現在の閲覧者数:
競技:ひょうたんおしくらまんじゅう   種販売店   ひょうたん販売店   Life is a Carousel  
   
06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台風が来ます!

【8月31日】

今日、台風が来るようです。
早朝から強い風が吹いています。
21083101.jpg
棚はご覧の状況で地植のひょうたんは既に枯れましたが
鉢植えのミニひょうたんの部分は青々と茂っています。
今年の鉢植えミニは長寿でたくさんの実を着けています。

昼頃から暴風領域に入り夕方から夜にかけて
千葉県に最接近する模様です。
過去には台風で棚が倒壊、全滅した経験もあり
どうなってしまうのか気が気ではありません。

さて、台風を無事に乗り越えられるでしょうか。
スポンサーサイト

鉢千成は限界か。

【7月29日】

最初は形の悪いものしか出来ずハラハラした
鉢植えの千成ですが、結果としては綺麗な形の
ひょうたんが結構出来ました。
充分満足な結果が得られ鉢植えも完熟期に突入です。

現在の株の様子をお伝えしますと土植の千成のツルが
10メートル程育っているのに対しこちらの鉢植えは
7メートル程度で息切れの状態です。
今年初期の成長はこの鉢植えが一番早かったのに
いつの間にかほとんどの地植えに抜かれてしまいました。
これが土のパワーの違いなのですね。
21072901.jpg
子ヅル先端は本当に細くなり鉢植えは
そろそろ成長終了と言った雰囲気です。

土植えと鉢植えを同時に育てていると違いが良く分かります。

好みの形ばかり。

【7月11日】

今年は苗作りに失敗し千成が主軸の栽培と
なっています。
千成が軸の栽培は栽培2年目以来のことです。
(何故か1年目は全てヘチマになりました。)

思い返してみれば当初は摘芯のことも知らず
肥料も与えずにただプランターに植えただけで
秋には数個のひょうたんがぶら下がるのを
心を躍らせて毎日眺めていたものでした。

当時はネットが今ほど普及しておらず
ひょうたんのブログやHPは数えるほどしか
ありませんでした。栽培するのに充分な情報を
ネットから集めることは困難で図書館で栽培方法を
調べたりしたのを思い出します。

今は色々な知識や経験があるので同じ千成を
栽培していても当時とは株の様子が全く違います。
今鈴なりにぶら下がっているのは選定した好みの
形のひょうたんばかりです。
21071102.jpg

少しでも形を整えるために嫌いな形の雌花や
ツルを摘んで色々と調整しながら栽培できています。
(↓ 摘んだツル)
21071101.jpg
鉢栽培でもこんな感じに育てられるとは
当時は夢にも思っていませんでした。

大型品種に関してはまだ良く分からないことが
多くて試行錯誤の連続ですが千成に関しては
今年、やっと自分の満足いく栽培レベルに
到達することができたような気がします。

良い形が出現

【7月1日】

鉢の千成にできる雌花は今まで全て
上の膨らみの無い涙型だったので
親ヅルと子ヅルにできた雌花は摘み、
ダメな孫ヅルは根元から切り取っていました。

株の遺伝子がダメなのかと
あきらめかけていましたが新しい孫ヅルに
くびれが確認できる雌花がやっと出現しました。
21070101.jpg

この調子で今年は形にこだわって栽培しようと思います。

今年の鉢植千成美形なし

【6月27日】

鉢植の千成の状況です。
直径、深さともに30センチ程度の鉢を
地面に埋めて使用しています。

地面に埋めているのは後々長期不在時などに
散水チューブで自動給水するときのため、
地植ひょうたんとの高低差を無くし
チューブの設置を簡単にするためです。
それ以外の理由はありません。
21062701.jpg

成長は流れにのって毎日ぐんぐん伸びています。
21062702.jpg

ただ、残念なことに雌花はたくさん出来ていますが
上の膨らみが無いので全て摘んでいる状況です。
この株の遺伝子がダメなのかもしれません。

やっぱり摘果

【6月13日】

6月7日に受粉して成長していた千成の実は
5センチ程の大きさに達しこのまま収穫できると
思いますがやはり形が悪すぎます。

この時点で摘果することにしました。
21061401.jpg

今年はこんな感じで数を制限したいと思います。

良く伸びるなぁー。

【6月9日】

親ヅルを摘芯してから子ヅルはまだ全く
育っていませんが摘芯した部分までの
親ヅル全体がまだどんどん伸びます。
1日で10センチ以上は伸びている感じです。
21060901.jpg

週末には棚に固定しなければ
支柱の長さが足りなくなってきました。

親ヅル摘芯

【6月8日】

千成の株は全て成長が早いので
4株全て親ヅルの摘芯を行いました。
21060810.jpg

この千成を含め今年は子ヅル1本だけで
栽培をしてみようと思います。
棚上をゆったり使いたいのと今年からは
収穫数を減らすのが目的です。

初の試みなのでうまく行くかどうかは分かりません。
今年も子ヅルを見失わないようにマーキングします。

雌花が咲きました。

【6月7日】

発見した雌花が夜に咲きました。
他の株に雄花が咲いていたので
人工授粉しました。

とても形は悪いのですが今年初めての
雌花なので育ててみることにしました。
21060702.jpg

孫ヅルにできる雌花は良い形であれば
良いのだけれど。

雌花ができてた。

【6月7日】

鉢の千成の親ヅルの地際に咲きそうな
雌花が出来ていました。
21060701.jpg

てっきり雄花だと思っていたら
良く見ると雌花のようです。
良形ではありません。

運良く私に気付かれずにここまで成長したので
もぎ取らずに開花させてみることにしました。

プロフィール

たぁさん

  • Author:たぁさん
  • 正しいひょうたんの作り方や加工方法なんて全く知りません。でも何とかやってます。最初の年は何故かヘチマが出来ました。ちゃんとひょうたんのタグの付いた苗を買ったのに・・・
    このブログはリンクフリーです。記事や画像の転載などもどうぞご自由に。

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。