現在の閲覧者数:
競技:ひょうたんおしくらまんじゅう   種販売店   ひょうたん販売店   Life is a Carousel  
   
08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鉢栽培ひそかに終了。

【9月13日】

樹に巻き付いていた鉢栽培のひょうたんも
現在は見る影もありません。
18091310.jpg


最後の収穫とその時の状況を画像で残しておいたものが
どうしても見つかりません。
確か10個程度の収穫だったと思います。
今は上の画像の右下に写り込んでいるバケツの中で
じっと種出しの時を待っています。

数個だけはベランダにぶら下げてカラカラに干してみようと
収穫した状態のまま水づけせずに吊してあります。
これからの台風時期もこのまま我慢してもらいます。
18091311.jpg


今年は庭の鉢栽培が本当に不調でした。
結局、種から育てた株からは豆瓢以外1個も収穫できず
購入苗の千成からのみの収穫でした。

第2栽培所の豊作の裏で静かなシーズンの終わりとなりました。
スポンサーサイト

庭の鉢植4回目の収穫。

【8月29日】

今年4回目の庭の鉢栽培ひょうたんの収穫をしました。

ツルが枯れてから長時間収穫しなかったものは
茶色く変色し、中は完全に乾燥しているようで
すごく軽?くなっていました。

軟らかいものは迷わず捨てて残ったのは硬化した19個です。
18082901.jpg

今回のひょうたんも良い形が多く満足です。

庭の瓢箪もあと数個の収穫で終わりを迎えます。
今年の鉢植は苗で購入の千成しかできませんでした。

今年の庭ほぼ終了

【8月22日】

先日ウリキンウワバの幼虫と思われる虫を発見し、
一体このまま放っておいたらどうなるのだろうと
好奇心に押されしばらく鉢への水やりだけ続けていました。

数日して2階のベランダへ行ってビックリ!
なんと壊滅状態になっていました。
18082201.jpg

たくさんあった葉はほとんど茎まで食べ尽くされ
葉が無くなったツルは枯れていました。
こんなになってしまうとは予想していませんでした。

樹に巻き付いた一部分とベランダの葉数枚を残し
庭のひょうたんは一気に終わりを迎えてしまいました。
18082202.jpg

18082203.jpg


糸みたいに細くて小さかった幼虫は一杯食べて
目測で太さ約5ミリ長さ2センチに成長していました。
繭を作って成虫になる準備をしているところです。

庭では今回初めてこの幼虫を発見しましたが
来年も発生してしまったらナメクジ同様、
すぐに対処しなければ大変なことになりそうです。

鉢栽培3回目の収穫

【8月12日】

庭の鉢栽培で充分堅くなった果実を収穫しました。
今日の収穫は7個でした。

なかなか良い形がそろっています。
18081201.jpg

大きい二つは中を出して乾燥、
その他は外皮だけむいて穴を開けず、
ツルの付いたまま乾燥してみようと思います。

やっと来たぞ!雌花ラッシュ!

【8月6日】

生き残り株の少ない庭の鉢植ひょうたんですが
いよいよ雌花ラッシュに突入したようです。

完熟まで成長するものは多くありませんが
ここ3日ほどは毎日10個程度の雌花が咲いています。
18080601.jpg


葉は枯れ上がってきており棚は閑散としてきましたが
より高い位置の木の枝や2階のベランダに
巻き付いている部分は元気に成長を続けています。
18080602.jpg

多分、今後1?2週間が勝負の時期となりそうです。

今年2回目の収穫

【7月30日】

新たに枯れてしまった株を撤去する際、
成っていたひょうたんを収穫しました。

下段が一寸豆瓢で上段が千成ひょうたんです。
18073001.jpg

種出し皮むきのために水に浸けておきます。

早くも秋の雰囲気

【7月30日】

一体今年はどうしたのでしょう。
まだ梅雨明けもしておらず7月だというのに
鉢のひょうたんは早くも秋の気配です。

ただでさえ日当たりが悪いこの庭で
今年は日照時間がとても少なかったので
どの株も茎が細く貧弱です。
力強さがなく生命力が小さい感じです。

最近は葉も枯れ上がってきたので
無駄な葉を切り取ってみました。
棚を下から見上げるともうスカスカです。
18073002.jpg

いつもなら9月頃の風景です。
新たに枯れてしまった株も3株ありましたので
撤去しました。

残りの株が梅雨が明けてから元気になって
たくさん実を着けてくれるのを祈るばかりです。

種出し皮むき完了。

【7月26日】

収穫した一寸豆瓢を水につけておいたものを
取り出してみました。

1年ぶりのこの強烈な臭いにあらためて驚きです。
肩口まであるゴム手袋で完全防備して種出ししました。

このまま乾燥させてもいいのですが
臭い抜きのため綺麗な水につけておきます。
18072701.jpg
変色を防ぐために容器を冷蔵庫に入れておきます。
適宜水を交換します。

記念すべき今年の第一号です。

ワサワサです。

【7月20日】

庭のひょうたんも気付けば2階ベランダの手すりを
越えるところまで来ていました。
18072001.jpg


ベランダから棚を見下ろして写真を撮ると
いつの間にかワサワサのじょうたいになっていました。
18072002.jpg


雌花が咲いても大きくならずに枯れてしまうものも
少なくありませんが千成の幾つかは順調に育っています。
18072003.jpg


葉っぱの裏を見てみるとアブラムシがビッシリ、
お尻から出す甘い液体をもらいにアリも棚上の
高?い所までたくさん来ています。
18072004.jpg


一寸豆瓢の株はもう成長することなく枯れてきています。
少し早いですが終わりのようです。
中国ひょうたんは今ひとつの成長ぶりで
まだ雌花を着ける段階に至っていません。
と言うわけで今の庭は実質千成数株だけになっています。

栽培1年目以降、色々な品種、たくさんの株数で
いつも混み合った棚だったのですが千成にとって今年は
今までにない広々とした好条件です。

どれくらい収穫できるか楽しみです。


今年最初の収穫?

【7月11日】

病気で枯れてしまった一寸豆瓢を撤去しました。
その際に2個だけしなびていかない果実があったので
収穫してみました。
18071101.jpg

小さい方は押すと凹むので乾燥出来そうにありませんが
大きい方は結構固くなっているので大丈夫かも。

とりあえず水につけてみます。

プロフィール

たぁさん

  • Author:たぁさん
  • 正しいひょうたんの作り方や加工方法なんて全く知りません。でも何とかやってます。最初の年は何故かヘチマが出来ました。ちゃんとひょうたんのタグの付いた苗を買ったのに・・・
    このブログはリンクフリーです。記事や画像の転載などもどうぞご自由に。

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。