現在の閲覧者数:
競技:ひょうたんおしくらまんじゅう   種販売店   ひょうたん販売店   Life is a Carousel  
   
08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

柴漬け大失敗!

【9月22日】

あーもう!
あの柴漬けの素はまずすぎる!
時間が経ち馴染んできましたが味見をすると
私が大嫌いな変な甘酸っぱさ!

今回は柴漬けはやめだ!!
せっかくの食用ひょうたんが勿体ないよ!

しょうが無い。既についてしまった味をごまかすには
強い味にするしか無い。
洗って5ミリほどにスライスしました。
これを油で炒めて中華調味料で味付けしました。
26092201.jpg

使ったのは豆板醤や甜麺醤、コチジャンなど
あと適当に五香粉やウェイパーなど入れました。
26092202.jpg

よく炒め旨味調味料などで味を調えて
ニラを刻んで入れて完成。
雰囲気は麻婆ナスです。
26092203.jpg

あぁ! 熱々の湯気でレンズが曇ってしまう!
うーむ、辛うまだ!
柴漬けの味が完全にごまかせている!成功。
26092204.jpg
本当に食感と味がナスに近いな。
少しキュウリのような雰囲気もある。
食用瓢箪なので苦さは全くない。
これは本当に食材だ!
スポンサーサイト

収穫したぞ!朝どりひょうたん!

【9月17日】

ヤッホーイ!
表面を叩くと「パルン!パルン!」と音がする。
まだ柔らかく中から膨れている感じ。
とうとう収穫したぞ。食用瓢箪。
完熟させてみたいという欲望に打ち勝ちました!
26091701_20140917133552d75.jpg

第1発目は前からやってみたかった柴漬けを。
本当は切らずにやりたいけど大きいので半分に。
まだ種もでき始め。柔らかいです。
26091702.jpg

赤シソの葉か揉みシソを探しにお店に行ったけど
季節外れなのか売ってなかった。
しょうがないから柴漬けの素なるもので我慢。
でもこの粉、甘すぎて自分の好みじゃ無いな。
26091703.jpg

そこで酸っぱさとしょっぱさ、ついでに色を補うため
別で自分で作っている最中のこの梅漬けから
味の付いた梅酢とシソの葉を拝借。
26091704.jpg

なんとなく良くなった。
26091705.jpg

少し重さを掛けて冷蔵庫へ。
たまに裏返したりして1週間くらい様子を見ようと
思います。
26091706.jpg
うーん、美味しく仕上がるかな?

ひょうたんの「食」について

【訂正とお詫び】

6月17日に数時間閲覧可能となった
6月14日付けの記事に不適切な内容が
記載されておりました。
ひょうたんの苦味は嘔吐や下痢などの
食中毒を引き起こす成分、ククルビタシンです。


ひょうたんの料理への使用は必ず品種、
「食用ひょうたん」として販売されているものを
ご利用下さい。

これにより6月14日の該当記事を削除し
カテゴリ「ひょうたんの料理」を
注意付きにし内容も適宜修正致します。

尚、食用として販売されている品質改善された
夕顔と食用ひょうたんには苦味成分は無く
こちらの料理には何ら問題ありませんので
誤解のなきようお願い申し上げます。

おまけの一品

ひょうたんの苦味はククルビタシンという
下痢や嘔吐の食中毒を引き起こす成分です。
料理には必ずこの成分の入っていない品種、
「食用ひょうたん」を用いて下さい。


【天ぷら】

私はゴーヤが大好きでゴーヤの天ぷらやチャンプルーを
良く作ります。
今回は食用ひょうたんをゴーヤの天ぷらのイメージで
料理してみました。

う?ん、結果は大成功。
薄皮の感じがピーマンっぽく、
味はゴーヤみたいに苦くはなく
とても食べやすく美味しくできました。

皆さんもどうですか?
美味しいですよ。
r401.jpg

ひょうたんは表面がソフトビニールの人形のように
触るとまだグニャグニャしている段階です。
r402.jpg

割るとこんな感じです。
軟らかい種が出来てきています。
r403.jpg

ゴーヤを調理するときのようにスプーンなどで
外皮と中身を分離します。
捨てるのは手に乗っているものくらい。
あとは全部食べられます。
ひょうたんってスゴイ。
r404.jpg

今回食材として使用するのは外皮です。
食べやすい大きさに切り分けます。
ひょうたんの下部は少し堅かったけれど
とりあえずこのまま調理してみます。
r405.jpg

小麦粉に普通の天ぷらよりやや水を多くして
薄衣で揚げていきます。
今回はこの方が素材が味わえて良いと思います。
180℃程度に熱したキャノーラ湯で揚げていきます。
※ 私は胸焼けし易いですがキャノーラ油なら
   全然胸焼けしません。

カラッと揚がれば出来上がり。
濃縮めんつゆを薄めずそのまま少量かけても
天つゆを作って食べても美味しい一品です。
少し堅かったひょうたんの下の部分も
揚げると何の問題もなく食べられました。
r406.jpg

余ったワタは前々回に紹介した方法で調理しました。
これまたやっぱり美味しい。
r407.jpg

なんと、軟らかい種がまるで松の実のようで
とても美味しいんです。
これは意外でした。
r408.jpg


ひょうたんって捨てるところが無いではないですか。
なんて美味しい食べ物なんだろう。
見る目が変わってしまいました。
そう言えば外国ではツルが食用に売られているそう。
どうやって食べるのだろう?
また変な方向に興味が沸いてきてしまいました。

ひょうたんの煮物

ひょうたんの苦味はククルビタシンという
下痢や嘔吐の食中毒を引き起こす成分です。
料理には必ずこの成分の入っていない品種、
「食用ひょうたん」を用いて下さい。


【焚き物】

煮物と言うと濃い醤油味を連想してしまいますので
汁の多い焚き物と言った方が良いかと思います。
イメージは冬瓜の煮付けです。

私はこの味で作ったものが大好物で
頻繁に作って食べています。
ひょうたんでもバッチリだったのでおすすめです。
r201.jpg

使うものは食用ひょうたんを中サイズのリンゴ
1個分程度の量、水500ccその他調味料。
濃縮タイプめんつゆ、みりん、顆粒昆布ダシ、
旨味調味料、キャノーラ油、三温糖。
めんつゆは2倍濃縮タイプと言うのでしょうか、
麺の付けつゆにするのに2倍に、
かけつゆに使うのに4倍に薄めるタイプです。
私は昨年イワシの食べ過ぎ以来、鰹ダシが
苦手になってしまったのでめんつゆと顆粒ダシは
昆布ベースを使っています。
多分、好き嫌いは別にしても今回の料理には
サッパリとした薄い味ながら濃いダシの味が
しっかりしているところが美味しい料理なので
昆布の方が良く合うと思います。

各分量は上記ひょうたんの量に対して記してあります。
r202.jpg

まず、ひょうたんを1センチの厚さに切ります。
ただ、煮込みの時間が長くて良いのであれば
好みに応じてゴロッと数センチに切るのも
美味しいと思います。
r203.jpg

鍋に水を500cc入れ沸騰させます。
ここにめんつゆ大さじ2、みりん大さじ1、
昆布だし小さじ1、旨味調味料小さじ0.5、
サラダ油小さじ1を投入します。

作っただし汁が沸騰したらひょうたんを投入し
再度沸騰するまで強火にします。
r204.jpg

沸騰したら中火で10分ほどフタをしないで
煮続けます。
青臭い臭いがとんでいきます。
r205.jpg

味が落ち着いてきますので
10分経ったら味を確認しながら
三温糖を1?2つまみ加えて
全体の味をまとめます。
その後、鍋にフタをして火を止めます。
このまま最低3時間以上放置します。
この間に味がしみていきます。
r206.jpg

放置して味がしみるとひょうたんが
透明に近い色になります。
だし汁は先程とは違うまるい味に変化しています。
そろそろ食べ頃です。
r207.jpg

再度暖めて最後に器に盛りつければ
できあがり。
軟らかくて胃に優しい食べ物です。
私はもっとスープをたっぷり盛って
お椀でお吸い物のように食べてしまいます。
美味しいですよ。
r208.jpg

一手間加えるのであればこの上に
牛と豚の合い挽き肉を良く炒めたものに
醤油、酒、みりん、旨味調味料で味を付け
水溶き片栗粉であんかけにしたものをかければ
本当に絶品の一品となります。

ヨダレが?。


2品の予定でしたが、
やっぱり次回オマケでもう一品紹介します。

ひょうたんの辛味炒め

ひょうたんの苦味はククルビタシンという
下痢や嘔吐の食中毒を引き起こす成分です。
料理には必ずこの成分の入っていない品種、
「食用ひょうたん」を用いて下さい。


【おかず】

これは甘辛で御飯のおかずにピッタリです。

是非皆さんにも食べてもらいたい!
今ではひょうたんを見るとヨダレが出てしまいます。
r101.jpg

使ったひょうたんは中サイズのリンゴ1個程度の量です。
各分量はこのひょうたんの量に対して記したものです。
用意する調味料は以下の通りです。

みりん・料理酒・醤油・旨味調味料・一味(七味でも可)唐辛子
キャノーラ油(サラダ油でも可)・三温糖(砂糖でも可)

私は粒山椒の食感が苦手なので一味を、
油はサッパリしたキャノーラ油を、
甘みには柔らかみのある三温糖を用いました。
r102.jpg

まず、用意した食用ひょうたんを
3ミリ程の厚さにスライスします。
r103.jpg

ひょうたんはナスのように油を吸いますので
熱したフライパンに大さじ1?1.5杯程度ひきます。
そこにひょうたんを全部投入し強火のまま
焦げ目が付いてくるまで炒めます。
r104.jpg

焦げ目が付いてきたら強火のままの状態で
みりん大さじ1、酒大さじ1、醤油大さじ1、
旨味調味料少々を加え鍋ふり、もしくは
ひょうたんが壊れないように注意して
かき混ぜるなどして調味料を行き渡らせながら
炒め作業を続けます。
r105.jpg

ひょうたんがシンナリしてきたら入れた調味料が
蒸発して無くなってしまう少し前に一味を
小さじ0.5?1振りかけます。
好みに応じて量を加減してください。
最後に味を確認しながら三温糖を
1?2つまみ振りかけて味をまとめ
鍋振りをして全体に馴染ませます。
ここまで私は終始強火です。

みりんと砂糖が入りますので
焦がさないように注意してください。
r106.jpg

お皿に盛りつければ出来上がり。
冷めても美味しいですよ!
r107.jpg


次はお吸い物っぽい煮物です。

ひょうたん料理に挑戦!

ひょうたんの苦味はククルビタシンという
下痢や嘔吐の食中毒を引き起こす成分です。
料理には必ずこの成分の入っていない品種、
「食用ひょうたん」を用いて下さい。


【8月30日】

ひょうたん料理を2品ほど紹介してみようと思います。
もともと同じ種類なので当たり前なのですが
秋田で購入して食べた夕顔がとってもおいしかったので
食用ひょうたんを用いて同じ調理法で作ってみました。

結果、うま?い!

今、やみつき状態です。
本当にひょうたんが美味しそうに見えます。

なんで食材として売っていないのでしょうか?
と思うほど。

多分40歳以上の方には美味しい大人の味だと思います。


【下準備】

まずは食用ひょうたんを収穫します。
ひょうたんを指で押すとソフトボールの表面のように
グニャッと凹む程度の軟らかいものを使用します。
この段階なら種も出来ておらず中身全体が食べられます。
r001.jpg

軟らかそうな大きな部分だけ使用します。
今回は実が小さいので下の大きな玉の部分だけ
使うことにしました。
r002.jpg

こんな感じに種のできはじめの状態です。
グニャグニャなので食べても全く気になりません。
万一気になるくらいの堅さであれば取り除いて下さい。
種以外のワタのような部分は全部おいしく食べられます。
r003.jpg

リンゴを剥くような感じで皮を剥いてしまいます。
青臭い臭いが苦手な方は厚めに剥いた方が
いいと思います。
r005.jpg

残った軟らかい皮も利用できます。
r006.jpg


次はいよいよ調理です。

プロフィール

たぁさん

  • Author:たぁさん
  • 正しいひょうたんの作り方や加工方法なんて全く知りません。でも何とかやってます。最初の年は何故かヘチマが出来ました。ちゃんとひょうたんのタグの付いた苗を買ったのに・・・
    このブログはリンクフリーです。記事や画像の転載などもどうぞご自由に。

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。