現在の閲覧者数:
競技:ひょうたんおしくらまんじゅう   種販売店   ひょうたん販売店   Life is a Carousel  
   
08
8
9
10
13
14
15
17
21
23
25
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひょうたん料理に挑戦!

ひょうたんの苦味はククルビタシンという
下痢や嘔吐の食中毒を引き起こす成分です。
料理には必ずこの成分の入っていない品種、
「食用ひょうたん」を用いて下さい。


【8月30日】

ひょうたん料理を2品ほど紹介してみようと思います。
もともと同じ種類なので当たり前なのですが
秋田で購入して食べた夕顔がとってもおいしかったので
食用ひょうたんを用いて同じ調理法で作ってみました。

結果、うま?い!

今、やみつき状態です。
本当にひょうたんが美味しそうに見えます。

なんで食材として売っていないのでしょうか?
と思うほど。

多分40歳以上の方には美味しい大人の味だと思います。


【下準備】

まずは食用ひょうたんを収穫します。
ひょうたんを指で押すとソフトボールの表面のように
グニャッと凹む程度の軟らかいものを使用します。
この段階なら種も出来ておらず中身全体が食べられます。
r001.jpg

軟らかそうな大きな部分だけ使用します。
今回は実が小さいので下の大きな玉の部分だけ
使うことにしました。
r002.jpg

こんな感じに種のできはじめの状態です。
グニャグニャなので食べても全く気になりません。
万一気になるくらいの堅さであれば取り除いて下さい。
種以外のワタのような部分は全部おいしく食べられます。
r003.jpg

リンゴを剥くような感じで皮を剥いてしまいます。
青臭い臭いが苦手な方は厚めに剥いた方が
いいと思います。
r005.jpg

残った軟らかい皮も利用できます。
r006.jpg


次はいよいよ調理です。
スポンサーサイト

しぼみ瓢

【8月29日】

先日投入したシリカゲルを取り出してみると
透明だったシリカゲルは真っ白に変色したものが
ポツリ、ポツリ。
水分を吸ってくれたようです。
20082902.jpg

ヌルついていた底面はカラッとして
いい感じに乾燥が進んでいました。
腐らずに一安心。
20082903.jpg

まだ上面の方が全然乾いてきていないので
今度は上面を重点的に乾かします。
20082901.jpg

上面にシリカゲルが来るようにセット。
これでまた様子をみます。
20082904.jpg

間引き

【8月28日】

大型になるひょうたんで小さなウチに形の悪いものは
できるだけ早い見極めをして切り取ってしまいます。
同じ株他の実に出来るだけ養分を与えるためです。

とは言っても、見極めまでのある程度の時間で
結構大きくなってしまいます。
なんかもったいないですね。
そう思ってたんですが、夕顔を食べるまで。

今はこの切り取り作業が楽しみで・・・。
形の良いものも切り取ってしまいそう。
20082801.jpg

これも下の部分をしぼみ瓢にしようと思ってたんですが
切ってしまいそう・・・。
20082802.jpg


うう、ヨダレが。
詳細はあらためて後日の記事で。

しぼみ瓢その後

【8月27日】

雨に濡れるといけないので部屋干しをしていたら
底面がヌルッとしてきました。
腐ってしまいそうです。
これはマズイ。
20082704.jpg

なんとか早く水分を飛ばさなければマズイと思い
色々考えました。
猫用に買ってあったシリカゲルの猫砂があったので
試しに使ってみることにしました。
20082701.jpg

夕顔の中へドバドバっと投入。
20082702.jpg

少し余ったのでヌルッとしている
底面外側にも敷いてみました。
20082703.jpg

効果に期待。

大型ひょうたん

【8月26日】

今年は数個だけ大型を作ろうと試みています。

今一番大きいのはこれ。
高さ60センチ位です。
上の玉の膨らみが少し小さいですが、
初めての挑戦にしてはうまくできた感じ。
20082601.jpg

これでも形の良いものに絞って育てて
最後に残った1つです。
今、株にただ一つの成育中の実です。
他は全て形が悪かったので小さなウチに
切り落としてしまいました。
形の良い大型果を育てるのはとても難しそうです。

そして別の株の大型品種、大瓢エース。
結局満足いく形の幼果ができず
今まで全て切り落としてしまいました。
完熟までのタイムリミットを過ぎてしまったので
今年は収穫ゼロです。
とりあえず完熟しなくても形が悪くても
どんな大きさになるのかだけ知りたいので
最近咲いた雌花をそのまま大きくしている最中です。
上の玉の左右のバランスが違ったり
お尻の中心が横に来ていたりやはり形が悪いです。
でもさすがに大きくなりそうな雰囲気を持っています。
20082602.jpg

今年はこの土地がそのまま秋まで続けて使っていけるか
分からなかったのでとりあえず株を植えるところを
一回り大きく耕しただけでした。
来年は広く耕してもっと大きいのを作るぞ!

しぼみ瓢

【8月24日】

しぼみ瓢(夕顔ですけど)は現在乾燥中。
なかなか乾きません。
若干カビらしきものが出来てきたり前途多難です。
20082401.jpg

中に何も入れないと形が崩れてしまうので
乾燥に使っているネットを8枚中に入れてあります。
20082402.jpg

まだ全然乾いていないのでシワシワは
発生していません。

この先どうなるか少し不安。

GP出品候補

【8月22日】

極小ひょうたんグランプリの出品候補を探しました。
残念ながら超ミニサイズの株は生きてはいますが
まだ30センチ程にしかなっておらず
実をつけることはできそうにありません。

完熟していると思われるまあまあのひょうたん型は
このサイズで一番小さい模様。
う?ん、10センチもあります。
全然極小ではな?い!
20082201.jpg

第二候補は鉢植えのこれ。
かなり堅いですがまだ安心はできない感じです。
6センチ、まあまあかな。
20082202.jpg

これは小さいけど形がイマイチ。
5センチ弱。
堅くなってきていますが候補にするには早い感じ。
まだ枯れる可能性あり。
20082203.jpg


ことしは良型の小型ができず苦戦しています。

棚の状況

【8月20日】

棚の70%程が一杯になりました。
棚は4隅の柱を除き農竹で構成されています。
今年は棚が壊れないように大型ひょうたんを中心に
作ることを避け中型ひょうたんを主に作っていました。
それでもたくさんのひょうたんがぶら下がることで
農竹が変形し重さに耐えられなくなってきました。

ところどころ補強をしてみましたが
強風が吹いたときには耐えられない気がしてきました。

20082001.jpg

明日香美人は形の悪いものはドンドン切り取っていますし
これ以上数を絞れそうにありません。
大型ひょうたんは株に1個、2個しか作っていません。
あ?、どうしよう。
20082002.jpg

台風、しばらく来るなよー!

鉢の千成絶好調!

【8月19日】

今年の鉢の千成は形が今ひとつですが
育ち方は今までで最高かも知れません。

連日たくさんの雌花が咲き、
たくさんの実が鈴なりになっています。
20081802.jpg

鉢植えでこんなにたくさんできるのは
初めてのことです。
20081803.jpg

棚にも届き、棚上でもツルが展開し始めました。
雌花もどんどん出来はじめています。
20081801.jpg

ビンの中に入れたひょうたんも
順調に大きくなっています。
20081804.jpg
薬剤が入手できたらいつまでも収穫時の鮮やかな色が
変化しない液付けひょうたんを作ります。
これも全日本愛瓢会の本に出ていた作品です。

しぼみ瓢

【8月18日】

先日秋田県で購入した夕顔で全日本愛瓢会の
本に出ていた「しぼみ瓢」を作ってみることにしました。

未熟果を乾燥し、しぼませて作る工芸品で
うまくできるか分かりませんがせっかくの夕顔を
捨てるのはもったいないのでやってみます。

まずは穴を開け中身を取り出し外皮もむきます。
20081901.jpg
そして整形しながら乾燥させます。
上手に出来たら半分ほどにしぼんで
細かいシワシワのある器ができるみたいです。

整形しながらの乾燥作業が難しいようです。
うまく行ったら続きは後日。



ところで夕顔の中身はひょうたんの中身と
全く同じ感じでした。
ネットで検索したところ中の白い部分は
炒めたり煮込んだり刺身風にしたりするみたいです。

一応その3通りを自分で料理してみましたが
フワフワとした不思議な食感でまあまあの出来でした。
味自体はほとんど無いのでおいしいか美味しくないかは
味付けをする自分の腕次第のようです。

これならひょうたんも食べられそうですよ。
今度大きな未熟ひょうたんで実験してみようかな・・・。

軒先にひょうたん&夕顔

【8月16日】

山形の蔵王のお釜の近くにあった御茶屋さんの
軒先にひょうたんがぶら下がっていました。
この辺りでもひょうたんが作られているのかな?
20081601.jpg

秋田の水族館GAO 近くの道の駅では
野菜コーナーで夕顔がたくさん売られていました。

とても安かったのでとりあえず一つ購入しました。
でもどうやって食べれば良いのだろう?
20081602.jpg

一つ一つに情報シールが貼ってあります。
この夕顔は3700グラムです。
20081603.jpg

秋田県のスーパーには軟らかい夕顔が
必ず置いてありました。
生産と消費が盛んなのでしょうか。

伊藤さん棚その後

【8月12日】

伊藤さん棚は全てのひょうたんが熟成期に入りました。
新たな雌花は咲かなくなり実の数も落ち着きました。
20080611.jpg

いわゆるひょうたん型は1つだけ大きくなり
収穫できるかできないか熟成度はまだまだで
今後に期待です。
20080612.jpg

少し座りが悪いものの、上の膨らみも豊で
なかなかバランスの良いプロポーションです。
20080613.jpg
昨年よりはやや小振りですが
やはり一切手を掛けずにこの成果は驚きです。
株を定植する穴も少し掘っただけで広くは耕して
いないそうです。

明日香美人は少し太りすぎたかもしれません。
まだ軟らかいのでこちらも熟成を待つところです。
20080614.jpg

たくさん成ったこのひょうたんの形は
何故こんなになってしまったのだろう?
それにこの大きさでこの数なるものは
植えなかったはずなんだけど。
作ってみなければ分からないのが
ひょうたん栽培の楽しくそして怖いところです。
20080615.jpg

帰りがけに木の上に出来ているひょうたんを発見。
手が届かず吊ってあげることが出来ませんでした。
完熟まで頑張って。
20080616.jpg

今度来るときは9月後半、収穫かな。

難しいです。

【8月11日】

大きなひょうたんを作ってみようとやっていますが
なかなか良い形ができません。

それに加えて1週間に一度病害虫駆除の薬を
まいていますが実に喰い穴を開けられてしまいました。

とりあえず肥大の候補を変えてネットがけしました。
20080632.jpg

雌花が受粉して重さで反転しぶら下がるまでに
形がおかしくなってしまいます。
今度は花の段階からムリヤリ下に向けてみよう。
20080631.jpg
今年はとりあえず成長させることはせず、
鬼になり迷わずカットしています。

ひょうたんのイベント

【イベントのお知らせ】

以前にも一度掲載しましたが
いよいよ本日になりました。

掲示板にお越し頂いている「すずめ娘」さんからの
お知らせです。



(8月7日 記)

ついに明日になりました!

明日の8月8日はひょうたんの日!
ひょうたん好きはもちろん、園芸に興味のある人、
ひょうたんオーケ ストラって何?
という人はぜひいらっしゃってください。
275138_1218119748.jpg



ひょうたんオーケストラの栽培経過報告やひょうたん対談。
ひょうたん先生奥田扇久さんVS植物インテリアのプロの
コカジさん という滅多にない組み合わせ。

ひょうたんオーケストラプロジェクト21の演奏。

ひょうたんグッズ販売もありまして数量は限定ですが
ひょうたん笛を 購入いただいた方は一緒に
メンバーに加わって演奏できます☆

一部のワークショップは満員御礼で締め切っておりますが
2部からは 随時受け付けしております。

2008年8月8日PM8時8分8秒開始。
カウントダウンはPM8時から始まりますので
お早めに来てくださいね☆
少しずつですがひょうたん型瓶入りの
珍しいお酒のふるまい酒もあり!

場所はみんなの憩いの場・・北浜のフレイムハウスです!

店先にもひょうたんが育っておりますのでひょうたんが
植わってるのも 見たことがない人はぜひ見てみてください。
運が良ければお花も見られますよ☆

888円握り締めて(笑)いらっしゃ?い
ひょうたんの日にひょうたんに酔いしれる、
楽しい夜が待ってます!



以下前回の掲載記事です。



8月8日ひょうたんの日に
ライブ&ワークショップします - すずめ娘

2008/06/24 (Tue) 11:18:35
*.dion.ne.jp

今年は2008年8月8日PM8時8分8秒と
今年のひょうたんの日は8が6つ並ぶ六瓢の記念の日。

ひょうたんオーケストラプロジェクト21主催で
ひょうたん楽器によるライブ演奏、
ひょうたん楽器作りワークショップ。
ひょうたん講座、
ひょうたんグッズ販売など
ひょうたん盛りだくさんのイベントを大阪、
北浜の店頭にひょうたんが青々と茂る
フレイムハウスで開催します。
20062401.jpg

ひょうたん好きな皆様、
興味があるけどどんなのか知りたいという方も
ぜひ友達とお誘いあわせの上、遊びに来てくださいませ☆

-----------------------------------------------


タイトル:
祝ひょうたんの日・888888 ライブ&ワークショップ


日時:2008年8月8日(金)
開場:18時8分

第一部:ひょうたん笛つくりワークショップ 
(PM6時30分?PM7時30分)

第二部:ひょうたんの日イベント
(PM8時8分8秒にカウントダウン、終了予定PM10時30分)


場所:フレイムハウス tel06-6226-0107
大阪市中央区淡路町1-6-4

料金:
第一部:888円、ひょうたん実費別(300円?1000円くらい)

第二部:888円、ドリンク代別(ドリンク500円?)
※ハヤシライス500円もオーダーできます。

主催:ひょうたんオーケストラプロジェクト21
協力:フレイムハウス、ワークルーム

チケット予約:
ワークルーム 06-6222-3888

第一部は要予約。先着10名様まで。
チケット予約開始は7月1日(火)より早い者勝ちですよ?

イベントについて:
8月8日はひょうたんの日。
特に今年は2008年ということで、
8月8日8時8分8秒には、8が6つ並びます。
古来から「六瓢」は縁起のよいしるしとされてきました。
めったにやってこない888888を記念して
ひょうたん笛つくりワークショップ、
ひょうたん楽器による演奏会、ひょうたん通に よる
ひょうたん講座など、ひょうたんづくしのイベントを行います。
どうぞ、ひょうたんな一夜をごゆっくりとお楽しみくださいませ。



雌花の増やし方。

【8月6日】

鉢植えか地植か、小型か大型ひょうたんかにより
ツルの数や最終的に確保する実の数は
状況に応じて調整すべきだと思いますし
株の状況とかけ離れた数を作ろうと思っても
ツルが細くなったり雌花が枯れてしまったり
取れる数には状況に見合った制限があります。

ただ、適切な範囲で雌花を増やそうとするのであれば
雌花の作り方は共通している感じがします。

ここ数年は雌花の作り方も分かり、
安定して雌花ラッシュを迎えることが出来ています。

多分、一般的なやり方ではないかと思っていますが
私のやっている方法を簡単に紹介しますので
もしこの時点で困っている方がいる場合、
参考になれば幸いです。

まず、参考にツルの画像をご覧下さい。

黄色が画像左から右へ伸びている子ヅルです。
私は子ヅル1本は摘心せず見失わないように
マーキングして管理しています。
子ヅルを摘芯するのが一般的なようですので
その場合には黄色のツルは元気に伸びている
中心的なツルとして置き換えて御理解下さい。

黄色のツルからは緑やピンクの孫ヅルが
出てきています。これらの脇から出たツルに
主に実を作っていきます。
脇から出た緑の孫ヅルを例として説明していきます。
他の孫ヅル全てに同じことが当てはまります。
20080621.jpg

緑の孫ヅルを拡大すると1節目?3節目に
雌花が着いています。
4節目以降は雄花が出てきています。
多少違ってもだいたいこのような状態となります。
孫ヅル以降の節目にすぐ雌花が出来、
いくつかの雌花の後に雄花が着き始めます。
20080622.jpg

一節目全体を拡大します。
このようになっていますが節の部分を更に拡大します。
20080623.jpg

雌花が咲くところにはツルも発生します。
ツルに栄養を奪われると実の育ちが悪くなりますので
私は雌花ができたらすぐにこの部分から出てくるツルを
もぎ取ってしまいます。
しばらくするとまたツルが出てきますので実が成熟するまで
除去作業を繰り返します。
20080624.jpg

2節目にも最初のツルが伸びてきています。
これをもぎ取ります。
20080625.jpg

4節目の雄花の先で孫ヅルを摘心し
4節目から出る曾孫ヅルを伸ばします。
20080626.jpg
状況に応じ5節目で摘心し4節目、5節目からの
曾孫ヅル2本を伸ばしても良いですし
株の勢力を見ながら調整します。
この曾孫ヅルは成長すると上述の緑のツルと
同じ成長をしますのでまた雌花が出来るわけです。
実際には子ヅル以下の孫ヅルは複数育てますから
本当にたくさんの雌花が咲くことになります。

雌花の花芽が着いても咲かないで
枯れてしまう場合にはツルが多すぎるとか
株自体の育ち方・根の張り方に対し実が多すぎるとか
何か原因や限界が影響しています。

とにかく花芽だけは確認できると思います。
他に良い方法が分からない場合にはお試しアレ。

遊んでみます。

【8月5日】

本で読んだガラスビンの中にひょうたんを作ることを
一度やってみたかったので鉢植えの千成で
やってみることにしました。

受粉間もない雌花を細いビンの口から中へ入れ
この中でひょうたんを育てます。

ビンの口の上部には雨が入らないよう
アルミホイルで傘をかけました。
20080641.jpg

ものすごく暑い日が続いていますが
この中で無事に育ってくれるのでしょうか。

鉢植え千成雌花ラッシュ。

【8月4日】

大きな鉢の千成は毎日数個雌花が咲いています。
勿論鉢栽培なのでせっかく受粉できても
育たず枯れてしまうものもたくさんあります。

この画像の中に受粉済みが5個あります。
20080401.jpg

この画像の中には成熟中4個と
受粉して間もないひょうたんが1つあります。
20080402.jpg

この画像の中に受粉済みが3個あります。
20080403.jpg

この株には他の場所にもたくさん受粉済みの
ひょうたんがあります。
やはり直径深さとも30センチ程度の鉢であれば
充分千成は育てられる模様です。
果実を小さくする目的があり親ヅルと子ヅル摘芯以外は
一切脇芽かきなどせず伸ばし放題にしています。
今の体積は直径1メートル高さ2メートル程度、
1本の支柱を中心にツルがまとまっており
まだ棚を使っていません。

綺麗にツル整理をして育てると少ないツルに
たくさんの栄養が行き渡りますので果実の大型化、
株の大(長)型化が起こると思います。

やっちゃった。

【8月3日】

効率よく実に養分を行き渡らせるために
実が着きそうにない細く弱々しいツルや
形の悪い雌花や良型が見込めなくなった
受粉数日の実はできるだけ取り除くようにしています。

今一番大きいこの実はまだヤワヤワです。
現在身長50センチ強。
私としては今まで育てたものではかなり大きい方なので
落下の事故が無いようネットで吊り上げてみました。
20080301.jpg

この株にはもう一つ実を成らせてみようと思っています。
この二つが今の候補ですが左は上の膨らみと
形が右のものより劣るのでカットします。
20080302.jpg

まだ受粉間もないのにこんなに大きいんです。
もったいない気がしますがこれを乗り越えないと
大きなひょうたんはできないのでしょうね。
20080303.jpg

毎年やってしまうのがツル整理の際のツル間違い。
今年もやってしまいました。
せっかく良い形に育った明日香美人をチョキン。
20080304.jpg
うわ?、大ショック!

中盤戦。

【8月2日】

8月に入って本格的に暑くなりました。
ひょうたんも日に日に茂っていくのが分かります。

これは1つに絞り込んだ大瓢エース。
まだ産毛がフサフサしている赤ちゃんひょうたんです。
完熟にとても時間がかかる特大ひょうたんのはずです。
着果がかなり遅いので収穫までたどり着けるか
全く自信がありません。
20080201.jpg

現在棚は中国ひょうたんが多数できています。
そろそろツルが増えすぎて受粉しても大きくならず
そのまま枯れてしまうようになってきました。
数的にはそろそろ限界なのでしょうか。
20080203.jpg

成長してきて棚にはかなりの重量がかかっています。
キュウリネットが垂れてきて悲鳴をあげています。
切れないで頑張ってくれ!
20080204.jpg

明日香美人もそろそろ落ち着いてきた感じです。
雌花はまだまだ出来ていますが美形のものが
少なくなってきて摘み取ってしまうものが大半です。
20080205.jpg

最近は1週間に一度病害虫用の薬を散布しています。
容器に別の薬で2種類作って薬に免疫のある病害虫が
発生しないよう同じ物を続けて散布しないようにしています。
20080202.jpg

絞り込み。

【8月1日】

いよいよ8月に突入しました。
今シーズンの全てはこの8月にかかっています。

比較的大型のひょうたんは実を成らせすぎると
肥大に支障が出てしまうため雌花の段階、
もしくは受粉数日様子をみて美形でないものは
取り去ってしまいます。
20080101.jpg

種で購入した大瓢エースの一株は今まで咲いた
どの雌花も上の膨らみがほとんど無く、
全ての雌花を取り去っています。
このままでは1つも実を着けることのない
残念な結果になりそうです。

棚上は日に日に茂ってきています。
現在約30%がツルで一杯になっています。
20080102.jpg

プロフィール

たぁさん

  • Author:たぁさん
  • 正しいひょうたんの作り方や加工方法なんて全く知りません。でも何とかやってます。最初の年は何故かヘチマが出来ました。ちゃんとひょうたんのタグの付いた苗を買ったのに・・・
    このブログはリンクフリーです。記事や画像の転載などもどうぞご自由に。

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。