現在の閲覧者数:
競技:ひょうたんおしくらまんじゅう   種販売店   ひょうたん販売店   Life is a Carousel  
   
10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006年第2栽培所完結。

【9月9日】

昨年収穫した第2栽培所の中国ひょうたんを
やっと乾燥させることができました。

腐らせるのに時間がかかり収穫から乾燥まで約1年も
かかってしまいました。
19090910.jpg

太めのひょうたんが多いものの、すべて殻が厚く
なかなか良い出来をしています。

これにて第2栽培所(畑)2006完結です。
あ?、長かった。
スポンサーサイト

最後の水換え。

【8月29日】

昨年収穫したひょうたんの最後の水交換を行いました。

前回交換してから暑い日が続きましたが臭いはありません。
19082901.jpg


ここまで収穫から約1年の行程でした。
虫が発生すると嫌なのでほとんど密閉状態でここまできました。
時間はかかりましたが良い物が出来たと思います。
19082902.jpg

1週間位したら乾燥作業に入ります。
部屋に置いていても気にならない無臭のひょうたんが完成します。

臭い抜きの水交換です。

【7月28日】

水に浸けていたひょうたんからはかなりのアクが出てきました。
水は白く濁ったようになっていました。
19072801.jpg


樽の中とひょうたんの中の水を綺麗なものに交換しました。
雑菌繁殖を防ぐ薬も適量入れて再度ねかせておきます。
19072802.jpg


また1?2週間経ったら水を交換します。
これを何回か繰り返します。
19072803.jpg
根気の要る作業ですが臭いの無い安心して部屋に置ける
ひょうたんに変身させるための重要な作業です。

やっと種出しです!

【7月22日】

昨年収穫した中国ひょうたんがやっと種出しできました。
何とまだ完全に中身が腐っておらず、繊維の固まりを
壊しながら種を出す作業で非常に大変でした。
半日かけて4樽分の作業が完了しました。
19072402.jpg
これから1週間間隔で水を交換して臭い抜きを行います。

晴れたので乾燥を。

【4月14日】

水づけのひょうたんは臭いがすっかり無くなりました。
1週間経ちましたが水は澄んだままで奇麗でした。

今日、明日と天気が良いようなので思い切って
3樽分を乾燥することにしました。
19041401.jpg

19041402.jpg

ここまでの過程で殻の薄いものなど、
かなりの数を処分しています。
ここまで残ったひょうたん達はハードな精鋭揃いです。

思っていたより数は少なくなりましたが
こんなにあれば充分です。

残すは腐敗中の中国ひょうたん等です。
2006年分の作業完了は2007年中旬になりそうです。


臭いが抜けた。

【4月8日】

臭い抜きを行っていた樽の水を換えてから1週間が
過ぎました。再度水の交換を行います。

フタを開けてみると水は澄んだままで
ほとんど臭いもしていませんでした。
10040801.jpg
これが最後の水交換として問題ないと思います。
あとは天気の良い日に乾燥するだけです。

次は残りの4樽の中国ひょうたんの種出しなどを
行わなければなりませんが腐敗が遅れていますので
まだまだ先になりそうです。

臭い抜きの為の水交換

【4月1日】

種だし皮むきをして水に入れて1週間が経ちました。
新しい水に交換することにしました。
作業にも慣れて1時間弱で3樽分の交換ができました。
19040104.jpg


臭い抜きの樽では腐敗を進める必要がありませんので
適量の殺菌剤を入れておきました。
19040102.jpg
水も比較的奇麗なままでひょうたんの臭いは
かなり薄くなりました。

作業の後の買い物で苗ポット用の土を買いました。
19040103.jpg


昨年収穫した中国ひょうたんがまだ腐ってもいないのに
もう4月に入ってしまいました。
そろそろ今年育てる品種を絞らねばなりません。

今のところの予定では、
家の鉢植えでスーパーチビひょうたん1品種のみ。
第2栽培所でスーパーチビひょうたん3株・
千成ひょうたん1株・中国ひょうたん1株・
大長ひょうたん1株または大ひょうたん1株と
言ったところでしょうか。


いでよ!腐れひょうたん達!

【3月24日】

昨年収穫したひょうたんを水に入れること数ヶ月、
とうとう開けてみることにしました。

開けたときの画像は刺激が強いので掲載は見合わせました。

種を出して皮をむいて綺麗に洗ったものがこちら↓。
07032401.jpg

まだまだホンの一部です。
全部やるのは大変な作業だー。
長時間の中腰作業で腰のヘルニア爆弾が小爆発を
起こしてしまいました。痛?。

1日かけて中国ひょうたんと数個の大型ひょうたん以外は
全て種出し・皮むきが終わりました。
これから臭い抜きを行います。
新しい綺麗な水につけておきます。

中国ひょうたんは繊維が多いのか
まだ中身は腐っていませんでした。
気温の低い季節に容器を日陰に置いていたことも
腐敗を遅らせてしまったのでしょう。
再度フタをして放置します。
バケツ7個中4個分が残ってしまいました。
07032402.jpg


そんな作業を守り神のチビタンはうたた寝しながら
1日中近くで見守っていてくれました。
クロタンは相変わらず隠れたままです。
ネットの向こう側なのに用心深いなー。
07032403.jpg



今日は他のひょうたん栽培のブログで教えて頂いた
犬猫に安心のナメクジ対策の薬、
「ニューナメトール」も注文しました。
少しづつシーズンの始まりが近づいてきたのを実感します。

しばらく水中にて待機。

【10月22日】

久しぶりに第2栽培所で作業を行いました。
棚に絡まっていたツルを全て撤去しました。
来シーズンに備えてサッパリとしました。
18102201.jpg


ここ何日か暖かい日が続いていましたから
もう春が来たとでも思ったのでしょうか?
落ちていた種が発芽していました。
18102202.jpg


今年収穫して家に持ち帰ったひょうたんは
浮力でフタが開かないように
バンド線で堅くロックされた容器の中で
深い眠りについています。

大きな物が充分腐るまではフタを開けることができません。
寒くなってきたこともあり長い時間が必要です。
念には念を入れて種出しは来春にしようと思っています。
18102203.jpg

第2栽培所収穫その4(最後)

【10月7日】

全ての株のツルは完全に枯れて
ついに今年最後の収穫となりました。

いつもならとりあえず水づけする殻の薄そうな物は
今回は深い穴を掘って思い切ってたくさん処分しました。
18100701.jpg

18100702.jpg


残りのカチカチに完熟した20個だけを
今回の収穫としました。
18100703.jpg

背丈30センチ以上の大きい物がほとんどなので
45リットル容器3?4個は必要になりそうです。

棚もこの通り、サッパリしました。
今シーズンの活躍ご苦労様でした。
18100704.jpg


これでなんとか収穫自体は終えることができました。
あとはじっくり水づけをしてのんびり種出しを
していこうと思います。



結局今年の第2栽培所では全部で131個を収穫しました。
そのうち58個は千成と一寸豆瓢以外の
中型以上のひょうたんです。
大豊作を経験できた貴重な一年でした。

来年は違う品種を中心に頑張るぞ!

プロフィール

たぁさん

  • Author:たぁさん
  • 正しいひょうたんの作り方や加工方法なんて全く知りません。でも何とかやってます。最初の年は何故かヘチマが出来ました。ちゃんとひょうたんのタグの付いた苗を買ったのに・・・
    このブログはリンクフリーです。記事や画像の転載などもどうぞご自由に。

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。