現在の閲覧者数:
競技:ひょうたんおしくらまんじゅう   種販売店   ひょうたん販売店   Life is a Carousel  
   
03
1
3
4
5
7
8
9
10
13
14
15
17
18
20
21
22
23
25
28
29
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひょうたん販売店リスト

【3月30日】

ブログ上部に「ひょうたん販売店」のリストへの
リンクを貼り付けました。
まだデータ数が少なく、ネット上で購入手配が完結できる
販売店も少ないので引き続き情報を募集しております。

御存知の販売店がございましたら
情報投稿の御協力お願い申し上げます。
スポンサーサイト

千成ひょうたんの乾燥

【3月27日】

そろそろ昨年収穫したひょうたんの作業を
終えなければ本格的な今シーズンになって
手がつけられなくなってしまいます。

晴れていた今日、少し時間ができたので
大急ぎで臭い抜きをしていた千成ひょうたんの
乾燥作業を行いました。
20032701.jpg

残るはチビひょうたんのみ。
臭いが気になりますがチビひょうたんの
ピンセットでの種出しはあまりに大変なので
種を中に残したままで乾燥しようと思います。

急いで種蒔き!

【3月26日】

桜も咲き始めかなり暖かくなってきました。
じっくりと準備をして種蒔きしたかったのですが
何だか時間が無くて目処がたちません。

週末も作業できるか分からないので手元にある材料で
仕事の合間に1時間で種蒔きを行いました。

今年は千成を中心とした小型の栽培を行います。
20032601.jpg

ただ、昨年に続き大型ひょうたんをベテランファーマーの
伊藤さんに栽培依頼するため、大瓢エースの種を入手し
苗だけは私が育てます。
20032602.jpg

今年は手抜きをしてしまいましたが
ちゃんと育ってくれるでしょうか。
20032603.jpg

ん?!まずいことに。

【3月24日】

色々な権利関係の整理で使用できる状況になるまで
数ヶ月かかりそうなので今シーズンは栽培に使うことが
できないかもしれませんが、これは第3栽培所決定地の
午後2時過ぎの画像です。

非常にまずいことに、見事なまでに建築中の建物の
陰にスッポリと入ってしまいました。
20032401.jpg
西側以外には建物が無いので日当たりが良いと
思っていたら・・・。ん?、ショック!
春?夏場の午前中の日当たりだけでひょうたんは
育ってくれるのだろうか?

計算外でした。南側があいていてもダメなんですね。
東と西をあけることの方が畑には重要なのかも。

昨年の極小ひょうたん

【3月19日】

プロフィール画像に使用しているものの他、
これらが昨年収穫した極小ひょうたんです。
20031901.jpg
この手のひらにのっているものは全て穴明け、
水漬け、種出し、乾燥を通して壊れることなく
生き残った優秀な完熟ひょうたん達です。
殻は充分頑丈でカチカチぶつけても全然平気です。

最小で40ミリ。
今年は40ミリの壁を破れるでしょうか。

乾燥作業。

【3月16日】

今日はポカポカと春らしい陽気でした。

せっかく良い天気なので臭い抜きのために水に浸けてあった
中型ひょうたんを全て出して乾燥することにしました。
20031601.jpg
もう完全に臭いは無くなっていました。

まだ水に浸けてある千成は種出ししてからあまり時間が
経過していないので臭いが抜けていませんでした。
水を換えてもう少し浸しておきます。

種を出していない極小ひょうたん達は恐ろしい臭いに
全く変化はありません。
乾燥方法の案もなく引き続き水中で保管しておきます。

これはスゴイ本だ!

【3月12日】

何気なく入手したこの書籍。
実はものすごい本でした。

正にひょうたんの「バイブル」です。
こんなに丁寧にひょうたんの最高レベルの
栽培方法や付随する細かな知識が惜しげもなく
記載されている書籍は見たことがありません。

みんながこんな知識を携えて栽培している組織・・・。
おそろしや。
200312.jpg

この本に出ている方法でひょうたんを栽培するためには
余程の覚悟を決めてかからねばなりません。
しかし実行できないとしても栽培する人は
是非とも知っておきたい知識が満載されています。

別に某組織のまわしものではありませんが
私、た?さん絶対オススメの大絶賛の一冊です!

初めて栽培をされる方にはこと細かで難しいだけで
ピンとこない内容なのかもしれませんが、
3年程度以上栽培をされある程度経験を得られていながら
栽培方法に悩んでおられる方や、より良いひょうたんの
収穫に向けて努力されている方々には「おおーッ!」と納得、
共感できてとても良く理解できる内容になっていると思います。

まだ読んでいる途中、くぎ付けです。

情報投稿お願いします!

【3月11日】

ブログの上に「ひょうたん・種の取扱店情報投稿」の
投稿フォームへのリンクを作りました。

もう少しこのブログのひょうたんに関する情報を
充実したいので種の販売店の表と同じような感じで
ひょうたん自体や関連商品を取り扱っているお店の表も
作ってみたいと思っています。

こちらも買いたい誰もが気軽に全国どこからでも
購入できるよう、ネット上で購入手続きができるように
整備されているホームページをお持ちの店という前提で
情報を頂きたいと思っています。

頂いた情報全てをそのまま表に掲載することは
難しいかもしれませんがなるべく多くの情報を集めて
少しでも役に立つ資料を作りたいと考えています。

私に頂く情報自体は絶対的なおすすめ専門店だけでなく
「ここでも買えるけど」くらいの情報で充分ですので
どうぞ御協力宜しくお願い申し上げます!

by た?さん

種を買いました。

【3月6日】

種の販売店リストにある福井シードから
注文していた種が届きました。

1月末に注文して3月受け取り。
少々時間がかかりましたが
欲しかったものをやっと入手することができました。

珍しい品種を取り扱っている貴重なお店ですが
残念ながら袋は無地の白い袋なので
どんなひょうたんなのか袋の写真を見たり
説明を読んだりすることは出来ませんでした。


これはミニ瓢と書かれています。
種からの推測は難しいですが、
以前育てた一寸豆瓢の種とよく似ている感じです。
種の大きさから考えて先日採取したチビひょうたん達からの
種の方がGPに適していると思われます。
今回はこの購入した種の使用は見送ることにします。
20030601.jpg

そしてこれが注目の食用ひょうたん。
一体いつの時期の果実をどう調理して食べるのでしょう?
この袋ではヒントがありません。
食べ方が分からない以上育てるわけにはいきません。
20030602.jpg

この中国瓢の種は外国産に見られる色ツヤをしています。
私が望むクビレが大きく口の細長い品種だと良いのですが。
是非育ててみたいものの今年は場所が確保できていません。
でもとりあえず苗は作ってみようと思います。
20030603.jpg

これは是非収穫してみたい明日香美人です。
短い長瓢で美しい形のひょうたんです。
赤とピンクの中間の色で仕上げると綺麗だと思います。
(美術館だったか、どこかで見たのです。)
ついに種を入手することができました。
こちらも苗だけは作ってみようと思います。
20030604.jpg

この本は種と一緒に売っていたので購入してみました。
栽培のことや加工の仕方など色々と
書いてあるみたいなので読むのが楽しみです。
20030605.jpg

あ?っ、あとベテランファーマーの伊藤さんに育てて
もらうのに大瓢エースというのを買うべきだったかなぁ。
この本にすごく大きいひょうたんだって書いてある!
失敗した?!
食用ひょうたんなんか買ってる場合じゃなかったー!


ちなみにかかった金額は種が一袋各400円、本が2000円、
送料が500円、その他税など含め合計4205円でした。
ちょっと高い買い物だったかな?

やっと種を出しました!

【3月2日】

今日は久しぶりにポカポカと暖かかったので、
思い切って昨年収穫した小型瓢箪の種出しをしてみました。

外皮をむいたり種出し後、もう一度綺麗な水に沈めたり
既に臭い抜きの行程にあった中型ひょうたんも一緒に
水交換したりで5時間もかかって辺りが真っ暗になっても
すべての作業を完了することができませんでした。
20030201.jpg
結局、チビひょうたんは種出しをあきらめ
もう一度水につけこみました。
チビひょうたんに関しては水流による種出しが出来ないため
種を中に残したまま乾燥作業に入りたいと思います。

全てのひょうたんの中からグランプリに使用するための
種取り候補6個を選定してこれらだけは家の中で種出しを
行うことになりました。
20030202.jpg

一時間ほどかけて強烈な悪臭と格闘しながら小さな穴から
ピンセットで一つ一つ、丁寧に種を取りだしました。
小さなひょうたんの種出しは本当に疲れる作業です。
20030203.jpg


取り出した種は風通しの良いところでしばらくの間
乾燥させておきます。
4月前後にいよいよ種蒔きを行います。

小さなひょうたんの種から育てば小さくなるとは限りませんが
何とかこれでより小さなひょうたんを目指し頑張りたいと思います。

プロフィール

たぁさん

  • Author:たぁさん
  • 正しいひょうたんの作り方や加工方法なんて全く知りません。でも何とかやってます。最初の年は何故かヘチマが出来ました。ちゃんとひょうたんのタグの付いた苗を買ったのに・・・
    このブログはリンクフリーです。記事や画像の転載などもどうぞご自由に。

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。