現在の閲覧者数:
競技:ひょうたんおしくらまんじゅう   種販売店   ひょうたん販売店   Life is a Carousel  
   
03
1
2
3
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
17
18
19
23
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

未だ出てこず。

【3月29日】

芽出し箱に残ったものは自分で保管していた
数年越しの種をまいたポットだけです。
全然芽が出ずなんとも悲しい状況です。
22032901.jpg
あと1週間待って出てこなかったら
これらのポットはあきらめて千成の苗購入などで
対応したいと思います。

芽が出た株の次の作業は苗を定植までに
できるだけ立派に育ててあげることです。
22032902.jpg
定植後はしばらく苗帽子で寒さから守ります。
既に購入してあり準備は整っています。
できれば5月連休前の定植に挑戦したいと
考えています。
スポンサーサイト

定植準備完了。

【3月28日】

ものすごい寒さで作業中雪もパラつきましたが
何とか1日かけて定植準備を完了しました。

フカフカで良い土ができたと思います。
あとは苗の完成を待つばかりです。
22032801.jpg

苗はまだ双葉ですが濃い緑で元気一杯。
夜は蓋を外すことで10度程度の低い温度に保ち
茎の余分な成長も抑えられたようです。
22032802.jpg
今年種を入手した品種は全て芽吹きましたが
自分で保管していた古い種は芽吹いていません。
思い切り差が出てしまいました。
発芽率の良い優秀な種を入手することは
本当に重要だと痛感します。

まだ伸びるなあ。

【3月27日】

光を当てている苗ケースは蓋を閉じたまま
夜を越したので、夜は電気を切っていましたが
朝方も16度程度の温度でした。

昨日と比べると段違いに遅い成長ですが
茎が全体的に5ミリ程度は伸びたみたいです。
22032701.jpg
今晩からは思い切ってケースの蓋を開けて
温度を気温の10度程度に下げてみようと思います。

次々誕生

【3月26日】

産まれたての双葉は殻に包まれて陽に当たって
いなかったのでこんなに真っ白です。
これから人工の光を浴びて緑に変わっていきます。
22032601.jpg
芽吹いたものは光を当てながらそのまま発芽室で
ある程度の大きさまで育てようと思っていましたが
一昼夜で予想をはるかに超えるドエライ成長を見せ
茎が長くなってしまいました。
特に夜の間には成長が激しく、たった一晩で
3センチ程度は伸びたようです。
双葉は濃い緑なのでモヤシ状に成長した訳では
ありませんが芽が出てからは別の環境で育ててやる
必要がありそうです。

芽吹いたものは別のケースに入れて加温せず、
光を当てるだけにします。
22032602.jpg
ケース内は蛍光灯の温度で18度程度になっています。

芽が出たぞー!

【3月25日】

昨夜、植物の光合成のことを調べて屋内で
植物を育てることが出来るLEDや蛍光灯、
ナトリウムランプなどがあることを知りました。
どうやら光合成に適した波長があるらしい。
そんなこと考えたことも無かった。

ネットショップでは専用のものを販売していました。
ただ、今回は急を要するためすぐに手に入れたくて
近くの店を探し回りました。
ホームセンターの蛍光灯コーナーの隅のほうに
「植物育成用」という蛍光灯を発見!
20Wの蛍光灯を買いペットショップで水槽用の
蛍光灯器具を買い装着。やったー、完成!

衣装ケースの上に置けばこの通り!
22032502.jpg
薄い紫色の光です。これが光合成にいいのか。

とにかく間に合ってよかった。
最初真っ白だった双葉が数時間で緑に変わりました。
22032501.jpg
この蛍光灯を日照時間に合わせて点けてやれば
いい気がします。

ふ?、これで一安心と言いたいところですが
今芽が出たのは十成と中国だけです。
他の株はもう少し遅いのかもしれません。
特にミニが芽吹くか心配。
芽が出揃うまでは油断できません。

ん?これは!

【3月24日】

種をまいて3日が経ちました。
夕方ケースの中を見てみたら白いものがありました。
22032401.jpg

これは!ひょうたんの芽では?

芽が出てからのことは次の休日に考えて準備したらいいと
考えていたので焦ってしまいました。
こんなに早く芽吹くとは計算外。
全く日光の当たらない屋内で芽出しをしていますので
光合成ができずモヤシのようになってしまいます。

芽の出たポットを屋外に出すにはまだ寒すぎるし
困った?。

午後6時過ぎに気付いたので何かを買おうにも
お店が閉まってしまいます。

とりあえず当ても無くホームセンターへ急行し
何か良いものはと探し回りましたが
まったく構想が無かったために
無駄足に終わりました。

良く調べて明日仕切り直しです。
モヤシにならないで待っててー。

土づくり

【3月22日】

今日は畑作業をした余韻で体力の続く限り
ひょうたんの土づくりをしてみることにしました。

できるだけ大きく深い穴を掘り、出た土は一旦すべて
ビニールシートに取り出しました。
肥料や堆肥などを混ぜてフカフカで栄養のある土にして
穴へ戻し始めてのマルチをしてみました。

これで良いのかどうか分かりませんがビニールを
張らないよりは張った方が良い気がします。
何より雑草が生えない感じで助かります。
ハーハー言いながら大瓢エースの場所が完成です。
22032310.jpg
直径1メートル程度、深さも1メートル程度掘っています。
土の量が半端ではありません。
これ一つに1時間ほどかかってしまいました。
広さと体力の関係上これ以上耕耘スペースを確保できません。
あとはひょうたんの勢力で頑張ってもらうことにします。

そして同様に大寿の場所が完成しました。
穴のセンターが盛土とかなりずれてしまいましたが
この時点でゼーゼー息をしながら足元はフラフラでした。
体力の限界でこれ以上の作業は不可能となりました。
22032311.jpg

土の温度は12度。まだまだ低いですね。
実際の定植はまだかなり先でしょうから
それまでには温かくなって欲しいものです。
22032312.jpg

毎年大慌てで一気に作業しています。
今回は早めに何度にも分けて余裕を持って
準備していきたいと思います。
22032313.jpg

畑は少しずつ定植に向けて変わっていきます。
今年はどんなシーズンになるのでしょうか。

種まき

【3月21日 その3】

温度コントローラ試運転後、数時間が経過しました。
気温が28度に保たれることが確認でき、
いつでも種まき出来る状態になりました。

夜中でしたが明日まで待ちきれずに
種をまいてしまいました。

昨年は芽出しにパーライトを使いましたが
白い土から芽を出した様子に違和感があり
何となくいつもの感動が無かった気がします。
茶色い土から顔を出す芽を見てみたいため
雑菌の繁殖が心配ですが今年は購入した芽出し用の
茶色い普通の土を使って芽出しすることにしました。
22032301.jpg

種子消毒して種をまきタグを立てます。
灌水して準備完了。ケースに配置します。
22032302.jpg

蓋を閉じてじっと待つこと数時間。
ケースの中の温度が上昇していきます。
22032303.jpg
※ ケースの隙間はスポンジでふさいであります。

やがて、気温は28度に達しました。
22032304.jpg

ポットの土に刺した温度計も28度になりました。
22032305.jpg

種に問題がなければ1週間程度で発芽が見られるはずです。
うまくいきますように。

発芽の温度管理。

【3月21日 その2】

昨年の芽出し作業の失敗はかなりの痛手でした。
最後まで芽が出てこない品種もあり予定の品種を
育てることができないシーズンになってしまいました。

自然の温度に頼っていると失敗時に再種まきで
もう一度苗を苗を作るのにも長い時間を要します。
芽出し作業を衣装ケースで行うのは今年も同じですが
この芽出し作業だけは早期に確実に成功させたい
重要な工程なので温度制御をすることにしました。

ケースには5センチほど水を入れ網を使って
苗ポットはその上に配置します。
ケース内の気温が28度になるように調整します。

温度管理には水槽用の温度コントローラを使います。
今日届いたばかりです。早速試運転。
22032201.jpg

ヒーターが入り温度が上がっていきます。
22032202.jpg

現在空気温度は18度。
さてさて、どうなるでしょう。
22032203.jpg
数時間後が楽しみです。

堆肥などを入手

【3月21日】

桜情報が聞かれるようになりました。
今日は春分の日。
午後から晴れたので買出しに出かけました。

土づくりに使う鶏糞や堆肥などを購入しました。
これらの材料と手持ちの肥料などを組み合わせて
準備をしようと思います。
22032101.jpg

かなり余っている手持ちのものを使えそうなので
今年はこれらの購入だけで済みました。
22032102.jpg

例年だと定植はゴールデンウィーク後ですが
毎年あわててすべての株の土の準備をするので大変です。
今年は早めに少しずつ準備していこうと思います。

種まき間近

【3月20日】

育てたい品種の種が揃い今は芽出し設備の準備を
進めているところです。

今日は苗ポットに付けるタグを準備しました。
毎年油性マジックで書いても定植時期には
字が消えて何の苗か分からなくなるので
ラベルメーカーでシールを作って貼りました。
22032001.jpg
こんな作業でも例年より手間をかけて綺麗にすると
少しレベルアップしたような気持ちになります。

よーし、今年はいつもより少しだけ丁寧にやろう。

種が揃いました。

【3月16日】

不足していた種が入手でき、
今年育てたい品種の種が全て揃いました。
22031601.jpg
芽出しの保温環境が整ったら種を撒きたいと思います。
3月末までには撒こうと考えています。

今年の栽培は下記の品種を予定しています。
? 大瓢エース
? 大寿
? 十成
? 中国
? 千成
? ミニ
欲張りすぎですね。

そろそろ種準備

【3月4日】

もう少しで桜の季節がやってきます。
ひょうたんの種まきの季節でもあります。

そろそろ何を栽培するか決めなければいけません。
今年は昨年大失敗したミニひょうたんを成功させたい。
去年用に入手した種は余っているけれど
あんな結果では使う気にはなりません。
完全な雑種になっていました。

今年は手持ちの乾燥ひょうたんを割って採った種で
栽培してみようと思います。

形が良いこれは振るとカラカラ音がしていて
完熟した種が入っていそうな気配。
良く見ると頭にひびが入っていて丁度良い。
割るのは惜しくありません。
22030401.jpg

ええい、バリッ。
22030402.jpg
かき出すと13個の種が入っていました。
今年のミニはこれに賭けてみます。
発芽するといいなー。

その他育てたい品種の種に不足品がありますので
手配して揃えたいと思います。
22030403.jpg
手持ちの種は古いものが多いので発芽するか
分かりません。まずは苗作りが難関です。

プロフィール

たぁさん

  • Author:たぁさん
  • 正しいひょうたんの作り方や加工方法なんて全く知りません。でも何とかやってます。最初の年は何故かヘチマが出来ました。ちゃんとひょうたんのタグの付いた苗を買ったのに・・・
    このブログはリンクフリーです。記事や画像の転載などもどうぞご自由に。

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。