現在の閲覧者数:
競技:ひょうたんおしくらまんじゅう   種販売店   ひょうたん販売店   Life is a Carousel  
   
08
1
2
3
5
6
7
8
10
12
14
16
17
18
19
20
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

余韻

【8月31日】

8月も今日で終わりです。

ですが、まだ夏本番のような暑い毎日が続いています。
こんな夏、今までにあったでしょうか?

既に栽培を終了した棚では雨も降らず散水もせず
厳しい状態の中で千成が一株だけ生き延びています。

最近も少し実を着けたようです。
22083101.jpg

緑が残っているのはこの周辺だけ。
他の場所はツルの撤去を待つばかりの状態です。
22083102.jpg

今年は何度かウリキンウワバの幼虫が大発生しましたが
小まめな薬剤散布により被害は最小限にできました。

ジャンボひょうたんに関してはまだ育て方のコツが
全然つかめておらずまともに収穫に至っていませんが
中型以下のひょうたんでは、やっと悩むことなく
収穫までスムースに栽培が行えるようになりました。

来年の課題はやはりジャンボひょうたんの収穫ですね。
スポンサーサイト

収穫です!

【8月21日】

完熟を目指してしばらく放置していましたが
株の勢いも無くなりそろそろ収穫して良さそうです。

このような状態でしたが一気に刈り取りを行いました。
22082101.jpg

今年の収穫はこれが最初で最後です。
少数精鋭で良い形を揃えることが出来た気がします。
22082102.jpg
十成ひょうたんの形が今年は特に気に入ったので
是非来年も育ててみようと思います。

ひょうたんの実が無くなった棚はスッキリ。
いつ台風が来ても大丈夫です。
22082103.jpg

棚の後方には完熟していないひょうたんが数個だけ
ぶら下がっています。
もう株の力が無くなっているので完熟できないで
腐ってしぼんでしまうと思います。
22082104.jpg

収穫数が少ないので穴あけ・水漬けも楽な作業でした。
今回は灯油缶ケース2個に全てが収まりました。
腐敗進行のためスコップ一杯山盛りの土を入れて
落し蓋をしてケースを閉めてから背面に開けた
小さな穴を通し水を注入しました。
22082105.jpg
約1ヶ月寝かせて種出しをします。
残暑が厳しいらしいので腐敗が早そうで助かります。

しばらくは、じっと我慢の1ヶ月です。
次の作業は9月末の予定です。

大瓢エース腐る

【8月15日】

以前、大瓢エースの底が腐るということで
早期にダコニールを塗って手当てをしたのですが
既に腐敗はひょうたん内部に進行していたようです。

どうやら内部から腐って外殻にしみてきたようです。
22081501.jpg
完熟できていない個体ですから殻が柔らかく
このひょうたんは収穫できなくなりました。

身長45センチの小さな大瓢エースなので
この個体を収穫できないのはかまわないのですが
一生懸命育てたこの株からは結局この腐る現象で
1果も収穫できませんでした。病気なのかな?
今の私の知識量では答えは分かりません。

この3年間大瓢エースを育てていて収穫できたのは
たったの1果。
思い返せば大瓢エースは毎年ネットに腐る合図の
茶色い液が垂れていた気がします。
うん?、この品種繊細すぎて自分には無理かも。

来年は別の品種を入手しようかな。

ひょうたんは秋の気配

【8月13日】

夏真っ盛りで猛暑が続いていますが
ひょうたん棚は秋の気配です。
葉がどんどん枯れてきました。

これは地球温暖化の影響なのでしょうか、
普通に8月で株の寿命が尽きてしまうなんて。
今年のひょうたんは早熟、短命でした。
22081301.jpg
でも台風も発生していますしこれからの台風時期に
直撃を心配しながらビクビク育てているよりは
早期に終了して安心ということでしょうか。
これが早期から株作りをした効果なのかな?

今年は今までにないほど厳しい摘果を行い
良いものだけに絞り込むことができました。
受粉したひょうたんの90%は摘果したと思います。
この量なら何とかひょうたん部屋に入るはず。

これ以上これから受粉して育ってくるひょうたんは
無いと思われますのでこの画像の状態が今年の棚の
最終状況になる模様です。
22081302.jpg
さあ、あとは完熟のためしばらくぶら下げたら
収穫を待つばかりです。

今年も早く水に漬けて種出しできるよう考えています。

止めを刺しに来た?

【8月11日】

勢力が全く無くなった株の息の根を止めようと
ウリキンウワバが大繁殖です。
22081101.jpg

過去には数日放っておいたら全ての葉を食い尽くされ
全滅してしまった経験があります。
終わりが近いとは言え薬を散布しました。
22081102.jpg
病気や害虫を上手に乗り越えなければ
良い瓢箪はできません。
考えれば考えるほど奥が深いひょうたん栽培です。

茎の計測

【8月9日】

毎年、茎の太さの計測を楽しみにしています。
ひょうたんの実の大きさ計測とはまた違った楽しみです。

さてさて今年はどれくらいになったかな?

今回はジャンボ太閤の茎が大瓢エースより太いので
ジャンボ太閤の茎を計ります。

おお、なかなか太いのう。
22080901.jpg

おっ、4センチを超えている。
今までで一番太いかもしれません。
早期に1果に出来れば大きいひょうたんを
作ることが出来たのかもしれません。
22080902.jpg
本当にジャンボひょうたんを作るのは難しいです。
まだまだ経験値が不足しています。
出来るだけ早くコツをつかみたいものです。

棚上の茎の太さもかなりのものでした。
2センチを超えています。
22080903.jpg
いつかジャンボひょうたんをこの手に!

最終段階

【8月4日】

8月に入ったばかりだというのにひょうたんは
目立った成長をすることも無くなり完熟待ちの段階です。
初期に受粉したものは既に完熟していますが一度に
効率よく作業したいので収穫せずにぶら下げてあります。
22080401.jpg
今年は数がかなり少ないので種出しなどの作業が
短時間で楽に行えそうです。

予定としては8月一杯はこのままで完熟を目指します。
9月に入ったら、もしくは台風が来そうになったら
いっきに収穫を行おうと思います。
22080402.jpg
昨年台風で壊れかけた棚ですが補修により
今年も立派に使うことが出来ました。
なんだか来年もこのまま使えるような気がしてきました。

プロフィール

たぁさん

  • Author:たぁさん
  • 正しいひょうたんの作り方や加工方法なんて全く知りません。でも何とかやってます。最初の年は何故かヘチマが出来ました。ちゃんとひょうたんのタグの付いた苗を買ったのに・・・
    このブログはリンクフリーです。記事や画像の転載などもどうぞご自由に。

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。