現在の閲覧者数:
競技:ひょうたんおしくらまんじゅう   種販売店   ひょうたん販売店   Life is a Carousel  
   
05
1
2
3
4
6
7
8
9
10
12
14
17
18
19
21
24
27
28
29
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

終わりなき抗争

【5月31日】

今年のナメクジの攻撃は半端ではありません。
成長が早くなって株の背が高くなってきたので
もう多少下の葉が喰われても大丈夫と
安心していました。

が・・・。
やられました。
18053101.jpg
株の根元の幹を食いちぎられました。
この株は完全に命を絶たれました。
千成ひょうたんの株でした。

こちらの一番大きく育っている一寸豆瓢も
かなり幹をえぐられ危ない感じです。
180531020.jpg
根元が食べられえぐられているのが
お分かり頂けるでしょうか?

太くなった幹を食べられることなど
栽培をしてきて初めての経験です。


他の株も心配で見回ったら、
なんと!ダコレートをたっぶりぬったその上から
正にナメクジが幹にかぶりついていました。
ダコレートごと食べているとは・・・。
驚きで何も言えません・・・。
三分の一くらい食べられてしまいました。
18053103.jpg
これは品種た?さんです。
病気に強いこの株もナメクジにはかないません。
茶色く変色しヌルヌルと腐った感じになっています。
今年は1株しか作らなかったこの品種も
ここまでやられると多分ダメでしょう。

毎日ナメクジを除去していますが
どこからやってくるのか毎回同じくらい来ています。
少し刺激が強いので小さな画像でお見せします。
平気な方は下のサムネイルをクリックすると
大きな画像が見られます。
今日も大小合わせ100匹くらい捕まえました。
180531040.jpg

もう、本当にいい加減にして欲しいです。
スポンサーサイト

子ヅルが伸びてきました。

【5月30日】

親ヅルを摘芯してから丁度一週間が経ちました。
やっと子ヅルが伸び始めました。

赤い矢印が親ヅルを摘芯した場所です。
青い矢印が伸びてきた子ヅルです。
18053001.jpg

それにしてもこの株は一寸豆瓢なのですが、
葉も茎も本当に立派です。
ドデカイ実が成りそうな外観です。
この品種はできるだけ小さな実を収穫したいのに
本当に小さなひょうたんができるのかなぁ?

庭の全体像はこんな感じになりました。
18053002.jpg

油断大敵!

【5月26日】

ナメクジパトロールを1日サボったら
またまたやられてしまいました。

1日でこんなに食べるなんて本当に食欲旺盛です。
18052601.jpg


この這い跡は明らかにナメクジの仕業です。
18052602.jpg


18052603.jpg


毎年発生するこんな病気も出てきました。
18052604.jpg
果実には毎年ほとんど影響がないようなので
とりあえず放っておきます。

成長著しい一寸豆瓢は昨日より5センチ伸びています。
18052605.jpg
ただ、憎きナメクジが何とこの株の茎の根元を
食べてしまいました。
約1センチの長さで幅5ミリ、深さ2ミリ程度を
食べられてしまっています。大ショックです。
枯れずに育ってくれるでしょうか。
そこからの病気の発生も心配です。
気休めに濃く水で溶いた粉末ダコレートを
患部に塗布しておきました。


全滅してしまった中国・百成ひょうたん復活のため、
時期的に手遅れかもしれませんが種を植え、
ベランダで再び苗を作っています。
18052606.jpg
間に合えばいいんですがもうすぐ6月だからなぁ・・・。

調子が上がってきました!

【5月25日】

毎晩のナメクジパトロールの甲斐あって、
被害がかなり減りました。

このところの陽気もひょうたんに丁度良いようで
グングン育っている気がします。

180525001.jpg


18052502.jpg

この感じなら今年は千成がほとんどですが
何とか栽培は出来そうです。

まずは一安心です。

今年最初の親ヅル摘芯

【5月23日】

一寸豆瓢が毎日良く育ちます。
昨日よりも伸びたな?って親ヅルを触っていたら
「ポキッ!」
折ってしまいました。

考えていたよりも時期が早くなってしまいましたが
結果的に親ヅル摘芯となりました。

18052301.jpg

少しツユが出ているところが摘芯した場所です。

上から2本の子ヅルを伸ばすことにします。

花の準備は着々と。

【5月22日】

まだまだ小くて産毛に埋もれていますが
花の準備が行われています。

今年も花が咲き乱れる日がやってくるかと思うと
今から楽しみでなりません。

18052201.jpg
赤い矢印が雄花の赤ちゃんです。
分かりにくいですが緑の矢印は子ヅルです。
まだ親ヅルは摘芯しませんので子ヅルに栄養を
奪われないように早めにもぎ取ってしまいます。

一寸豆瓢!その調子だ!

【5月20日】

このところ毎晩ナメクジパトロールを何回も行い
ひょうたんの被害を軽減しました。

昨晩は雨のためパトロールを休んだら2苗やられて
しまいました。

それでも何とか生き残っていた一寸豆瓢の一株は
元気に育ってくれています。
一番小さな実を付けるはずなのに株は今のところ
栽培している中で一番大きくなっています。
背丈は約50センチになりました。
18052001.jpg


購入した千成は、まだ小さくこのような状態です。
18052002.jpg


全体としてはこのような感じで
ほとんどが千成の株になっています。
18052003.jpg


まだまだナメクジにやられてしまう大きさです。
一瞬の油断もできません。

忘れてた水筒発見。

【5月16日】

冷蔵庫の奥に見覚えのある容器を発掘しました。

中にはずいぶん前に水付けしておいた
小さなひょうたん水筒が。

すっかり忘れて時が流れてしまいました。
18051601.jpg


多分アクも抜けたことでしょう。
乾かしてコレクションに加えます。

最後の頼み。

【5月15日】

昨日、千成ひょうたんの苗を8株購入しました。
今年はこれで最後の購入とします。

これでダメなら何回購入しても結果は同じなので
来年まで待つしかありません。

本当に最後の希望です。
18051501.jpg


コーヒーがナメクジ避けとして効果があるとの
記事を読んだので通常飲む濃さの約半分に薄めたもの
1リットルに食器洗剤を定着用に小さじ1/4、
害虫よけになる噂のある食器漂白剤小さじ1/2を加え
霧吹きで定植した苗にまんべんなく散布しました。
効果があるかないかは生き残るかどうかで判断します。

食器漂白剤も極少量だし、
念のため散布の際に猫は家に取り込んだし、
これなら人畜無害だと・・・。

あとは大切に育てるだけです。

再生を試みるも・・・。

【5月13日】

ナメクジの出没しなそうな場所で種を植え、
再生を試みました。

が、せっかく生えた中国ひょうたんは・・・。
18051301.jpg
まるで弾丸で撃ち抜かれたように
喰い抜け穴を開けていきました。

今年は庭のどこに置いても結果は同じようです。
悲しい?。

ありゃー、今年はマズイぞー!!

【5月11日】

今年のナメクジの繁殖はハンパではありません。
ものすごい食欲で全てを食べ尽くしてしまいそうです。

せっかく伸びていた定植間近の中国ひょうたんが
この通り!って茎まで全く無くなっちゃいました!!
1日でただの土だけになっちゃいました。
18051102.jpg


先週購入して定植し順調に育っていた千成もこの通り。
完全に新芽を喰われてしまいました。
この株はもうダメです。
18051103.jpg
まるでナメクジにエサをあげているみたいです。

元気だった「品種た?さん」もこの状態です。
瀕死の状態です。復活は難しいと思われます。
18051104.jpg


楽しみだった一寸豆瓢もこんな感じで・・・。
18051105.jpg


気合いを入れて始めた今シーズンでしたが
予想以上のナメクジの出現で購入した千成を含め
ほぼ全滅状態になってしまいました。

今から種を蒔いても時期的に難しいですし、
既に全滅した品種の栽培はあきらめねばなりません。

今週末もう一度千成の苗を買おうと思いますが
それも育ってくれるかどうか・・・。

あ?、薬使いたい!!!
でも猫ちゃん達のため涙を飲んで我慢です!

1年にたった1回の栽培シーズンです。
せめて千成だけでも栽培したいので、
かなりくじけていますがもう少し頑張ります。


ひょうたんに関する専門掲示板

悲しくも実験終了。

【5月11日】

場所を変えて育てていましたがやっぱりナメクジに
完全に喰われてしまいました。
残っているのは土台のカボチャ双葉の残骸です。
18051101.jpg


不本意ながら実験終了です。
ナメクジ攻撃が無ければ順調に育っていた気がします。

う?ん、残念!

斬新な仕上げ

【5月5日】

今まで見たことがない斬新な色づけ、
仕上げのひょうたん加工品がありました。

あまりにも美しい仕上げなので一つ購入し
他は写真を撮らせていただきました。
千成ひょうたんの加工品のようです。

購入した場所は熊本県菊池郡七城町の道の駅、
「七城メロンドーム」です。
1個600円で売られていました。

これが購入した品物です。
18050509.jpg
写真ではうまく色合いが表現できていませんが、
実物は塗料の流れる感じや混ざり合う感じが
とても美しく芸術的な作品です。

18050510.jpg

18050511.jpg
紐の付け方も下部に穴を開けて通す感じにしてあり、
巻き付けることしか頭になかった私には驚きでした。
ビーズや鈴でさりげなく飾ってありセンス抜群です。

以下は店頭にあったものを携帯電話で撮影した画像です。
ピンボケですが色のバリエーションが豊富で
色々なパターンがあるのがお分かり頂けると思います。
18050520.jpg

18050521.jpg

18050522.jpg

18050523.jpg

18050524.jpg

18050525.jpg


塗料の種類が分かりませんし、どのように塗装すれば
こんなに奇麗に模様が描けるのかも分かりません。
ですが、自分でも是非作ってみたい作品です。
幸い手頃な千成はたくさん手元にありますので
時間を見つけて挑戦したいと思います。

ひょうたん型の飲料

【5月5日】

先日、熊本県菊池郡七城町の道の駅である
「七城メロンドーム」へ行った際、ドリンクコーナーで
変わった飲料を発見しました。

その名は「ニッキ水」。確か1本100円くらいでした。
緑のものを買いましたが赤と黄色のものもありました。

ひょうたん型の小さなカワイイ瓶が気に入りました。

18050507.jpg

18050508.jpg


未開栓なのですが瓶を傾けると強烈なシナモン臭の
液体が漏れてきます。ゴクゴク飲む勇気はありません。
売ってるほとんどの瓶が栓の取り付けがゆるい感じで、
持ち運びには注意が必要です。

最後の接木苗よ、さらば。

【5月5日】

なんとか生き残ってうまく接合した感じだった
最後の接木苗もナメクジにやられてしまいました。

18050505.jpg


茎に大きな穴をあけられてしまいました。
18050506.jpg


カボチャとひょうたんは接木できるのかを
自分で確認するためにもうまく育つことを
願っていたのですが本当に残念です。

一夜にして壊滅!

【5月5日】

昨日九州への帰省旅行から戻ってきました。
自動給水装置の効果でひょうたんはスクスクと
育っていました。昨日までは・・・。

今日見てビックリです!
一夜にしてナメクジに食い荒らされていました。
それも今まで経験したことのない壊滅状態に!

今回はただでさえ苗の数が少なかったのに
ここで大被害、大変なことになってしまいました。
18050502.jpg
これらは完全にダメになってしまいました。

茎から上が全て食べられ、まるで刈り取ったようです。
18050501.jpg


わずかに残った葉もこれでは使い物になりません。
18050503.jpg


我が家では飼い猫の関係で農薬禁止が約束です。
生き残ったものも今夜更なる攻撃に遭うことでしょう。
せめて場所を変えるために定植しました。
でも痛々しい感じで育つかどうかは分かりません。
18050504.jpg


明日千成の苗を購入しようと思います。

今年は初心に戻って購入千成での栽培を行います。

プロフィール

たぁさん

  • Author:たぁさん
  • 正しいひょうたんの作り方や加工方法なんて全く知りません。でも何とかやってます。最初の年は何故かヘチマが出来ました。ちゃんとひょうたんのタグの付いた苗を買ったのに・・・
    このブログはリンクフリーです。記事や画像の転載などもどうぞご自由に。

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。