現在の閲覧者数:
競技:ひょうたんおしくらまんじゅう   種販売店   ひょうたん販売店   Life is a Carousel  
   
06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野ざらしの刑に処す!

【2月23日】

荏油仕上げのひょうたんをから拭きしました。

油の塗布は前回を最後に乾燥していましたが
最後の拭き取りが甘かったのか、それとも
内部から表面に油がしみ出てきたのか
少し表面にベタ付きが出てしまいました。
乾燥しかけの樹液のような感じです。

から拭きしましたがとれないようなので
このまま乾燥してサラサラになるのを
期待したいと思います。

相変わらずツヤは良いです。
26022301.jpg

油の塗布で劇的に色が変わって良くなった物は
長時間野ざらしにして肌の荒れた外見の悪い
乾燥してガサガサになったひょうたんでした。

もっとガサガサのひょうたんを作って荏油で
綺麗に仕上げてみたいので幾つかの素瓢箪を
野ざらしにしてみます。
26022302.jpg

1年間ほど放置したら豪雨や強風、太陽光線や
温度変化などでかなり変身するのでは
ないでしょうか。
26022303.jpg

風でどこかに飛んで無くなっていたら
ショックですけど多分大丈夫でしょう。
スポンサーサイト

重ね塗り終了。

【2月16日】

荏油はこれで6回目の塗りでしょうか。

どれくらい続ければ良いのか良く分かりません。
油の吸収が悪いものは艶は出ますが
色に変化は無さそうです。

今後続けても大きな進展はなさそうなので
重ね塗りの作業はこれで終わりにしたいと思います。
260216001.jpg
殻の内部に油が貯まっていると思われます。
結構長い時間の乾燥が必要かも知れません。

4月中旬にこの場所にトマトを植えるまで
このままここに放置して乾燥したいと思います。

ひょうたん水筒も何個かはこの仕上げに
しようと考えています。

また雪が!

【2月11日】

また雪が降ってしまったー!
でも滅多に降らないので正直少し嬉しい。
思わず雪だるまを作ってしまいました。
26021101.jpg

銀世界にいるのが楽しいので七輪で暖を取りながら
ゆっくりと荏油を重ね塗りしました。

このところ油を吸わなくなったので
ほんの少しの荏油で全面に行き渡ります。
とっても油の伸びが良いです。
26021102.jpg

表面がテッカテカです。
26021106.jpg

明日香美人も良い感じです。
何かカマキリのお腹に似ていますね。
26021103.jpg

全部塗り終えて楽しい作業が終了。
また今週末に塗ろう。
26021104.jpg

ところで今年の種を注文しようとしたら
まだ明日香美人が取り扱い中止のままだ!
26021105.jpg
んー、種保存しておけば良かった!!

上塗りしました。

【2月8日】

今日は朝から雪です。
でも予想よりは寒くなかったので屋外に置いてある
荏油ひょうたんに上塗りをしてみました。

今日で4回目の塗りです。
260208001.jpg

色は変わっていませんが油を吸わなくなったものが
数個あり艶が出てきた気がします。
260208002.jpg

油を塗っているので当たり前なのですが横風で
雪が掛かってもしっかりはじいています。

また来週末塗ります。

3回目塗布

【2月3日】

先週後半にも一度塗布を行いました。
昨日で荏油3回目の塗布となりました。

1回目の塗布で劇的に殻の色が変化したものが
数個ありましたがその後の塗布では見た目に
大きな変化はないようです。
また、1回目で色が変わらなかったものは
相変わらず塗布前と色的には大差ない気がします。
26020301.jpg

ただ、どのひょうたんも塗布後、殻表面の荏油の
内部への吸収スピードが遅くなっています。
コーティング効果が出てきたのでしょうか。

引き続き塗布作業を続け効果を観察します。

荏油を使う。

【1月26日】

ひょんなことから荏油の存在を知りその効用を
調べてみたら荏胡麻の油、即ち「荏油」が木材の
地肌を生かした仕上げにはとても良いらしい。
勿論荏胡麻の油なので身体にも影響ない優れた
つや出し素材のようだ。
油なのに乾燥するという何やら変わった性質を
持っているのだとか。

何故今まで知らなかったのだろう?

試したくて我慢できない!
数日我慢していたが結局買ってしまった。

500ccで2500円前後とかなりの高級品。
26012601.jpg

こんな缶に入っている。
この小さな缶にどれだけのポテンシャルを
秘めているのだろう。
26012602.jpg

うーむ、魅力的な文言が並ぶ。
ひょうたん水筒の外部仕上げに使えるかも知れない。
水筒は柿渋とストロンで仕上げるつもりだったが
自然な仕上がりも良いかも知れないと
丁度思っていたところだ。
26012603.jpg

早速手持ちの栓やひょうたんで試してみた。
まずはずいぶん前に木工旋盤で白木で作った栓。
260126004.jpg

荏油を塗ると飴色になり古びた良い感じになる。
以前使ったオイルフィニッシュほど大げさで無い
自然な感じに仕上がるようだ。
乾燥したら色が薄くなるのだろうが塗り重ねることで
深みとツヤを増していくのではないだろうか。
ほんの少しの油で布で塗り終えることが出来た。
とにかく伸びが良かった。
余計な油は乾いた布で拭き取って完了。
260126005.jpg

次は以前長期間雨ざらしにして自然な模様を付けた
素ひょうたん。
26012606.jpg

これは困ったことにスポンジのように油を吸収した。
吸収してしまって油が全然伸びないのでかなりの
量の油を消費してしまった。
色が変わったのはどちらかというと油でひょうたんが
濡れているから。
とても良い色だがこれで安定するのかは分からない。
うまく乾燥も出来るかどうか・・・。
26012607.jpg

今回荏油で仕上げたものはこの通り。
同じ素ひょうたんでも油をすごく吸うものと
ほとんど吸わないものがあって色も様々。
一応全部サンドペーパーで表面処理を行ってから
作業した方が良かったのかも知れない。
26012609.jpg

これらの栓やひょうたんは週末ごとに何回か
オイルを塗って変化を観察していきたいと思う。

プロフィール

たぁさん

  • Author:たぁさん
  • 正しいひょうたんの作り方や加工方法なんて全く知りません。でも何とかやってます。最初の年は何故かヘチマが出来ました。ちゃんとひょうたんのタグの付いた苗を買ったのに・・・
    このブログはリンクフリーです。記事や画像の転載などもどうぞご自由に。

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。