現在の閲覧者数:
競技:ひょうたんおしくらまんじゅう   種販売店   ひょうたん販売店   Life is a Carousel  
   
08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水筒使ってます。

【9月13日】

完成したひょうたん水筒の手頃な大きさの1つは
水を入れて冷蔵庫で冷やし風呂上がりに毎日飲む
冷水用として使用しています。
確か600cc以上入るので1回では飲みきれません。
26091301.jpg
勿論今は塗料の臭いや味がすることは一切無く
完璧な水筒として機能しています。

浄水器で濾過した水を入れているので
本当に無味無臭な訳ですが、
黒檀の栓も手作り、種から育てて収穫し
自分で仕上げたこの水筒で飲む冷水の味は
格別な気がします。

ひとつだけ欲を言うならば本当は日本酒が
似合うに間違いないけれど飲めないからなー。
それだけが残念。
今までの人生で無理して飲んだ日本酒は
多分コップ3杯くらい。
もう無理に飲まされる年令や立場では無いので
一生日本酒を飲むことは無いんだろうな。
スポンサーサイト

ひょうたん水筒完成!

【8月20日】

以前津田沼のユザワヤで組紐が見つからず
買うことが出来なかったので水筒の紐を
どこで買うか悩んでいました。

近くのホームセンターで使えそうなロープの切売が
あったので買って試してみることにしました。

ひょうたんに付けてみると割と良い感じ。
栓の穴経や太さを手直しして仕上げました。
26082002.jpg

百成水筒の完成図。
手頃サイズで黒檀の栓もマッチしています。
机において是非普段使ってみたいと思います。
26082003.jpg

こちらは十成水筒の完成図。
少し紐が短かったかな。
いつでも手直しできるので今回はこれでOK。
チークの栓も似合っています。
26082004.jpg
2リットルくらいの大きな水筒なので実際に
使うことがあるかは分かりません。
クローゼットに保管しておきます。

切売のロープは柄や色の選択肢は少ないものの
太さや硬さ、材質が色々あるし値段が安かった。
これからは組紐じゃ無くてこっちを使うことになりそう。
26082001.jpg
(両方とも1メートルあたり数十円です。)

さて、長かった水筒作りもこれで一段落。
あとはストロン仕上げのひょうたん達をどうするか。
今は水分が蒸発して気泡みたいな痕が残りましたが
ボツボツは消えて無くなりました。
気が向いたら仕上げようか。
それはまた次の機会に。

無味無臭になった!

【8月17日】

水を入れ換えていたひょうたん水筒は
荏油仕上げのものはうまく脱臭出来ました。
まる1日経っても感じる味・臭いはありません。
もう実用出来るレベルです。
26081601.jpg

さすがに上の十成では大きいので黒檀で作った
栓の太さを直して百成を使ってみようと思います。
今は千成用の栓を使っています。
26081602.jpg

完全乾燥の前に水分を含んで失敗してしまった
中国はかまわず水を入れ続けたことで
もっとひどくブツブツになりました。
作業としてはここで中断し物置に
放り込んでおこうと思います。
26081603.jpg
千成はブツブツが出ていないので念のため水を出し
もうしばらく乾燥させることにしました。

あれ?なんで??

【8月14日】

作業中のひょうたん水筒。
何度目かの水の入替作業をしました。
ふーむ、分かりません。

黒檀の栓以外は栓が閉まるようになりました。
26081401.jpg

ピタッと。
26081402.jpg

黒檀以外は全部。
26081403.jpg

何なんだ?
世の中分からないことばかりです。

乾いてなかったか!!!

【8月12日】

先日水を入れた水筒を置くところが無かったので
段ボールに入れて置いておきました。

今日見たらストロンの表面が・・・。
ボツボツになってるー!!!
26081201.jpg

湿気吸っちゃったかなー。
厚塗りだったから完全に乾いてなかったんだ。
やっちゃったよ。
26081202.jpg

こっちは何ともない。
26081203.jpg

こっちも大丈夫。
26081204.jpg

うーん、もうヤケだ!
このまま続けてやる!
ボツボツになるならなったら良い!!
それも味だと受け入れてやる!

お湯を入れました。

【8月10日】

うーん、もう我慢できません。
まだ厚塗りのストロンが心配ですが
乾燥して塗膜は固くなったので
干していたひょうたん水筒にお湯を入れました。

柿渋ストロン仕上げ、荏油仕上げとも
水漏れは勿論ありません。
味は少し塗料臭がします。
時間をおいて何度かお湯を入れ換えてと・・・。
260810004.jpg

栓をして数日ごとに水を入れ換えよう。
栓を・・・。
ん?
26081001.jpg

おやおや?
これは何故!
栓が入らなくなった!
26081002.jpg

あれー?
どれも最後の数ミリが入りません。
無理に押し込んで口が割れたことがあるので
これ以上怖くて押し込めません。
26081003.jpg
うーん、ひょうたんが膨張したのか?
でも防水されてるのに。
それとも栓が水を吸って膨らんだか?
実用するにはゆるめに作らなきゃいけないのかな。
そう言えば以前の水筒は円錐型の栓だったので
こう言う問題は生じなかったんだ。
栓作りのスキルが上がって逆に問題が生じたか。
何事もなかなか簡単にはいきませんなぁ。

よっしゃストロン処理完成。

【8月7日】

5回の塗装が完了しています。
やはり暑い日はとても塗りにくく
最後の塗装はかなり厚目になったので
今は長めに最終乾燥中です。

やっぱりすごいな、このツヤ。
ストロンは何度使っても仕上がりに驚く。
とっても綺麗。
26080401.jpg

これで内部も表面も防水出来たので
乾燥を終えたら水を入れて使ってみます。
26080402.jpg
どんな感じだろう。楽しみです。

あとは紐を調達して栓を付ければ完成だな。

上塗りに上塗り。

【8月3日】

3回目のストロン塗りの時の画像です。
かなり保護膜が出来てきました。
最近は温度が高くて塗るとすぐに塗料の粘度が
上がり暑い日はかなり塗りにくい感じがします。
早く筆を動かすと筆跡が残り仕上げが汚くなります。
シンナー量を増やしながらだましだまし作業しました。
26080301.jpg
確か私の使っているシンナーは速乾タイプです。
お店では夏用のゆっくり乾くシンナーが
ストロン用に用意されているのでこの季節は
そっちの方が良いかも知れません。

ふぅー、あと2回。もう少しで完成だ。
作業開始からもう半年以上経っていますね。

ひょうたん水筒外部仕上げ

【7月31日】

柿渋の塗装乾燥が終わり先週後半に
ストロンによる外部保護を開始しました。

最近の私のクリア仕上げの鉄則。
作業前に湿度を確認します。
40%だ。ウム!問題なし!
26073101.jpg

泡立たないようにストロンを調合。
これくらいの量で今回のひょうたんなら
3回以上は塗れるはず。
26073102.jpg

7月25日に第1回目を塗りました。
あまり厚塗りせず作業を終えました。
26073103.jpg
1日おいて塗り重ねます。
5回ほど塗る予定です。

丁度良い。

【7月18日】

重ね塗りしていたひょうたん水筒の外部仕上げは
荏油と柿渋ともに良い感じになりました。

柿渋は仕上げ用を買って塗るつもりでしたが
ストロンを塗るし今の色が丁度良いので
このまま仕上げることにしました。
26071801.jpg

荏油仕上げは外で充分乾燥させて完成に。
柿渋は外で乾燥させてからストロンを
3重くらいに塗って完成です。

栓を付ける紐を調達しなければいけません。

プロフィール

たぁさん

  • Author:たぁさん
  • 正しいひょうたんの作り方や加工方法なんて全く知りません。でも何とかやってます。最初の年は何故かヘチマが出来ました。ちゃんとひょうたんのタグの付いた苗を買ったのに・・・
    このブログはリンクフリーです。記事や画像の転載などもどうぞご自由に。

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。