現在の閲覧者数:
競技:ひょうたんおしくらまんじゅう   種販売店   ひょうたん販売店   Life is a Carousel  
   
08
8
13
14
15
16
17
18
19
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

終わったな?。

【8月31日】

いよいよ8月も今日で終わりです。
株もそろそろ寿命となり毎日の大きな変化も無くなりました。
少しずつ枯れてゆくのみと言ったところです。
083101.jpg

今年のひょうたん栽培シーズンもいよいよ終わりを迎えます。

少しでも外皮を固くして確実に果実を収穫したいので、
効果の程は分かりませんが勝手に決めた「熟成期」として
このまま果実を刈り取らずにしばらく放置します。
083102.jpg


毎年の経験ではかなりの数がここでシワシワになって
脱落していきます。こんな感じです↓。
083103.jpg


今の段階で指で強めに押して少し軟らかい感触のものは
経験上マズイのですが正直なところ多数見受けられます。

あ?、心配だ?。

スポンサーサイト

収穫はあせらず。

【8月30日】

予想通り8月末には大部分の株が寿命を迎えます。
083004.jpg

不思議ですがスタートが遅くても終わりは例年と同じです。

例年ならそろそろ果実の収穫をと思うところですが
やはりスタートが遅かったのでまだまだ完熟に
至っていない軟らかいものが多数見受けられます。

↓これは触るとグニャグニャです。
083002.jpg


↓これもグニャグニャ。
083003.jpg

もう株が寿命なのでこれら↑は収穫できそうにありません。


これはもう少しで収穫出来そうな固さ。株もまだ頑張れそう。
083001.jpg


大丈夫と思って収穫しても水づけで壊れることがあります。
じっくり待って収穫は完全に株が枯れてから、
時期的には9月中旬から後半に行おうと思っています。

テントウムシ観察日記?

【8月29日】

昨日テントウムシの成虫と幼虫が多すぎるので、
ネットで見た酢と洗剤と水の溶液に自分なりのアレンジで
木酢液を加えて全体に散布してみました。

効果は多少あったのかな?という感じで今日はまだ成虫と
幼虫がいるものの数的には昨日よりずっと減っていました。

ところでテントウムシの幼虫はお尻を葉に固定して、
だんだん短く丸くなって成虫になるようです。

082901.jpg


082902.jpg


考えてみればこんなにテントウムシが発生したのは初めてです。
1匹2匹だとカワイイけれど・・・。

雌雄同体?

【8月28日】

先日おかしな花を見つけました。
最初は雌花かと思ったのですが、そうでもないような・・・。
雄花と言い切るには少し違うような・・・。

環境や栄養の関係などでこうなってしまったのかな?
082601.jpg


大部分の株は葉も枯れてきて果実の成熟を待つところです。
でも、まだ雌花を咲かせようと頑張る株もあります。
082804.jpg


ところで気持ち悪い幼虫の正体が分かりました。
この幼虫です。↓
082801.jpg


どうやらテントウムシの幼虫のようです。
成虫が大繁殖し至る所で交尾の真っ最中でした。
082802.jpg


このように幼虫もガンガン増えていきます。
082803.jpg


いい加減にしてくれ?。

第2栽培所完熟期に入る!

【8月27日】

第2栽培所の株の勢いがすっかり無くなりました。
雌花も全く咲かなくなりました。
082603.jpg


最初は全くダメだと思っていたこの栽培所の株から
今までたくさんの雌花が咲きました。
残念ながら虫に喰われてしまったものを除いても、
全部で5個程度は収穫出来そうです。

↓このような袋の膨らみが期待させてくれます!
082602.jpg



ついでのアロエも元気一杯です!
082604.jpg


増えた子株もこんなに大きくなりました!
082605.jpg


台風は過ぎ去り・・・。

【8月26日】

雨は昨晩から今朝まで非常に強く降っていました。
一番心配だった風は朝方少し吹いただけのようでしたが、
それでも多少の被害は出てしまいました。

屋根上まであったインドネシアンひょうたんのツルは、
すべて落ちてしまいました。
082651.jpg


屋根のツルには2個の果実がなっていましたが、
先日留守をした際に落下して紐でつり上げていましたので
これらは再度落下することはありませんでした。
逆に落ちてきたツルがこの紐に助けられた形です。
082653.jpg


ベランダ付近も風で葉がしおれてしまい、
閑散として家の外壁がかなり見えるようになりました。
082652.jpg


枝にからみついた葉もかなりしおれています。
内側にぶら下がっている果実に一見被害は無かったようです。
気付かぬところで栄養を供給する茎が
折れていなければ良いのですが。
082654.jpg


予想していたより今回は風が弱く被害は少なかったと思います。
でも台風、もう来ないで?。

台風のシーズンだ!

【8月25日】

そろそろ本格的に台風のシーズンに突入です。
風で果実がぶつかったり、こすれたり、
ツルが落ちてしまったりしないかと
本当に心配でなりません。
これからが一番大切な成熟期ですから。

とりあえず、果実が何かに接触している部分に
気休めにクッションとして「プチプチ」を敷き入れます。
082521.jpg

082522.jpg

082523.jpg


インドネシアンひょうたんのような重い果実のツルには、
荷造り紐を巻き付けてツルへの負担を軽減するように
反対側をどこかに結んで多少つり上げておきます。
(台風に関係なく果実が大きくなったら実施します。)
082303.jpg


う?ん、これくらいしかやれることはありません。
どうかこれからの台風を無事に乗り切れますように?!

害虫が大発生!

【8月24日】

先週留守にしていた間に害虫がたくさん増えてしまいました。

「↓なにかの幼虫らしき害虫」
082411.jpg


「↓アブラ虫?」
082412.jpg


その他、画像にするには気持ち悪い緑の毛虫や黄金色の
昆虫などがいます。

目を離していた短時間に全体に広がっています。
今回は、もうすぐシーズン終了なので
そのままに放っておくことにします。

常に気を使い手を掛けてあげることの大切さを実感しました。

インドネシアンひょうたん恐るべし!

【8月23日】

2階のベランダに30センチ程のインドネシアン
ひょうたんが3個成っています。
ベランダからすごく遠いところにも2個発見しました。
(写っているのは一つです。)
082301.jpg

あんなに大きなひょうたんが鉢で一株から5個も
成るなんて信じられません。
↓この鉢のこの株なんですよ!
082302.jpg

今までの経験ではアクシデントにより傷ついたり
未成熟により途中で壊れたりして実際のところ
半数くらいしか最後まで残りませんが、
それでも充分満足できるひょうたんです。


「頭でっかち」の遺伝子

【8月22日】

下の画像のひょうたんは全て同じ株の果実です。
ぜ?んぶ「頭でっかち」なんです。
とても強い遺伝子のようです。
個性があって面白いなあ。
082201.jpg

082202.jpg


2階のベランダ付近の茂みを少しめくってみると、
あららら、枯れてきてました。
082203.jpg


とても強いインドネシアンひょうたんの葉も、
少し病気になってきました。
082204.jpg


雌花も咲かなくなりましたし、
本当にそろそろ今シーズンは終わりなのかな?
何だかんだ苦労して今までで一番楽しいシーズンでした。

今成っているひょうたんがどれくらいの数完熟するかは
分かりませんが、それなりの結果は出せそうです。
収穫が楽しみになってきました!

念願の中国ひょうたんが。

【8月21日】

棚付近は寂しい状態になりましたが
2階ベランダ付近はまだ元気です!
082101.jpg


木の枝にからみついてキズつきながらですが
念願だった中国ひょうたんが育っています。
082102.jpg

082103.jpg

082104.jpg

無事に収穫できますように!

1週間の成長は。

【8月20日】

久しぶりに我が家へ戻りました。
自動給水装置の働きでひょうたん達は元気に
育っていたようです。

予想外に育ちすぎて少々トラブルも発生していました。

このインドネシアンひょうたんは大きくなりすぎて
重さを支えきれずツルごと落下してしまったようです。
082050.jpg


この果実の先につながるツルが折れてしまいました。
082002.jpg


この果実自身も割れてしまいました。
082003.jpg


一応紐で元の位置につり上げましたが両方とも
ダメになってしまいそうです。
082004.jpg


それから以前は無かった大きなツルの垂れ下がりが
できていました。地面に届きそうです。
082011.jpg


画像では分かりにくいのですが垂れ下がりの中に
幾つか大きなひょうたんがあり、重みで巻き付いている
木の枝が耐えられずに下へ曲がっているのです。
今にも折れそうです。
082012.jpg

修正を試みましたができませんでした。
折れないことを祈るばかりです。
数個の立派なひょうたんの運命がかかっています。


外泊の間にたくさんの雌花が咲いたはずですが、
数多く受粉した様子は見られません。
やはり人工授粉が必要なようです。

これからは現在ある受粉済み果実を
一つでも多く収穫できるように全力を注ぐのみです!

雌花ラッシュ再来!

【8月12日】

いやあ、びっくりです!
隣の敷地に向かって伸びていたツルを何日か前に
カットしたのですが、摘芯効果で今になって雌花が
猛スパートで咲き始めました!

↓どんどん新しく育ってきたツル達。
081201.jpg


↓ガンガン咲き始めた雌花。
081202.jpg

081203.jpg

081204.jpg

写しきれませんがもっともっとたくさん咲いていますし、
これから咲きそうなものがたくさんできています。

今更の大爆発!びっくりです。
時期的に遅いのと鉢栽培ゆえ、どれくらい成熟できるかは
分かりませんが驚きの数の雌花です。
今年の栽培方法は間違っていなかった、
それだけで本当に嬉しい?。

今日は受粉に大忙しでした。

明日からも大忙しと言いたいところですが、
しばらく受粉は虫たちに任せて私はお休みです。
大切な時期ですが都合により1週間以上留守に
しなければなりません。
その間、自動給水装置で元気に育ってくれますように!

このブログの更新もしばらくお休みします。
それでは!



これは何だろう?

【8月11日】

2階のベランダから見えない棚の裏のほうに
インドネシアンひょうたん?大ひょうたん?と、
どちらとも判別のつかない雌花を発見しました。
収穫できたことのない大ひょうたんだと嬉しいなぁ。
081101.jpg


そしてもう一つ、さっぱり種類の分からない雌花が。
なんだか変な形でとても大きな雌花だなぁ?。
081102.jpg

大長ひょうたんは今年は植えていないしな?、
一体なんだろう?

伸び伸びと育てー!

【8月10日】

現在育っている主なひょうたん達です。
頑張って育つんだぞ?!

↓これは千成かな??
081001.jpg


↓これも千成みたいだな?。
081002.jpg


↓こ、これは! 待望の中国ひょうたんかもしれません!
081003.jpg


みんな大きくなりますように!

もう秋が・・・。

【8月9日】

毎日猛暑で夏真っ盛りと言った感じですが、
我が王国には一足先に秋がやってきたようです。

↓棚を横から見た画像です。
080901.jpg

枯れて来ましたね?、本当に。
2階のベランダから見るとまだ緑が多いのですが、
下から見てみると寂しくなってきました。

少し前までは下から見上げても葉が茂っていて空が全く
見えなかったのですが今はこの通り。
080902.jpg

スカスカになってきました。

短い雌花ラッシュも終わったようです。

終盤戦に突入!

【8月7日】

棚の上にも枯れが上がってきました。
いよいよ終盤戦に突入と言ったところです。
080701.jpg

8月に入って毎日最低3個の雌花が咲いている状態ですが、
我が家の株の様子ではそろそろ時間切れで
完熟に間に合う締め切りが訪れた感じです。

今まで20個以上の雌花を受粉できたと思いますが
目に見えて大きくなってきたのはまだ数個です。
080702.jpg


上の画像と同じときに受粉できても
このように↓大きくならないものもたくさんあるのです。
080703.jpg


さあ、何個くらい大きくなるのかな?

自動給水装置の設置

【8月6日】

この猛暑の中、来週末から1週間帰省するため
ひょうたんに水やりすることができません。

以前購入したタイマーとスプリンクラーなどを使って
自動散水できるようにします。
080601.jpg

棚にスプリンクラーを下向きに設置します。
テストで水を全身に浴びながら
鉢全てに水を散水するよう何とか調整できました。

下の画像で黄色枠の中にスプリンクラーがあります。
緑の線の範囲に水がまかれます。
080602.jpg

1日に2回、8時と17時に10分間散水設定します。
人工授粉はできませんが、これで水不足で枯れることは
なくなるはず。まずはひと安心です。

頼もしい散水の画像を少々公開。
080603.jpg

080604.jpg

スプリンクラーは勢い良く回っていて、なかなか
うまく撮影できません。水も襲い掛かってきますし。
ガラス越しに高速シャッタースピードで
何とか撮影しました。

機能的には充分です。

どうやら違った。

【8月5日】

7月21日の記事で百成の雌花と紹介したものがありました。
既にあの時ツルがグチャグチャになっていて、
多分百成だろうと思って書いたのですが
違っていたようです。

上の方の雌花は心配したとおり、
栄養が届かず枯れてしまいました。
下の方は順調に育って今体長約30センチです。
080501.jpg

首が長く模様もインドネシアンひょうたんです。
今見返してみると雌花も大きく百成では無い感じです。

と言うことで唯一育っているのはインドネシアンでした。

インドネシアンひょうたんは本当に元気で
太いツルもまだまだ毎日モリモリと育っています。
080502.jpg

今年は一株しか育てなかったのに一番幅を利かせています。
家の建物からは一番遠い位置に植えてある株なのに
2階のベランダまでやってきて
今は屋根に届いてしまいました。

バケツ程度の大きさの鉢栽培だというのに
一体どこまで育つつもりなんでしょう?

第2栽培所で袋がけ

【8月4日】

きのう第2栽培所で、せっかく成ったひょうたんを害虫に
食い荒らされてしまったので今日袋がけを行いました。
080402.jpg

袋はホームセンターの園芸コーナーで「キウイ用」と
書いてあるものを買いました。
100枚入って210円でした。

千成ひょうたんに丁度良いサイズです。
080401.jpg

袋がけをすると成長が遅くなりそうで怖いのですが、
害虫に食べられてダメになるよりは安心です。

第2栽培所に新たな刺客

【8月3日】

このところ第2栽培所のひょうたんも雌花ラッシュです。
急激に株が大きく広がりました。
080301.jpg


順調に育っていた果実でしたが新たな害虫の脅威が!
080302.jpg

080303.jpg

見事に食い荒らされてしまいました。
第2栽培所は遠くにあるので夜中に車で出かけて
人工授粉をしたり手間をかけて大切に育てているのに!
憎き害虫めー!

まだこれから大きくなる果実もあるので早急に
ネットか袋をかけて守ってやらなければなりません。
080304.jpg


明日あたり時間を作って適当なものを探しに行ってきます。
守ってやるから待っててくれよ?、赤ちゃんひょうたん達!


やっぱり来たんだね?。

【8月2日】

これは間違いなく雌花の開花ラッシュです!

例年より遅れること約1ヶ月、
ずいぶんと心配させてくれました。

今日は7個の雌花が咲きました。
080201.jpg


棚上はもうクチャグチャな状態で、
どの雌花が何ひょうたんのものなのか全く分かりません。
昨年の画像が無いので比較できず残念ですが、
多分昨年よりもすいぶんと茂っているのだと思います。
080202.jpg


昨年はキチンと種類別に受粉してテープで雌しべを囲い、
翌年用にと良形ひょうたんの純粋な種を作ったのですが、
今年はそれができません。
今年の種から来年どんなひょうたんができるんでしょう?

棚上の人工授粉は2階のベランダから
高枝切バサミを使って行っています。
3メートル位雌花まで離れていても
これを使えば楽勝です。
080203.jpg

先の方に洗濯バサミを付けてここに雄花をはさみます。
なかなか便利です。

ついに来たかー!!

【8月1日】

き、き、来ましたでー!!

今日、雌花が5個咲きました。
下の画像はその一部です。
080101.jpg


実は昨日も3個雌花が咲きました!

遅ればせながら雌花ラッシュの始まりかも?

勿論咲いた雌花の全部が成熟するわけでもないし、
今シーズンは出足が遅れたので余計に収穫できる
確率は低くなると思いますが雌花が咲いてくれるだけで
本当に一安心です。

育て方が大失敗というわけでもなさそうなのが
分かっただけで最高の気分です。

いや?、今後が楽しみになってきました。

プロフィール

たぁさん

  • Author:たぁさん
  • 正しいひょうたんの作り方や加工方法なんて全く知りません。でも何とかやってます。最初の年は何故かヘチマが出来ました。ちゃんとひょうたんのタグの付いた苗を買ったのに・・・
    このブログはリンクフリーです。記事や画像の転載などもどうぞご自由に。

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。