現在の閲覧者数:
競技:ひょうたんおしくらまんじゅう   種販売店   ひょうたん販売店   Life is a Carousel  
   
08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エースに荏油

【12月17日】

当初柿渋を塗ろうと思っていましたが
逆さまにして口から棒を差しひょうたんを支えると
底が抜けてしまうかも知れないので考え直しました。
乾燥して軽くなったとは言え、瓢箪が大きいので
棒の先端の面積だけで全体を保持するのは
瓢箪破壊につながる恐れがあります。
この瓢箪は生涯最大のものかも知れませんので
絶対に失うことは出来ません。

今回は荏油で根気よく時間を掛けて表面を
処理してみることにしました。
ベタベタ触ったり抱えたりしながら塗布作業を
することが出来ますし最後には綺麗に拭き取るので
作業後ひょうたんを置いて乾燥できるなど
柿渋の塗布に比べるとかなり作業し易くなります。
26121701.jpg

などと上記のように推測してやってみましたが
実際やってみると大きすぎて抱えるが一苦労。
自分の腹回りよりも遙かに太いひょうたんを
抱えて油をすり込むのはかなり疲れる作業でした。
横に床に置いて作業してもグラグラするし
支える腕一本、すり込む腕一本では足りません。
あと2本くらい腕があれば楽なのに。
おお、そうだ!
今度は足も使って支えれば良いのかも。

ひょうたんとの大格闘。
とても人に見せられる作業風景ではないでしょうね。
スポンサーサイト

種を保存

【12月8日】

物置で乾燥してあった今年採取の種。
明日香美人・中国の千成・大瓢エース。
カラカラに乾燥仕上がりました。
乾燥剤を入れてサプリの空き瓶に入れました。
これを冷蔵庫の野菜室で保管します。
26120801.jpg

基本的に自分で採取した種では形の良い
ひょうたんが出来ることが少なかったので
毎年その都度調達するようにしていますが
非常時に備えて保管したいと思います。

野菜室には採取した色々な種が眠っています。

乾燥出来た!!

【12月1日】

何とかカビずに乾燥してくれました!
色もそんなに黒くなくて良かった。
お尻の形が良くちゃんと自立出来ます。
26120101.jpg

1.5リットルのペットボトルと並べてみました。
大きいなあ。
今は自由に扱えるので正確に計測してみました。
胴回りは133センチでしたが身長は82センチでした。
思ってたより背が高かった!
26120102.jpg

次は大きな栓を作らなきゃ。
丁度写ってるペットボトルくらいの木が必要だ。
あるかなあ。

あ、その前に塗装かな。
大きいから大変そうだな。

千成の乾燥

【11月4日】

よーし!今日も明日も晴れだ!
と言うことで日曜日に千成を干しました。

少し臭いけど干しちゃえばきっと大丈夫!
水替えたら風邪ひいちゃう気がする。

ササッと2時間弱で棒にさして完了。
26110201.jpg

これで今年の作業は大体終了。
曲がった千成と昨年のミニは水に漬けたまま。
そのことは忘れよう。

あとは今年の主役のエース1個だけだ。

ホッとした。

【11月1日】

昨日の時点で明日香美人は乾燥完了。
真っ黒だったあの姿は不思議なことに
日が経つにつれて黒が薄くなった。

今ではご覧の通り黒っぽいけど失敗作と
言うほどの出来の悪さではなくなった。
ラッキー!!
26103101.jpg
カラカラに乾燥したことであの強烈なドブ臭も
今は全く感じられない。
穴に鼻を当てクンクンしても全然大丈夫。
いやー、本当に良かった。
これで家に保管できる。

そして本当に何とか完成させたいエースはと言うと
まだまだ濡れていて周囲にはドブ臭がプンプン。
乾燥し上がるまではかなり長い時間が掛かりそう。
26103102.jpg

でも、(画像で分かるかなあ。)
乾燥して白いスポットも現れ始めたのだ!
ゆっくりだが確実に水分は蒸発しているのですなあ。
26103103.jpg
現段階で70%位は無事に残せるところに
達したでしょうか。
大きな瓢箪が完成までにダメになってしまうのは
手を滑らせたりぶつけてしまったりと
経験的に自分のうっかりミスによるものなので
今回は水漬け時から出来るだけ触りすぎないよう
とても気をつけています。
早く乾燥して固くなって欲しい!

乾燥も最終段階に入りこれからとても怖いのは
各部の乾燥スピードの違いで生ずる割れです。
殻の分厚いひょうたんは穴から中を見ると
真っ暗ですがこのエースはほんのり明るいので
殻が充分に厚くなく加わる力に弱いと思うのです。

エースよ!もう少しだ。頑張ってくれ!!

臭すぎるー!!!

【10月26日】

ドラム缶に漬けていたひょうたんどうなったかな?

うまく臭いが抜けていると期待して蓋を取りました。
が、「うわぁー、最悪!!!」

水が墨汁みたいに真っ黒!
そしてドブ川の臭い!
なんで???
26102601.jpg

明日香美人を引っ張り出してみると
「やっぱり真っ黒・・・。」
まるで黒いスプレー塗装したみたいになってる。
そしてすごくドブ臭い。
26102602.jpg

こりゃーやっちゃいました。
26102603.jpg

そして覚悟して大瓢エースを取り出してみると、
「あれっ?そんなに黒くないぞ!」
・・・臭いは半端ないドブ臭だけど。
んー、なんだろうな、良く分からない。
26102604.jpg

本当にこれ、重くて何も出来ません。
逆さにして残ってるカスを出したいけど
一人ではどうしても作業できません。
やっとのことでここにぶら下げました。
カビ模様が出ちゃうかも知れないけれど
このまま乾燥するしかありません。
臭いも塗装して栓しちゃえば何とか内部に
封じ込められるんじゃ無いかな。
26102605.jpg
とにかくドラム缶での臭い抜きは失敗しました。
早く臭いを抜きたくて塩素を入れたので
鉄と反応しちゃったのかも知れません。
私には詳しいことは分かりませんが以後は
体験に基づき鉄の器で水漬けはダメってことで。

あー、それにしてもひょうたんが大きいと
作業がこんなに大変だとは夢にも思わなかった。
高さ60センチくらいの瓢箪しか知らなかったので
次元の違う世界に戸惑うばかりです。

作業が終わった夕方、ふと畑に目をやると
地面からはひょうたんがたくさん発芽していました。
この時期は春先の気候に似ているんでしょうか。
枯れちゃうのが勿体ない感じがします。
26102606.jpg

同日、千成の水交換作業も行いたかったのですが
パワー不足のためエースの作業だけで
スタミナが切れてグッタリしてしまいました。
今回の作業で既に咳が出始めちゃった。
千成は来年にしようか悩むところです。

臭い抜き開始

【10月7日】

先週末に大瓢の種出しを行いました。

中の水を全部出しても塗れた巨大瓢箪は重い!
一人で吊り下げられず妻に手伝ってもらいました。

ネットに入れて逆さにしての中身出し、
下ろしてからの皮剥きなどを行いましたが
あまりに大変な作業で画像を撮るのを
すっかり忘れてしまいました。

最後にドラム缶で臭い抜きするところだけ
撮影しました。
ドラム缶の上部ギリギリで何とか入りました。
ついでに臭い明日香美人2個も入れました。
26100601_201410061624109cb.jpg

フタをしてこの日の作業は無事完了。
26100602_20141006162412b1d.jpg

この後、台風が来ましたがさすがに水満杯で
200キロあるドラム缶はびくともしませんでした。

10月後半に開けて様子を見て干してしまうか
もう一度綺麗な水を入れるか決定します。

ミニ瓢がやっと受粉。

【10月5日】

食用瓢箪と同じ7月20日に種を蒔き育てていた
プランターのミニひょうたんにやっと実が着きました。

ちょっと細長タイプ。
ひょうたんまでの茎が長いのが少し気になります。
他品種と混ざってるかな?
26100601.jpg
最近寒くなってきたから完熟まで株が元気に
生きているか心配です。

なぜなら他の2つのプランターのミニひょうは
既に体調を崩し間もなく御臨終の様子。
実を結ぶことなくバイバイです。
26100602.jpg

ふーむ、雑草までが枯れてきましたから
いよいよ秋本番なのですなあ。

もう弱ってきたかな?

【10月4日】

7月20日に種を蒔いた食用瓢箪。
幾つか収穫して満足出来ました。

欲を言えば甘くて食感の良い出来はじめの
殻の軟らかい種を食べたいんだけれど
うまく収穫のタイミングがつかめません。
26100401.jpg

そしていよいよ10月に入り秋めいてきました。
このところさすがに気候が合わないようで
元気が無く生命力がしぼんできた感じです。
26100402.jpg

今ひとつ私には料理のアレンジ能力が無いので
これは面白いという一品が出来ません。
紹介するほどのものが出来ないのが残念。

明日香美人が乾燥する

【10月2日】

水に漬けず腐らせていた明日香美人が中身出し、
外皮むきを終えて乾燥も完了しました。
少し殻が薄い感じで良い出来ではありませんでした。
26100201.jpg

水に浸かっていたものとは違い全体的にシミ多し。
ただ、私は自然についたシミは味わいに感じるので
大変気に入っています。
26100202.jpg

久しぶりに臭い抜きしない乾燥を行いました。
二階の部屋に一晩置いていたらドアを閉めて
いたのに階段の途中まで腐れ瓢箪臭が
充満していました。強烈です。
すぐに物置に移動しました。

これはマズイです。
大瓢エースも同様に仕上げるつもりだったので
臭い抜きの行程を省くと家に置いておけない。
ドラム缶を使って臭い抜きするか思案中です。

プロフィール

たぁさん

  • Author:たぁさん
  • 正しいひょうたんの作り方や加工方法なんて全く知りません。でも何とかやってます。最初の年は何故かヘチマが出来ました。ちゃんとひょうたんのタグの付いた苗を買ったのに・・・
    このブログはリンクフリーです。記事や画像の転載などもどうぞご自由に。

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。