚い塊が出てきました。
072808.jpg


粗さの違う3種類のサンドペーパーと精密ヤスリで表面を
慎重に削っていきます。
072810.jpg


しばらくすると、ひょうたんっぽい形になってきました。
072809.jpg


更に削り進め表面を落としていくと、
どんどん綺麗なひょうたんの形になってきます。
細かいペーパーやヤスリで若干輪郭を整えると
こんな感じになりました。
072811.jpg


裏面もブラシをかけると取っ手がちゃんとできています。
072812.jpg


さ?て、押してやるぞー!

ひょうたん型の焼き印に挑戦!

【7月29日】

愛用の木刀に自分の目印を付けるために自分らしい
ひょうたん型の焼き印を作ってみることにしました。

ひょうたんの加工とは直接関係ありませんが、
一応ひょうたんの形にするので掲載してみることに。

今回は余っていた純銀製PMC3粘土と焼成釜を
使って作ります。焼成釜があれば便利ですが、
ガスレンジの上に網を載せて直接焼いても
粘土さえあればできるはずです。

まず、消しゴムで型を作ります。
適当な大きさに切りだし2枚にスライスします。
1枚にはひょうたんの形の絵を描きます。
072801.jpg


掘ったところが分かるように全体にマジックで
赤く塗装してから掘り始めます。
電動のルーターがあればすぐに掘れます。
彫刻刀などでも勿論可能です。
072802.jpg


ひょうたんの形にくりぬけたら、
スライスしたもう1枚を下に重ねひょうたんの中心に
ツマミを付けるための線を引きます。
072805.jpg


線の所を太めに掘って溝が出来たら堀作業は終了です。
072804.jpg


ずれないようにテープや接着剤で2枚を固定します。
これで型の完成です。

ここにタップリと粘土を押し込みます。
072806.jpg


完全に乾燥するまで数日放置するか、
ドライヤーで30?60分乾燥します。

乾燥したらいよいよ焼きの作業です。

プロフィール

たぁさん

  • Author:たぁさん
  • 正しいひょうたんの作り方や加工方法なんて全く知りません。でも何とかやってます。最初の年は何故かヘチマが出来ました。ちゃんとひょうたんのタグの付いた苗を買ったのに・・・
    このブログはリンクフリーです。記事や画像の転載などもどうぞご自由に。

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。