現在の閲覧者数:
競技:ひょうたんおしくらまんじゅう   種販売店   ひょうたん販売店   Life is a Carousel  
   
06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

来年の接木方法決定!

【5月21日】

苗が大きくなりポットの中で育てるには
窮屈になってきました。
そろそろ観察を終了しようかと思います。

試験苗を廃棄する前に最後に良く観察しました。
何とか両者の生長の違いを見つけたい。
来年の本番接木方法を決定するためです。

育苗箱にバラバラに散らして観察している間は
気付かなかったのですが右の列に刺し接ぎ、
左に片葉切断接木を並べて「アレッ?」と
思うことが。

本当に微妙な違いですが穂木が全体的に
右の列の方が少し大きい気がしませんか?
わずかですけど・・・。
26052105.jpg

接合部は刺し接ぎはこんな感じで
接触面積は少なそうです。
26052101.jpg

その割には台木の上にドンと腰を据えて
生長の安定感はバッチリです。
26052103.jpg

片葉切断は接合部が目に見えて接触面積が
広いので安心感は大きいのですが片葉を
切り取ったことで少しパワーが落ちたのでしょうか。
26052102.jpg

そして更に観察を続け来年の接木方法を
決める上で決定的な違いに気付きました。
台木の太さが違います!
26052104.jpg
右が刺し接ぎ、左が片葉切断。
多少右の苗が手前に来たのか太く写りすぎましたが
全部のカボチャとひょうたんの接木、ひょうたんと
ひょうたんの接木で比較しましたが刺し接ぎの方が
台木が傾向として太くなっています。

刺し接ぎ 7.00 6.63 5.98 5.10 平均6.18mm
片葉切断接ぎ 6.64 5.73 5.69 4.56 平均5.66mm

同じ条件の苗で同じ日に接木し同じ環境で
育ててきました。全体で同様の違いが
起きているのはたまたまの偶然ではありません。

私の個人的な結論として少し初期の生長が
早いと言う点で来年の本番は刺し接ぎに決定!
やっと実験の結論を出すことが出来ました。
何とか結果をまとめられて一安心。
これで接木苗作り実験4をクローズしちゃいます。

※ 私は以後の比較観察は行いません。
片葉切断も今からほんの数日経てば茎が
今の刺し接ぎ程度に太くなるのでしょうし
接着面が綺麗に広く接合していますので
長く育てれば生長が刺し接ぎ株を
追い越すのかもしれません。
無責任な自分用の実験と結論ですから
情報の利用は自己責任でお願いしますね。
スポンサーサイト

未だにつかぬ判断

【5月19日】

接木テストの苗たちはとても健康に育っています。
その後の成育で刺し接ぎと片葉切断接ぎで
全く差は感じられません。
26051801.jpg
来年どちらの接木を実施したら良いものか
最終的な決断が出来ていない状況です。
迷っちゃうなー。

ちなみにひょうたん同士の接木もたくさんの株を
一つのポットに入れているにも関わらず
今のところ全部元気に生きています。
26051802.jpg
可哀想だけれどもうすぐ処分となる予定。

順応出来たようです!

【5月14日】

下にあるのは今日の17時半の画像です。
今日は天気が良く強い日差しがありましたが
全株しおれることなく元気に夕方を迎えました。
26051401.jpg
管理装置を用いた減湿が上手くいったようです。

片葉切断接木の接合部の変化の様子を
見てみたいので今後も観察を続けますが
とりあえず一段落、今回の大成功で
今年の接木実験の区切りとしたいと思います。

ナメクジに全滅させられた最初の挑戦から
比べると我ながら進歩したなあ。

予想通りの天気!

【5月13日】

よしよし。
今日は朝から空はどんより。
小雨が降って良い感じです。
天気予報が的中しました。
26051301.jpg

昨日屋外に出した接木苗は良い感じで
小雨に濡れています。
26051302.jpg
午後から晴れ間がありそうなので
急な強い日差しに耐えられるか少し心配ですが
それを確認するための試験です。

もし今回枯れてしまったら来年本番では
同じような状況の場合には遮光シートで
しばらく日差しを和らげるなど
何らかの対策が必要となりますね。

いよいよ屋外へ

【5月12日】

この先1週間で雨予報は明日くらい。
外に出すタイミングはこの時しかない。

今日までに保湿装置を外せるように
減湿を進めてきました。
30%の湿度まで順応させました。

今朝装置を外し苗を取り出してみました。
今の段階で完全にダメになっているのは
何と1株だけです。
今朝の時点の話ですが、すごい成功率です。
26051201.jpg

刺し接ぎバッチリ、元気に育っています。
26051202.jpg

片葉切断接木も初めてでしたが調子良いです。
26051203.jpg

そして片葉切断接木の魅力は何と言っても
この接着面の広さでしょうか。
こんなに広い面積がつながっていると
見ていて安心できます。
26051204.jpg

ひょうたんとひょうたんで試した刺し接ぎも
全部生きていてバッチリです。
26051205.jpg

片葉切断接木のひょうたんとひょうたんでは
左下の1株だけ枯れてしまいましたが
多分クリップの押さえがずれていたとかが
原因で接木法の問題ではないと思います。
26051206.jpg

カボチャとの刺し接ぎ4株中4株成功。
カボチャとの片葉切断接木4株中4株成功。
ひょうたんとの刺し接ぎ7株中7株成功。
ひょうたんとの片葉切断接木7株中6株成功。
これが室内で湿度管理をやめるまでの
中間成績です。
26051207.jpg
再度箱に戻して待機します。
本当は3日程度雨が続くときに屋外に
出したいところですが今回は明日しか
雨マークがありません。
乾燥が和らぐ今日の夕方から
外に出してみることに決めました。

明日の雨も長時間じゃ無さそうだし、
かなりハードな環境変化になりそうなので
今回は枯れちゃうかもしれません。

試験や練習も含めこれで今年の苗作りは終了。
来年の本番にこの成功率を出せますように!

接木後5日目

【5月8日】

今晩の設定は湿度75%、温度20度にします。
4日目以降毎日少しずつ下げて最終的に
常温常湿にもっていきます。

へこたれた苗がほんの少しありますが
全体量が多いので問題にはなりません。
ほとんどの株は元気に保たれています。
26050801.jpg

ひょうたんとひょうたんの接木も良い感じ。
数をこなして少しは上手になってきたかも
しれません。
26050802.jpg

温度と湿度は制御装置で管理されているので
自分は毎日設定を変えてやるだけです。
フタの隙間を調整したりブクブクやヒーターの
コンセントを入れたり抜いたりして
付きっ切りで面倒を見ていたあの日が嘘のよう。

今年最後の練習!

【5月5日】

接木環境の揃った2日前、今年最後の
接木練習をしてみることにしました。

用意したカボチャ台木、新土佐の数は8個。
26050302.jpg

穂木は屋外で自然に生えているひょうたんを
ザクザク切り取ってきました。
26050301.jpg

最後の練習なので色々試してみたくて
ひょうたんとひょうたんでも
再度接木をしてみます。
自然発芽した物を根から掘り採ってきました。
26050303.jpg

ワオッ!
衝撃的、三つ葉の双葉(?)を発見!
26050304.jpg

今回行うのは今まで行ってきた刺し接ぎと
本で見た接触面積の広い断根片葉切断接木。
ひょうたんとひょうたんの接木は7個ずつ
作り植えずにポットに置いておきます。
26050305.jpg

カボチャとの接木も上記2方法を4株ずつ。
呼び接ぎはやはり性に合わないので行いません。
26050307.jpg

これらの接木を保温電球とファン、ブクブクを
先日の温湿度制御装置でコントロールして
温度と湿度を保ったり変化させたりして
屋外に出せるまで仕上げていきます。
26050308.jpg

部屋の片隅、このひょうたんコーナーで
実験は地味に進められていきます。
26050309.jpg

温度と湿度を自動で調整してくれるのは
本当にありがたいです。
成功の確率がグンと上がる気がします。

最初の3日は28度90%に保ち
4日目から徐々に下げる予定です。
今までやってきてこれくらいが丁度良いようです。
3日目午後からは光を当て始めます。

プロフィール

たぁさん

  • Author:たぁさん
  • 正しいひょうたんの作り方や加工方法なんて全く知りません。でも何とかやってます。最初の年は何故かヘチマが出来ました。ちゃんとひょうたんのタグの付いた苗を買ったのに・・・
    このブログはリンクフリーです。記事や画像の転載などもどうぞご自由に。

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。