現在の閲覧者数:
競技:ひょうたんおしくらまんじゅう   種販売店   ひょうたん販売店   Life is a Carousel  
   
09
1
2
3
5
12
14
16
17
18
19
21
22
23
24
25
27
28
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うどんこ病対策。

【9月30日】

掲示板にうどん粉病に関するご質問を受け、
経験者の皆様に貴重なご返信を頂きました。

今後、ひょうたんの「うどんこ病」の対策について
知りたくて検索してきた方が記事を見つけやすいように
ブログ上のカテゴリとして掲示板の内容を転記させて
頂きました。

これからもこのような方法で出来るだけ必要な情報が
探しやすく記載されている内容にして「ひょうたん栽培」を
やってみようという方々に少しでも役に立てるブログに
出来ればと思っています。

今後とも投稿・返信に皆様の活発な御協力を
頂ければ幸いです。

以下、「うどんこ病」に関する掲示板内容の転記です。


うどんこ病の恐怖 - ち?

2007/09/25(Tue) 11:02
*.mesh.ad.jp

みなさん こんにちは。
今年初めて植えた千成ひょうたんがうどんこ病に
やられて悲しい結果になってしまったのですが、
未だなかなか根絶できないでいます。
変な葉っぱだな?と思っていたらどんどん枯れてきて
うどんこ病と気付くのが遅く、とりあえず「米のとぎ汁に
砂糖を加えた液を噴射」という方法で様子をみたのですが
効果は少しの間のみ、今は殺菌剤を週1回噴射し、
花はまた咲くようになりましたが相変わらず発病を
繰り返しています。今年はもう駄目だと思いながらも
細々と咲く花が痛々しいです(泣)
うどんこ病は植物の数だけ種類があると聞きますが
ひょうたんには何が一番なのでしょう。
うどんこ病を根絶された方、初心者の来年の為に教えて下さい。


Re: うどんこ病の恐怖 - ただとーさん

2007/09/26(Wed) 10:40
*.dti.ne.jp

うちでは、ホームセンターで売ってる家庭用のスプレータイプの
薬をつかってます。虫にも病気にも効くって書いてある、
買ってきてそのままスプレーすればいいようになってる
簡単なやつです。
ベニカXスプレー(殺虫 殺菌剤)680円ぐらいだったかな?
どこのホームセンターでも売ってると思います。
うちのひょうたんには今年は、二、三回吹き付けただけ
だったけどアブラムシも病気にもならなんだよ。
-----------------------------------------------
※ 2007/09/26(Wed) 06:56に投稿頂いた
  「ただとーさん」の記事をこちらに貼らせて頂きました。
  ベニカXスプレーは住化タケダ園芸株式会社の商品で
  この会社のHPの「病害虫ナビ」から簡単に症状の確認や
  効果的な薬が選べるようです。大変参考になりました。
  「ただとーさん」ご投稿ありがとうございます!
  (by た?さん)


Re: うどんこ病の恐怖 - ち?

2007/09/26(Wed) 12:39
*.mesh.ad.jp

ただとーさん、た?さん、ありがとうございます。
近くにハーブなどあるので薬害の少ないという
「ダコニール1000」を使っていたのですが
「ベニカX」の方が良いのですね。
今後は病気になる前に予防に使ってみます。

「病害虫ナビ」すごいイイですね!知りませんでした。
早速お気に入りです!
別の鉢にカイガラムシもたくさんいるので(^^;


Re: うどんこ病の恐怖 - えみちゃん

2007/09/29(Sat) 09:03
*.so-net.ne.jp

みなさん、こんにちは。
た?さん、お久しぶりです。

うどんこは毎年の悩みですね。
うちでは「ミラネシン」という専門薬を使っています。
タケダから出ています。水に溶かして使うのですが
小パックになっているので1リットルずつ作れます。

症状が軽いうちに使うとよく効きますよ。


Re: うどんこ病の恐怖 - ち?

2007/09/29(Sat) 09:54
*.mesh.ad.jp

えみちゃんさん、ありがとうございます。
早速「病害虫ナビ」で調べてみましたがなんと
「ミラネシン」は販売終了になっていました!
代替え品があるのでしょうかね?残念です。
私のつかっていた「ダコニール1000」は予防薬でしたね。
間違っていました。
きちんと用法を読まないと・・・


Re: うどんこ病の恐怖 - お楽しみくん

2007/09/29(Sat) 16:46
*.so-net.ne.jp

皆さんも、うどん粉病には苦労していそうでね!。
私も同様です。「カリグリー」「サブロール乳剤」を
数年使っておりす。水で薄めて葉に噴射しております。
今年は調子が良かったと思いますが。
「これが一番良い薬」は見つかっておりません。
土の状態や日の当たり具合、うどん粉病の発生時期や
進展状態等が毎年違うからでしょう。
でも皆さんが使っている薬を教えて頂ければ、
試すことが出来ます。そして良い結果が出れば幸いですね。
お互いに意見交換は欠かさない様に致しましょう。
宜しく!。


Re: うどんこ病の恐怖 - えみちゃん

2007/10/01(Mon) 09:49
*.so-net.ne.jp

ミラネシンは販売終了ですか?!
よく効くのに?!

サンヨールをお使いになった方いらっしゃいますか?
各種病気用ですがどうでしょう。


Re: うどんこ病の恐怖 - ち?

2007/10/02(Tue) 10:09
*.mesh.ad.jp

お楽しみくんさん、こんにちは。
色々試してらっしゃるんですね。
うどんこ病ってすごく付きやすいんですね?。
私今度は米ぬかを直接葉にこすりつけるのを
やってみようかと思ってます。
バラには市販薬より良く効くとあるのですが
ひょうたんには果たしてどうでしょうか。
もう少しで米ぬかが取れるので実験してみます!


Re: うどんこ病の恐怖 - た?さん

2007/10/02(Tue) 10:32
*.dti.ne.jp

「ち?」さん、こんにちは。

是非その方法を試されたら詳しい手法と結果を投稿お願いします!

うまくいってもいかなくてもそういう経験談は
知りたい人にとっては非常に価値のある情報となると思うんです。

どうぞ(その際には)宜しくお願い申し上げます!


Re: うどんこ病の恐怖 - ち?

2007/10/12(Fri) 12:37
*.mesh.ad.jp

こんにちは。
うどんこ病対策として米ぬかを試してみました。
手法はまず砂糖水で葉を濡らします。
米ぬかを貼付けるのにいいのと、うどんこ病が糖に弱いこと、
米ぬかの乳酸菌を活発にするためだそうです。
そして米ぬかを直接ぬりつけるだけです。

結果・・・あまり目立った効果はありませんでした><

最近北海道はめっきり寒くて乳酸菌がちゃんと
働かなかったのかもしれません。
以前米のとぎ汁に砂糖を混ぜたものを吹き付けた時も
少ししか効かなかったので米ぬか自体がうちのうどんこ病に
効きづらいのかもしれません。
でもあきらめきれないんです?。
水稲で米ぬかを土に入れるとうどんこ病になりにくいというので
来年は土にすきこんでみようと思います。
頑張るぞ?!!


Re: うどんこ病の恐怖 - た?さん

2007/10/12(Fri) 13:04
*.dti.ne.jp

ち?さん、詳細の投稿ありがとうございます。

方法と説明がとても理論的で分かりやすく、
私の望んでいた内容の情報を頂けました。

確かに気温や湿度その他の環境などで同じ事を行っても
効力に差が出来てしまうでしょうから
もっと暑い条件下なら抜群に効力が現れるかもしれませんね。
きっとち?さんの記事を読んだ誰かが来年どこかで
(ひっそりと)試してみるのだと思います。
この掲示板にレスポンスがあれば嬉しいんですけどね。

来年は土に入れる新たな試みをなさるのですね。
また結果報告頂ければ幸いです。

私も子供の頃住んでいた札幌でのひょうたん栽培、
うまく出来るのか興味津々です。
頑張って下さいね!


スポンサーサイト

皆様、ご協力ありがとうございます!

【掲示板】
掲示板に「うどんこ病」に関する御質問の投稿を頂きました。
御覧の皆様、改善のための経験談を是非教えて下さい。
ご投稿、宜しくお願い申し上げます!(by た?さん)
=====================================================
9月29日22時現在3件の返信投稿を頂いています。
ご投稿頂きました  「ただとーさん」  様。
           「えみちゃん」   様。
           「お楽しみくん」  様。
御協力ありがとうございます!
他にも勉強になる経験談をお持ちの皆様がいらっしゃいましたら
是非ご投稿下さい。宜しくお願いします!

とりあえず収穫してみます。

【9月26日】

第2栽培所に残っていた大きく育たなかった大長ひょうたん。
ツルが完全に枯れるまで吊しておきました。

とりあえずカチカチに固くなったので収穫することにしました。
19092601.jpg
身長は丁度50センチ。
普通のひょうたんにしたら大きいのですが
2メートル位になる品種ではおチビさんです。

下が膨らんでいますから絶対に購入した種が他の品種と
交配していたに違い有りません。
う?ん、くやしい!


こぼれ種から勝手に育っていた株は土地の手入れのため、
残念ながら地主さんに刈り取られてツルが一箇所に山積みに
なっていました。
全て完全に枯れていましたので完熟できているものは
合わせて収穫しました。

本日の収穫は4個です。
19092602.jpg
前回最後の収穫と書きましたがこれが本当の最後みたいです。

実はもう何の手入れもしていないし水もあげていないのに
これから実が大きく育つとは思えませんが
台風から生き残ったツルがまた伸びてきて
雌花はまだポツポツと咲いています。
19092603.jpg
地主さんの家も完成が近いし涼しくなってきたから
そろそろ撤収しなければいけないのに。

もう少しだけ見守ろうっと。

今までで最小のひょうたん!

【9月20日】

今年、第2栽培所のプランタ栽培で出来たこのひょうたんが
いままでの栽培で収穫できた完熟ひょうたんの中で
一番小さなものとなりました。

身長40mm丁度です。
10円硬貨と比較するとこんな感じになります。
19091610.jpg

もう少し太いもので同じ40ミリのものが他に2個ありますが
形の良さと見た感じの小ささはこのひょうたんがダントツです。

収穫時は未熟ではないか心配したのですが完熟していて
本当に良かったと思います。
私のお気に入りです!
19091612.jpg

んー、カワイイです。
19091611.jpg

普段はガラス瓶にクッションを入れて保管してあります。
こんなのは二度と収穫できないかもしれないから
大切にしなければ。

追伸
もしも、もっと小さな完熟ひょうたんを持っている方や
超小型品種の情報をお持ちの方がいらっしゃいましたら
是非掲示板に情報提供をお願い致します!

ベテランファーマー伊藤さん

【9月15日】

ジャンボひょうたんと中国ひょうたんの栽培をお願いしていた
伊藤さん
と久しぶりにお会いすることが出来ました。
先日の台風の時にひょうたんが落ちて割れてしまったと
連絡が入っていたのです。

割れたものは結構大きいと聞いていたので捨てずに
納屋に保管しておいてもらいました。
これがそのひょうたんです。
19091601.jpg
確かに大きい。
第2栽培所で私が育てていて同じく台風で落下して割れた
同じ品種のものよりはるかに大きくなっていました。
つまりは私が育てたどのひょうたんよりも
伊藤さんのところでアッサリ大きく育っていました。
右の大きい方が割れてしまっており大きさは高さ60センチ・
胴回り91センチ・重さ8.2キロでした。
左は落下したものの割れておらず大きさは高さ53センチ・
胴回り82センチ・重さ7.2キロでした。
ひょうたんの下に敷いてあるのが新聞の1面(二つ折り)の
大きさですからこの二つの大きさはなかなかです。
ちなみに手につまんで二つのひょうたんの間に写っているのが
今まで出来たひょうたんで一番小さな4センチのものです。
最大・最小比較で撮ってみました。

とりあえず穴を開けてみようと思い口の部分を握って
あらためて大きさを感じます。握りきることができません。
19091602.jpg
10ミリの穴を開けましたが小さすぎるようです。
後で20ミリ程度に開け直さなければ丁度良いバランスに
なりませんが今は道具がないのでどうしようもありません。
今ある45Lバケツに1個入るかどうかと言ったところです。
本当にスケールの違いに戸惑うばかりでした。

さすがベテランファーマーの伊藤さんと思い今後の参考のため
育て方のコツを聞いてみました。
が、ビックリ仰天の答えが返ってきました。
何と鶏糞をまいて私の持っていった株を棚の下に定植してから
虫(恐らくウリキンウワバの幼虫)が発生したときに一回だけ
薬を散布しただけだと言うのです。
育て方を知らないので人工授粉をしたことは無いし
ツルの整理もしたことが無いしこの夏の猛暑になんと一度も
水をあげたことすら無いと言うではありませんか!

えーっ?!本当ですかー?どこで育ててたんですか?

案内されてビックリ!
太さ2センチほどのビニールパイプの骨組みに
キュウリネットをかけた1m×3m位の小さく貧弱な棚が
家から遠い畑の片隅にポツンとあるだけ・・・。

「よくこの棚壊れなかったな・・・。」

勿論育て方を知らないからあれだけの大きさのひょうたんを
棚やネットに固定してツルに負担がかからないようになど
全くやった形跡がない・・・。

色々な意味で恐るべし!

残念ながら中国ひょうたんに関しては私が提供した株が
悪かったらしく上の膨らみの無いものばかりが完熟して
たくさん棚からぶら下がっていました。

伊藤さんはジャンボひょうたんについて
「こんなに大きくなるとは思わなかった、来年が楽しみだ。」と
ニコニコしながら自ら言ってくれたのでラッキーでした。

そのあとすぐに「種を取ろう」と言ってヒビの入った
大きなひょうたんに指をネジ入れバリバリ壊しだしたので
「ああ?っ!私が後でやります?。」と言って何とか
頂いてきたのでした。

ん?、ヒビが入っているとは言え、こんな大きなひょうたんを
惜しげもなく破壊できるとはさすがベテランファーマー、
私とは本当にスケールが違うようです。

↓惜しげもなく開けた穴
19091603.jpg


伊藤さんには水づけをして綺麗になったひょうたんと種を
後日お届けしようと思います。

気まぐれで掲示板設置。

【9月13日】

このブログを御覧頂いて嬉しい限りです。
参考になっているかは分かりませんが
こんな内容のブログでもお楽しみ頂けていれば幸いです。

気まぐれで極シンプルな掲示板を作ってみました。
私「た?さん」は面倒くさがりなので投稿や返信に
一切参加せず「ほったらかす」ことを前提として
お越し頂いている皆さんが情報交換出来る場に
活用いただければと思っております。
  
ひょうたんに関する情報提供や質問・返信など
投稿に是非ご参加下さい。
http://bbs5.fc2.com/php/e.php/hyoutan/

※ 私は参加致しませんので「た?さん」宛の御質問や
  御依頼など投稿しないでくださいね。

ただ、不適切サイトへの誘導などを防止したいため
ホームページやメールのアドレスの記載を
一切御遠慮いただきたいと思っておりますので御了承下さい。
また、多少の禁止ワードも設けており投稿に際しご不便を
お掛けするかもしれませんが皆様に不快感を与えない掲示板に
したい為に行っておりますのでどうぞ予め御了承下さい。

ほんの気まぐれで設置しましたのであまり活用されない場合や
不適切な投稿が多い場合、または私がまたまた気まぐれで
やめてしまいたくなった場合、すぐに廃止致しますので
こちらも予め御了承下さい。

鉢植え収穫。

【9月11日】

調子が悪かった今年の鉢植栽培、チビひょうたん10個収穫を
最低限の目標にやってきましたがこんな感じになりました。
19090902.jpg

ヘチマひょうたん4個・小ダルマひょうたんモドキ3個
本命チビひょうたん3個。全部合わせて10個・・・。

成功か失敗かの判定が非常に微妙な結果でした。
種は全てチビひょうたんだったのですが出来てみれば
3種類のひょうたんになってしまいました。

早速穴を開けて水に浸けておきました。
しばらく入浴タイムとなります。

鉢植えの株は台風で完全に終わってしまいましたので
折を見て撤収作業を行います。

なんだか今年の鉢植えはボーっとした不思議なシーズンでした。

収穫した中国ひょうたん

【9月10日】

第2栽培所から収穫した中国ひょうたんを並べてみました。
全部で23個でした。
背丈は平均30センチ弱と言ったところです。

前回収穫分と合わせ今シーズンは
1株から27個の完熟ひょうたんを収穫することが出来ました。
(チビひょうたんも7個残っていました。)
19090901.jpg
昨年は太り気味の中国ひょうたんが多かったのですが
今年はスリムな形に育ちました。

棚には変な形の大長ひょうたんが残っていますが
完熟しないと思いますので第2栽培所からの収穫は
これが最後となります。

2006年第2栽培所完結。

【9月9日】

昨年収穫した第2栽培所の中国ひょうたんを
やっと乾燥させることができました。

腐らせるのに時間がかかり収穫から乾燥まで約1年も
かかってしまいました。
19090910.jpg

太めのひょうたんが多いものの、すべて殻が厚く
なかなか良い出来をしています。

これにて第2栽培所(畑)2006完結です。
あ?、長かった。

台風で棚が破壊!全滅!

【9月8日】

台風が通り過ぎてから初めて第2栽培所へ
水を運搬に行きました。

吹きさらしのこの地には台風当日には
とんでもない強風が吹いていたようです。

支柱に使っている竹が割れて棚が崩れていました。
19090801.jpg

幸い完熟した中国ひょうたんは無事でしたので
とりあえず全て収穫し出来るだけ棚を復旧してみました。
19090802.jpg
しかしながら部材を補給してやらない限り傾きや歪みは
直りません。まだまだ大きく傾いています。
株もほぼダメになってしまいこれから実を
新たに付ける可能性もなくなりました。
今期で撤去予定でしたので給水作業を打ち切り
栽培を終了するのに丁度良い区切りになりました。

少しだけ残念なのは満足できない出来ながら
とりあえず収穫を目指していたジャンボひょうたんが
落ちて割れてしまっていたことです。
またいつか鉢でなく地面でひょうたん栽培できる機会が
できたら育ててみたいと思います。
19090803.jpg

こぼれ種から自然に育っていた株も風でおかしな感じに
なってしまいました。
19090804.jpg

いよいよ時期を見て第2栽培所を撤収です。

それにしても台風って本当に怖いなー。
例年ならまだまだ栽培してるから大打撃のはず。
今回は本当に栽培がほぼ終わっていてラッキーでした。

やっぱり台風は大敵!

【9月7日】

今年は猛暑でひょうたんの完熟が早く今回の台風が来て
株が荒れてしまっても構わない状態にありました。

今までの栽培経験の中では幸いにも成長時期に
大型台風の直撃を受けたことはありません。

今回、猛暑から回復気味だった鉢栽培がどうなったかと言うと
こんな感じになってしまいました。
19090701.jpg
無惨!恐ろしや!前日の記事の画像と比べゾッとします。

葉は大部分がちぎれて飛んでいってしまいました。
残ったのは痛んだ葉が少しと丸見えになったツルだけ。
成長時期に台風が来たら全滅の可能性大です。

今年はほとんど栽培を終了していた運の良さに感謝。

台風です。

【9月6日】

今夜台風がやってきそうな気配です。

ただ中国ひょうたんは棚に固定済みで完熟状態ですし
鉢植えの株も含めこれから成るひょうたんはほとんど無いと
思われます。既にシーズン終了の満足感がありますので
今回の台風予報は気楽なものです。

猛暑が去り少し元気になってきた鉢植えには気の毒ですが
今度は強風と戦ってもらうことになりそうです。
19090601.jpg

それにしても今年の鉢植えは栽培を初めて以来の不作でした。
やっぱり原因は陽当たりかなー?

知らぬ間に。

【9月4日】

第2栽培所の棚とは少し離れた場所の地面に知らない間に
ひょうたんのツルが発生しツルが伸びていました。
19090401.jpg

水も肥料も与えたことがないのに生命力の強いひょうたんです。
19090402.jpg

花がたくさん咲いていますし受粉ができているものもあります。
19090403.jpg
手を一切加えずにどれだけ育つものなのでしょう。

プロフィール

たぁさん

  • Author:たぁさん
  • 正しいひょうたんの作り方や加工方法なんて全く知りません。でも何とかやってます。最初の年は何故かヘチマが出来ました。ちゃんとひょうたんのタグの付いた苗を買ったのに・・・
    このブログはリンクフリーです。記事や画像の転載などもどうぞご自由に。

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。