現在の閲覧者数:
競技:ひょうたんおしくらまんじゅう   種販売店   ひょうたん販売店   Life is a Carousel  
   
06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

畑を耕しました。

【12月27日】

今年もほぼ終わり。
ひょうたん作業も一段落し年末年始はのんびり
過ごそうと思っています。

せっかく耕耘機があるので荒れた状態になっていた
畑を耕して冬を越すことにしました。
niwa.jpg
機械のパワーはすごいです。
リョービの一番小さなエンジン耕耘機ですが
ゆっくり作業してもこの範囲なら1時間程度で
地中30センチほどは綺麗に耕すことが出来ます。
もう二度と地獄のスコップ作業には戻れません。

耕したところは周囲よりも一段高くなりますから
空気を含んでフンワリした状態になっています。
踏み固まったまま冬を越すより土に良い気がします。

来春は建物が建って日照問題が発生しそうで恐いですが
ひょうたん栽培のシーズンに影響が少ないように
祈るばかりです。

来年も良いひょうたんが出来ますように。
スポンサーサイト

大瓢エースが乾いた!

【12月7日】

ついに12月に入りました。
今年も残り少なくなり来年の予定も立てねばなりません。
収容場所が本当になくなったので今年よりも
更なる縮小方向で行きたいと考えています。

それからせっかくひょうたん栽培用に購入した土地ですが
畑の隣に残念なことに現在誰かの家が建築中。
まさかこんな所に建てる人がいるとは・・・。
自分もこの畑を見ていたくて隣に家を建てて
引っ越してきたので何と畑が建物にはさまれる形に。
こんなド田舎に他に住む人はいないだろうと
思いっきり不便なところに引っ越したのになあ。
しかも空き地ばっかりなのに何で我が家に
くっつけて建てるんだよ、信じられない!

来年実際の日当たりを見てみないと何とも言えませんので
今は影響の少ないことを祈るばかりです。

さてさて、話は変わりベランダに干していた大瓢ですが
ほったらかしていた間に完全に乾いていました。
さすがに軽くなりました。
23120701.jpg

水に浸さないで腐らせたのでかなり表面が汚くなって
しまいました。
ひょうたんが大きいと水漬けに大きな容器が必要です。
しかも風呂桶くらい大きな容器でないとこれくらいの
サイズのものより大きくなると入りません。
普通の家じゃ容器置くスペースが確保できません・・・。
どうしたらいいのかな?
まあ、そんな大きなひょうたんは出来ないから
不要な心配かな?

種採用のミニ

【11月29日】

以前、手持ちのミニの種を全滅させてしまい
再度質のよい種を入手するのに苦労した経験から
今年は形の良い大きいサイズは種採取用に
水に漬けず乾燥してあります。

物置で乾燥させていたためか周りには
カビが生えてきてしまいました。
中までカビちゃったのかな?またやっちゃったかな。
23112901.jpg

乾燥して中の水分がなくなったので
信じられないくらい軽いです。
23112902.jpg
振っても種の音はしません。
ちゃんと種入ってるかな?
来年の種まきまで割らずに楽しみにしていよう。

十成乾燥完了!

【11月23日】

このところ頻繁に雨が降り乾燥中のひょうたんは
乾いたり濡れたりの繰り返しでカビが生えるのでは
ないかと心配になっていたところでした。

数日晴れてやっと乾燥できたので急いで取り込みました。
23112401.jpg
かなり数を少なく栽培しましたが部屋に持ち込むと
これだけでも相当な体積があるのに気付かされます。
どうみてもこんなに収容できる場所が無い・・・。
とりあえずこのままひょうたんを置きドアを閉めて
他の部屋へ。しばらく忘れることにしよう。

大瓢エースはまだ乾きません。
理由は分かりませんが黒いシミが多くなりました。
これも味わいのうちでしょうか。
23112402.jpg
今日からは屋根つきのベランダに場所を変更し
引き続き乾燥を行います。
まだ湿気を含んでかなり重量があります。
11月中に乾燥作業を終えられそうにありません。

ミニが乾燥しました!

【11月17日】

ミニが乾燥できました。
かなり臭いは薄まったけどまだ臭いみたい・・・。
でもまあ、我慢しましょう。

ミニの中でも小さいものを集めて記念撮影。
何と手のひらには12個もひょうたんがのっています。
どれも形の良い完熟品。大満足です。
23111701.jpg
これらは全て身長35ミリ~45ミリの範囲です。
長い間、極小を目指していたので念願達成で夢のようです。

臭い抜き完了!

【11月12日】

水に漬けて臭いを抜いていた十成などが何度か水を
替えながらの作業でやっと臭いが無くなりました。

未熟で壊れたものもあるので今年の収穫は
ミニを除けば最終的にこれだけです。
23111201.jpg
やはり十成は形が良いですね。
来年も1株は育てようと思います。

中身を出さずに乾燥中のミニは天気に恵まれず
まだ乾いていません。
たったこれだけのミニの臭いで家周辺が臭~いです。
ひょうたんの臭いは本当に強烈です。
23111202.jpg

乾燥中のこれらのひょうたんが乾燥できたら
今年の作業は完全に終了となります。

ミニを天日干し

【11月3日】

このところ気温が低くなったので水漬けひょうたんの
腐敗の進行が遅かったのですが、やっとのことで
最初に水に漬けたミニの外皮がむける程度になりました。

スポンジでゴシゴシ丁寧に1個1個皮をむきました。

中身は出ていないので臭いです!
23110301.jpg
今は振ると中からチャプチャプ音がします。
天日干しでカラカラになるまで乾燥します。
乾燥すると多分臭くないはず。

種出し後臭い抜きしていた十成は水を替えました。
今回で臭いが無くなれば乾燥に入れるかもしれません。
23110302.jpg
昨年収穫後、水に漬けておいたままになっていた
千成も少量発見されて合流ししばらく入浴となります。

今日の作業はゆっくり行って3時間程度。
楽しく終えることが出来ました。

今年の収穫完了!

【10月22日】

寒くなってきました。
朝露でクモの巣がキラキラ輝いていました。
冬が近くなったことを感じます。
23102202.jpg

棚のミニひょうたんはそのままぶら下げてありましたが
ツルの根元が腐ってポロポロ地面に落下するように
なってきてしまいました。
予定を変更して全部収穫し水に漬けることにしました。
23102201.jpg
ミニに関しては後半は全く選定をしていないため
大きさや形が様々です。とりあえず全部水に入れます。

以前は一つずつ口に穴開けして水に漬けましたが
結局種は取り出すことが出来なかったので
今回は外皮をむく目的だけで穴開けせず水に入れました。
外皮をむいたらそのまま乾燥して完成とします。

これで今年の作業は一段落。
あとは気が向いたときにゆっくり作業していきます。

今年は生らせる数をかなり絞りました。
作業量的にはこれくらいが無理なく丁度いい感じです。

ミニを水漬け

【10月6日】

バケツに沈める鉢一つに入る分だけミニを収穫しました。
小さいのがたくさんあって嬉しい限りです。
23100601.jpg

鉢を逆さにして重石を載せて水を張ります。
少し草や土も入れて汚い水にしました。
雑菌が繁殖して早く腐る気がします。
23100602.jpg

フタを載せて日当たりの良い場所に放置します。
10日間くらいで外皮がむけるのではないでしょうか。
23100603.jpg

ちなみに今回は穴あけをしていません。
どうせ小さな穴からは種が出せないので
外皮がむけたらそのまま乾燥させようと思います。
何かに加工したくなったときに
随時穴を開けたりしようと思っています。

今年のミニの集大成!

【10月5日】

今年出来た小さなひょうたんだけ収穫してみました。
どれも30ミリ台のミニひょうたんです。
左の茶色いものだけは上の膨らみだけ未熟で
少ししぼんで固くなったものです。
ですがまあまあの形で硬くなったし身長28ミリなので
今後の目標の目安にするため捨てずに取っておきました。
その他は全てカチカチの完熟ひょうたんです。
23100501.jpg

念願の40ミリ以下の美形がこんなに出来て
本当にミニに関して今年は大満足です。

これからは完熟美形30ミリ以下と言う相当難しい
目標に向かって挑戦することになります。
いつかかなう日が来るでしょうか。

プロフィール

たぁさん

  • Author:たぁさん
  • 正しいひょうたんの作り方や加工方法なんて全く知りません。でも何とかやってます。最初の年は何故かヘチマが出来ました。ちゃんとひょうたんのタグの付いた苗を買ったのに・・・
    このブログはリンクフリーです。記事や画像の転載などもどうぞご自由に。

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。