現在の閲覧者数:
競技:ひょうたんおしくらまんじゅう   種販売店   ひょうたん販売店   Life is a Carousel  
   
09
1
3
5
7
8
10
11
12
13
15
16
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本当に最後の収穫。

【9月20日】

いよいよ本当に最後の収穫です。
前回収穫後、予定外にこれだけのひょうたんが
完熟に至りました。特に千成が頑張ってくれました。
22092001.jpg

早速穴あけをして水漬けに入ります。
最近は鉄工ドリルではなく木工ドリルを使っています。
22092002.jpg
鉄工ドリルだと小さな穴を開けてだんだんドリルを
太くしなければ穴の周囲が欠けてしまう恐れがあります。
木工ドリルなら大きな穴が一発で綺麗に開けられます。

こんな感じでガンガン作業を進めていきます。


1時間で水漬けまで完了しました。
これを種出しするのはいつになるかな。
急ぎもしないし年をまたぐかもしれません。

次の収穫は来シーズンです。
今から待ち遠しいですね。
スポンサーサイト

一連の流れ

【9月19日】

水漬けして腐ったひょうたんが出来上がってから
アク抜きの水漬けになるまでの過程を画像で紹介します。

まず、充分寝かせた水漬けひょうたんの箱を
しばらくぶりに開けてみます。

刺激が強いですが画像を表示します。
発生したドロドロが水面に浮いています。
今回はいませんでしたが色々な虫が
大発生しているともあります。
22091901.jpg

まず皮むきを行います。
皮むき作業は簡単でツルリとむけますので
一瞬の作業です。

千成の皮むきを動画で撮ってみました。
こんな感じにやっています。


虫食いなどの跡があって綺麗にむけない箇所は
このように土をつけてこすれば簡単に綺麗になります。
22091902.jpg

土で真っ黒になっても洗うとすぐに落ちますので
何の心配もありません。
22091903.jpg

全部のひょうたんの皮をむいたら次に種出し作業を行います。
内部の種の量に大きく左右されますが出来るだけ
大きな穴を開けるようにしていれば1個の
ひょうたんに掛かる種出し時間は平均1?3分です。




親指でカシャカシャやり続けますので指が疲れますが
部屋の中で種を振り出そうと頑張って腕を痛くしながら
ピンセット併用で作業して1個に1時間くらい費やして
嫌になっていた昔に比べれば夢のように楽な作業です。

腐れ水を浴びますので長靴にカッパ上下、長手袋着用で
作業後は即、洗濯と入浴がセットです。

種出しが終わったら再度容器に綺麗な水を入れて
ひょうたん内部にも水を入れます。
22091904.jpg

数が多いと水入れに時間が掛かるので
私は灯油ポンプを改造したものを使っています。
22091905.jpg

全部沈めて水を満タンにしたら完了です。
22091906.jpg

今日は半日で作業を終えることが出来ました。
22091907.jpg
これを2週間?1ヶ月程度寝かせて水を交換します。
この作業を3?4回すると臭いが全くしなくなります。

※ アク抜きの水も時間が経つと腐ってしまいます。
  作業できなくて長期放置せざるを得ない場合を想定して
  私はアク抜きの水を張るときにお風呂の水を
  取りおくときに使用する雑菌の繁殖を防ぐための
  錠剤を灯油缶ケース1個に対し2錠入れています。
  これでかなりの期間放置しても水が腐らず
  虫が湧くこともありません。
  臭いも早く無くなるようです。
  ただ、水に錠剤を溶かしきってからひょうたんを
  入れないと錠剤が触れた部分が変色することがあります。
  後にひょうたん水筒などにする場合には使用しない方が
  良いのかもしれません。

また持って行きました。

【9月18日】

9月2日の記事でお土産に持って行ったひょうたんが
結構評判が良く話が盛り上がりました。
喜んでもらえて作った自分もとても嬉しかったので
今日訪ねたところにもサッと作って持って行きました。

やはり手馴れたもので10分程で完成しました。
22091701.jpg

人にあげるので殻の厚い頑丈なひょうたんを選びました。
22091702.jpg
ご夫婦に渡してすぐに奥さんが手を滑らせて
コンクリートの床に落として焦っていましたが大丈夫。
頑丈なものを選んで正解、全くの無傷でした。

今回もひょうたんは縁起物だと喜んでもらえました。
自分で作ったひょうたんをプレゼントするのって
なかなか楽しいものですね。
クセになりそうです。

ひょうたんが落ちてきた。

【9月17日】

強風や強い雨、日照りに繰り返しさらされて
ひょうたんが枯れたツルをつけたまま地面まで
ズリズリ?っと落ちてきていました。

ウリハムシに食べられていたあのひょうたんです。
とりあえず殻は白く硬くなっていますが
指で弾くと殻がとても薄いのが分かります。
壊れてしまいそうだなー。
22091601.jpg
水漬けするかどうか悩むところですが
とりあえず今年最後の追加収穫までここで
待機してもらうことにしました。

最後の千成は勢いは弱くなりましたが
まだ枯れずに頑張っています。
22091602.jpg
なかなか粘り強い千成です。

箱が壊れた!

【9月14日】

畑から10メートル程の距離に駐車場があります。
ここ数日、なんか臭い。
ひょうたんの臭いがします。

久しぶりに畑に行って水漬け中の箱を見ると
お?、水圧で箱が壊れている!
外枠が折れて5角形になりフタが外れていました。

あわてて緊急補強をして再度密閉しました。
崩壊したらひょうたんが壊れていたと思います。
助かりました。不幸中の幸いです。
22091401.jpg
それにしてもすごい臭いでした。
水面に浮いているひょうたんは無く既に充分水を吸って
沈んでいるようでした。
予想より早いですがもう腐敗は充分かもしれません。

今週末は3連休です。
種出し、しちゃおうかなあ。

台風が去り

【9月9日】

台風が進路を変えてやってくるとは思いませんでした。
例年なら頭を抱えて大パニックです。

でも大丈夫。今年は既に収穫が終わっていたので
何の影響もありませんでした。
逆にこれで少し涼しくなれば畑に行く気にもなります。

さて現在の様子はと言いますと荒野のような畑の棚に
枯れた葉だけがぶらさがっている感じです。

ただ、一株だけ千成が緑色で頑張っています。
全く面倒を見ていませんので今や野良ひょうたんです。
22090901.jpg


この野良ひょうたんは今なおツルの先端付近で
花を咲かせてはたまにポロッと実を着けています。
この厳しい夏を水やり無しで乗り切り今回の台風も
無事に乗り越えた野生児です。
22090902.jpg
この株が完全に枯れた後にツルの撤去を行います。
充分涼しくなってから、10月中くらいでしょうか。

生まれて一番暑かった今年の夏がやっと終わります。

水足し

【9月6日】

種出しの為に水に漬けてあるひょうたんの入れ物に
水を継ぎ足しました。

かなりの量が入りましたので蒸発の他にひょうたんの
内部にも水が浸透して入っているのかもしれません。
22090401.jpg
ケースから溢れてくる水はあの臭いを発しています。
中では腐敗が進行してきているようです。

楽に種出しするために充分に腐敗させるので
予定通り9月終盤まではケースは開けません。

9月末には毒々しい色をした腐敗のドロドロや
謎の生物大発生でホラー映画に出てくるような
絶対に公開できない刺激の強い恐怖の映像が
このケースの中に作り上げられます。

それまで、またしばらく休憩。

ウリハムシ

【9月4日】

畑ではひょうたんを育てている棚の下でカボチャや
ジャガイモなどを植えていました。それらの作物も
収穫を終わり食料がなくなったからでしょうか
ウリハムシがひょうたんの実を食べ始めました。

ひょうたんの葉は棚に届く前くらいの成長期に
ウリハムシにやられます。が、実を食べているのは
初めて見たような気がします。
完熟しないひょうたんなので放っておきますが
バリバリ食べられると何だか腹が立ってきます。
でもさすがに表皮しか食べられないんですね。
22090201.jpg

食べられまくっていますが良い形してますね。
もう少し硬くなったら一応収穫してみようかな。
22090202.jpg

このひょうたん、何だったかなあ。

持って行こう

【9月2日】

今日の午後に会いに行くお宅に小さなひょうたんを
持って行くことにしました。

話の種にでもなればいいなと思って。

手持ちのひょうたんから邪魔にならない大きさで
万人好みしそうな形を選びお尻に穴を開けて
紐を通し鈴を付ける一番簡単な仕上げをしました。
材料はたくさん手持ちで保管してあるので
穴開けから完成までたったの10分でした。
220902001.jpg

まあ、シンプルで良いですよね。
時間が経てばひょうたんが日に焼けて
褐色の良い色になってきます。
220902002.jpg
自分で言うのも変ですが何か少し下手な感じが
手作りって感じで良い味が出てる気がします。

プロフィール

たぁさん

  • Author:たぁさん
  • 正しいひょうたんの作り方や加工方法なんて全く知りません。でも何とかやってます。最初の年は何故かヘチマが出来ました。ちゃんとひょうたんのタグの付いた苗を買ったのに・・・
    このブログはリンクフリーです。記事や画像の転載などもどうぞご自由に。

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。