現在の閲覧者数:
競技:ひょうたんおしくらまんじゅう   種販売店   ひょうたん販売店   Life is a Carousel  
   
05
7
9
10
11
13
16
18
19
20
21
23
24
25
27
28
29
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっと再現できました。

【5月31日】

19060140.jpg

以前、熊本で購入した千成ひょうたん↑の表面加工を
やっと再現することができました。

何度か原料の違う絵の具や塗料を混ぜて使って
同じような仕上げをしたいとトライしていたのですが
色々と混ぜて筆で塗ってもどうしても同じようには
仕上げることができませんでした。

子供の頃、水槽に水を入れ水面に静かに
墨汁を流しそこに半紙を置いて墨汁を吸わせて
引き上げると何とも言えない不思議で綺麗な模様が
転写されているという実験のようなことを学校で
行ったことがありました。

実はその時の模様の感じが熊本で買ったひょうたんに
よく似ていると購入当時から思っていたのですが、
購入したひょうたんの塗膜に筆の毛のようなものが
混入していたので筆での仕上げにこだわって
今まで全くうまくいかずにきました。

「一体どのように塗装したらこうなるんだろう?」
と、ジーッと購入ひょうたんを見ていて気付きました。
筆の毛は必ず流れる塗装の下に入り込んでいて
直接は見えていません。が、流れる塗装とくっきり
別れている下塗りに付着した毛は見えているのです。

これで分かりました。
下地はハケ塗りによる作業で下塗りの乾燥後、
流れる塗料仕上げをハケを使わずに行っていると。

あれこれ試行錯誤の結果、何とか作品ができましたので
手順を簡単に紹介したいと思います。

ただ、失敗すると家具や排水器具周りに
塗料がべったり付いて非常に悲惨なことになる
情報ですので予め御注意下さい。



塗料は私のお気に入りのカシュー塗料を用います。
塗膜の美しさ・厚さ・頑丈さ、全てに優れています。
まず数色のカシュー塗料を用意して使いやすい適切な
濃度に薄め液で調整していきます。
薄め液は石油系ですので水より軽いためこれを混ぜる
ことにより塗膜が水に浮くようになると思われます。
※ この際に使い捨ての薄いプラスチックのコップを
  使用すると時間が経つと溶けて底が抜けて塗料を
  撒き散らします。
  ガラスなど溶けない容器が良いようです。
  (私はフローリングにやってしまいました。)
19053001.jpg

塗料の濃度は色によって適切な濃度が異なるようです。
黄色の時には薄いと水面に一瞬で広がって他の色を
押しのけてしまいました。
経験での調節が必要となります。

バケツに水をタップリ入れます。
※ バケツは他に使わないこの仕上げ専用にします。
  終わった後、塗料を取るのは大変です。
  専用ならそのまま乾かし乾燥した塗料が付いたままの
  バケツを再度この作業に使えば良いだけです。

水面に用意した数色の塗料を浮かべます。
初回はお手本に習い白・黒・赤でやってみました。
19053002.jpg

※ バケツの水は冷たい水とお湯でやってみましたが
  お湯の方が塗料の広がりが良かった気がします。
  塗料を垂らした後で楊枝で移動することも可能です。
  (あまり移動を行うと塗料が混ざり合ってしまいます。)

模様が付かないエリアに備えて好きな色で
ひょうたん全体に下塗りをします。
今回はお手本通り黒を使用しましたが、
塗料が混ざり合う感じを大切にしたいので下塗りを
乾かさずに作業しました。下塗りに対し模様をくっきり
付けたいのなら乾かした方が良いと思います。
19053003.jpg


穴から外れないようにきつめに棒を差し込んで
水面に浮いた塗料の中へ押し込みます。
まっすぐ沈めても良いですし多くの塗料を
巻き付けるために好きなところへ移動しつつ、
かつ回転させながら沈めても面白い模様になります。
※ 一度沈めたらひょうたん全体が沈むまで
  絶対に途中で上に戻してはいけません。
  水が塗膜の下に入り込みとても汚くなります。
  また、バケツ壁面や底面にぶつからないよう
  充分に注意します。
19053004.jpg

ひょうたん全面に塗料が付くまで水中に押し込んだら
塗料が全くないところを選ぶか、または息で塗料を
棒の周辺から吹き飛ばして引き上げる際には
絶対に水面の塗料が付かないように気を付けて
ひょうたんを引き上げます。
引き上げる際に塗料が付いたら
明らかに失敗作になってしまいます。
その時には新聞に薄め液を付けて拭き取って
再度挑戦します。
綺麗な模様を付けるコツをつかむまでは
ふき取りの連発です。
19053005.jpg


引き上げたひょうたんはびしょ濡れです。
水や余分な塗料を切るために袋を広げた
ゴミ箱の中でひょうたんを勢いよく回転します。
この遠心力で塗膜の模様が変化し、ここでも筆では
表現できない不思議な模様が作り出されます。
※ ここで、回転は袋の充分深いところでやるように
  注意します。浅ければ飛び散った塗料を360度に
  機関銃のように発射することになります。
※ 水切りのために棒を振ってはいけません。
  ひょうたんがすっぽ抜けたらひょうたんのみならず
  周辺が塗料で大変なことになります。
19053006.jpg


水切りしたひょうたんは乾燥作業に入ります。
模様は塗膜が硬くなるまで流れ続けて変化していきます。
自分では操作できない味わいのある模様ができあがります。
19053007.jpg
違う色を使用したくなったときには
バケツの表面を新聞紙で吸わせると塗料を
綺麗に吸着することができます。
(冒頭の墨汁と半紙の関係です。)
再度塗料を水面に垂らすところからやり直せば
続けて作業ができますので効率があがります。

※ 作業を終えるときにバケツの水には塗料が
  残っていることを忘れると大惨事になります。
  台所のシンクや洗面所、便器などに流すと
  塗料が付いてしまいます。
  バケツの塗料は新聞でできるだけ処理してから
  塗料が付いても問題無い屋外の土や草の上に
  水を捨てるようにします。またバケツは残った
  塗料が垂れる可能性がありますので
  裏返さずに乾燥します。

以上の作業で幾つが作ってみたのが下の作品です。
画像よりも実物の方が綺麗に見えます。
角度が違うと模様も違いますので同じ模様が存在しない
貴重な一品物となりました。
19053008.jpg

19053009.jpg

19053010.jpg

19053011.jpg

19053012.jpg

19053013.jpg

19060103.jpg

19060150.jpg



色づけはとても楽しい作業です。
できあがった品物も筆塗装と違いとても味わいがあります。
また機会を見て作ってみようと思います。
スポンサーサイト

週末に定植します。

【5月30日】

そろそろ定植して良い大きさになりました。

これくらい大きくなればナメクジからの攻撃にも
耐えられる気がします。
19052610.jpg


購入した千成は雄花のつぼみがいくつもできました。
19052611.jpg


いよいよ本格的に成長する6月がやってきます。
今年は良いひょうたんが収穫できるのかできないのか、
定植が目前に迫りドキドキしてきました。
19052612.jpg

苗達の2ヶ月間のベランダ生活も間もなく終了です。

定植近し!

【5月26日】

庭の鉢に試験的定植を行って数日、
あの日以来ナメクジをほとんど見なくなりました。
定植の翌日、ニューナメトールを食べて
ぐったりしているナメクジを数匹見かけただけです。
どうやら敵は大打撃を受けたようです。
やったー!!!!!

この通り株は元気に育っています。
19052601.jpg


19052602.jpg


この様子だとそろそろ定植しても良さそうです。

庭の鉢に試験的定植実施

【5月22日】

選定で余った株を温室に入れていたものが大きくなり
フタにぶつかって所々枯れたように傷んできてしまいました。
19052201.jpg


これらはあくまでもスペアなので本栽培用は別に育てています。
このスペアを使って本番用より一足先に庭の鉢に定植し
ナメクジからの被害状況をチェックしてみようと思います。
定植した株の周りには期待の薬ナメトールをばらまきました。
19052202.jpg


真っ昼間だというのに数分後にはどこからかナメクジが
やってきて早速ナメトールを食べ始めました。
19052203.jpg

ナメトールがなかったら既に株が食べられているのでしょうか。
恐ろしい事態です。今年のナメクジもハンパではなさそうです。




【その夜】

夜10時過ぎに庭に出て、昼間に定植した株を巡回しました。

そして大ショック。初日に既にやられてしまいました。
19052204.jpg

19052205.jpg

数十匹のナメクジが株の周辺に集まりほとんどが
ナメトールを食べていましたが数匹は葉を食べていました。
ナメトールでの防御はすごく効果があるようですが
こんなにナメクジが多いとさすがに完全ではないようです。
ナメトールを食べていたナメクジが、もしナメトールが無かったら
全て株に群がっていたかと思うと昨年のように一晩で茎の根元まで
無くなるのも当然なのかもしれません。

ナメクジ処刑後、30分後に再度巡回を行うと
またまた同じくらいの数のナメクジが出現していました。
ナメクジとの戦い、正直ウンザリです。

やはり本番用の株はもっと大きくなってから植えないと
全滅するかもしれません。

ひょうたんの種の出し方

【5月17日】

最近、このブログへ「ひょうたんの種の出し方」という
検索ワードで来てくれている方が非常に多くなっています。

大型ひょうたんは大きな穴を開けられるので
充分内部を腐敗させた場合、種出しに苦労することなく
内部の液体と共に簡単に種を排出する事ができます。

問題は大きな穴をあけられない小型ひょうたんの場合です。
これは非常に苦労します。
ポイントはほんのわずかでもできるだけ穴を大きく開ける、
ただそれだけだと思います。

私は誰にも教わったことがないのでこのブログの
カテゴリの中の「超早!種出し皮むき」実験の中で書いている
ピンセットなどを使った地道な振り出し&ツマミ出しで
種出しを行っています。非常に疲れる作業です。

ただ、これは室内での話で、屋外で思い切り水を
飛び散らせて良い環境なら効率的な方法があります。

散水ホースの先に細く勢いのあるジェット水流を
放出できるノズルを付け、小さなひょうたんを
口を斜め下に向けて持ち、ひょうたん内部に斜め下から
ビュ、ビュ、ビュと連続でなく水を出して停め、出して停めを
何回も繰り返せば不思議と種が外に出てきます。

水を送り込むときに中から外に出てくる空気に押され
種が飛び出したり、水を止めたときに中に高い圧力で入っていた
水が飛び出してくるときに種が押し出されたりするようです。
柔らかめのひょうたんなら水を送り込んでいるときに
手の中でひょうたんが少し膨らむのを感じます。
とても短時間で種を外に出すことができます。
水を出している時間と止めている時間のリズムがつかめれば
面白いように中から種が出てきます。
この際にも穴は少しでも大きい方が効率的です。

この方法は当然水が飛び散りますし自分も臭い水で
ずぶ濡れになりますが、ただ握って放すを繰り返せばよいので
大量の小型ひょうたんを処理するには便利な方法だと思います。

ちなみにノズルはホームセンターなどで500円前後あれば
入手できます。

ただし、この方法では殻のしっかりしていない軟らかい
ひょうたんは破裂してしまいますので御注意下さい。

貰われていきました。

【5月15日】

ジャンボひょうたん2株と中国ひょうたん1株を
仕事で知り合うことができた畑を持った伊藤さんに
育てて貰えることになりました。

伊藤さんは本業ではないものの広大な農地で
米や野菜を作っているベテランファーマーです。
きっとジャンボひょうたんを
上手に育ててくれることでしょう。

ジャンボひょうたんは私自身が収穫までたどり着けるか
非常に不安な初挑戦の年です。
ですから他の人にも栽培をおすすめして
何とか迫力のぶら下がり風景を見てみたいのです。
お願いすれば一つくらいもらえるかも知れませんし。

この3株とは今日でお別れです。
たまに様子を見に行きたいと思います。
19051501.jpg
元気に育つんだぞ!

温室から旅立ちました。

【5月14日】

大長ひょうたんを除いて発芽した全ての苗の背丈が
大きくなり簡易温室のフタに届いてしまいました。

ナメクジに対抗するため定植に備え更なる成長を促します。
(普通は必要ありません。)
19051301.jpg


以前選定の際に取っておいた苗たちを保険として
温室で育ててみようと思います。
ついでに未だ発芽してくれない大長ひょうたんの種を
もう一度蒔いて何とか苗を作りたいと思います。
19051302.jpg


だんだん6月が近づいてきました。
ひょうたんがグンと大きくなる季節がやってきます。
全ての苗を5月下旬に定植する予定です。

千成一株で様子見を。

【5月12日】

数日前に第2栽培所に購入千成ひょうたんの苗を
一株だけ定植しナメクジや他の害虫の被害を受けないか
様子を見ていました。

今日確認に行きましたが今のところ被害はありません。
19051201.jpg

このテスト用の苗が今後も無事でいてくれれば
ベランダで作った苗を安心してこの第2栽培所に
定植していくことができます。

今はポツンと独りぼっちですが頑張っていてくれれば
テスト用が本番用に起用される可能性も出てきます。
19051202.jpg
同じ時に購入し今は温室で大きくなっている本番用千成を
出し抜くことができるでしょうか。

晴天が続けばこの通り。

【5月8日】

気温が高くなり晴天が続けば本当に成長が早くなります。

選定を行った温室の苗は数日前に比べ目に見えて
大きくなっています。
19050801.jpg


鉢に植え替えた株も力強く育ち大きくなってきました。
19050802.jpg

早く定植したくてムズムズしてきましたが、
ナメクジに食べさせるわけにはいきません。
もうしばらく我慢しなければ。

タイムリーな詰め放題

【5月6日】

ホームセンターで詰め放題を見つけました。

様々な色や大きさの木製ビーズが小袋に詰め放題で
100円でした。ひょうたんの工作に使えそうなので
3袋購入しました。

こんなに買って税込み315円でした。
19050601.jpg
焼き文字ひょうたんに使えます。

定植間近に。

【5月5日】

5月の連休に良い天気が続きます。
予想通りひょうたんの成長が加速してきました。

簡易温室の苗が急に大きくなり急遽選定を行いました。
全てのポットを1苗に絞りました。
19050401.jpg

また、大きくなった苗で温室が狭くなってきたので
4株を鉢に植え替えて定植に向けてベランダで更に
大きく育てます。
19050402.jpg

本来なら定植できるサイズなのですが昨年の
苦い経験から庭の鉢栽培も第2栽培所の畑栽培も
ナメクジから遠い安全地帯で大きくなりすぎたくらいまで
苗を育ててから定植することにします。


苗の到着を待つばかりです。

【5月4日】

第2栽培所では自動給水の準備が完了し、
土作りも終わって苗の到着を待つばかりです。
19042601.jpg
今年は昨年植えた場所と棚の正反対に定植を行います。
日当たり確保と同じ場所での連作を避けるのが目的です。

自宅の苗ポットで芽を出したスーパーチビひょうたん、
中国ひょうたん、ジャンボひょうたんと購入苗の千成、
これから発芽期待の大長ひょうたんで行く予定です。


今度は高橋びょうたんだ!

【5月3日】

またまた焼き文字ひょうたんの製作依頼が入りました。
今度は「高橋びょうたん」です。

さすがに4個目の製作となると手慣れてきました。
完成までの時間が非常に早くなりました。

正面には名前とひょうたんの絵を描きました。
19050301.jpg


裏面にはお決まりとなった「福」と「しあわせの千成」を。
19050302.jpg


側面には「安全」と「健康」と私の好きな言葉を。
19050303.jpg

19050304.jpg


3個の作品が並んだので記念撮影も行いました。
19050305.jpg
本当におみやげ屋さんみたいになってきました。

大作、滝田びょうたんに挑戦。

【5月2日】

我が妻であるツンさんから友人用にと
焼き文字ひょうたんの注文が入りました。

これは腕試しの良いチャンス!
張り切って大きめの千成をストックから取り出し
「滝田びょうたん」の製作にかかります。

三つ目の焼き文字ひょうたんなので、
コツが分かってきました。
下書きから焼き入れ終了まで3時間半の作業でした。
19050110.jpg

前回作った木村びょうたんと同じく、
表面には3回塗りのコーティングを行い、
木製ビーズと鈴をつけて仕上げました。
画像には写していませんが会社の社是や
格言を焼き込んだなかなかの大作となりました。
19050111.jpg


せっかくなので木村びょうたんと滝田びょうたんの
2ショットで記念撮影。
19050112.jpg
連休明けには2つとも別々の場所へと旅立ちます。

木村びょうたんグレードアップ

【5月1日】

手芸コーナーで瓢箪に取り付ける紐や木製ビーズ、
鈴などを購入しました。
19050101.jpg


先日作成した木村びょうたんを渡す前に
休みに入った為、少し時間ができましたので
グレードアップすることにしました。

空いていたスペースには小さいながら瓢箪の
形を描いてみました。記念すべき「絵」の第一号です。
19050104.jpg


そして全面にストロンTXL#2800クリヤー
保護膜として久々に使用してみました。
今回は3回塗りを行いました。
これを使うと本当に奇麗に仕上がります。
19050102.jpg


木製のビーズや鈴でひょうたんの上下にアクセントを
付けデザインを引き締めてみました。
19050103.jpg
よしよし、素人にしてはナカナカの出来映え。
おみやげ屋さんにありそうな感じ。

プロフィール

たぁさん

  • Author:たぁさん
  • 正しいひょうたんの作り方や加工方法なんて全く知りません。でも何とかやってます。最初の年は何故かヘチマが出来ました。ちゃんとひょうたんのタグの付いた苗を買ったのに・・・
    このブログはリンクフリーです。記事や画像の転載などもどうぞご自由に。

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。