現在の閲覧者数:
競技:ひょうたんおしくらまんじゅう   種販売店   ひょうたん販売店   Life is a Carousel  
   
11
1
2
4
5
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
22
23
24
25
26
27
28
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユザワヤへ

【11月29日】

プレゼントすると意外と喜ばれるこの加工品。
22112901.jpg
材料の紐と鈴の手持ちが無くなったので
いつもの手芸店、津田沼のユザワヤへ行ってきました。
行く度に規模が縮小されていて驚きます。
そのうち無くなってしまいそう。

この紐がとても綺麗です。
1本の紐なのに色が変化していくのが良いです。
ラメも入っていて鮮やかです。
ばら売りで1本100円が8本で500円のお得なパック。
22112902.jpg


鈴は小ぶりなタイプを選びました。
隣にはベルがありましたがひょうたんには
やはり和風な鈴が似合いますね。
22112903.jpg

これでまたたくさん作ってプレゼントしようっと。
スポンサーサイト

安田ひょうたん店

【11月21日】

岐阜県の養老公園入り口近くにひょうたん専門店である
安田ひょうたん店があります。

行ってきたので少しだけ写真をアップしてみます。

養老の滝見物に行く車で渋滞の交差点を曲がろうとすると
お店が見えてきます。
22112401.jpg

店の正面に来ると「さすが専門店!」と言う店構え!
22112402.jpg

孝行息子が養老の滝で水を汲むのに使ったのが
ひょうたんだったとか。
それでこの辺がひょうたんで有名になったらしい。
22112403.jpg

いやあ、所狭しと数々のひょうたんが飾ってあります。
22112404.jpg

お店の中はひょうたんパラダイス。
写真は遠慮しましたがひょうたん好きには
是非一度訪れて欲しいおすすめのお店。
お笑いコンビ、バッファロー吾郎の竹若さんが
年を重ねたような雰囲気のご主人はとても感じが良く
人見知りの私でも楽しく話を聞くことが出来ました。
22112405.jpg

いやあ、あっと言う間に40分も経ってしまいました。
来てみてよかった!
22112406.jpg

とにかくすごいスケールで驚きました。
色々な加工品も見事でした。
22112407.jpg

そうそう、これだけはあまりの驚きで
お店の中で写真を撮らせてもらいました。
アングルがイマイチになりましたが大瓢エースです。
何と胴回り158センチ(だったと思います。)
(とにかく150センチオーバーでした。)
化け物級の大きさでした。
大きさはドラム缶くらいありました。
写真でうまく伝わらないのが残念です。
是非訪れて現物を見てみてください!
22112408.jpg

ビックリのひょうたん探訪の旅でした。

乾燥できました!

【11月7日】

今年収穫のひょうたんの乾燥が終わりました。

早速取り込みを行います。収穫みたいな気分です。
22110701.jpg

中型以下のひょうたんはこれだけ。
ひょうたん置場となっている部屋に余裕で入る量です。
22110702.jpg
厳しい選定をして数を絞りましたが色々な作業を
自分一人だけで行うにはこれくらいが疲れることなく
丁度良い量であることが分かりました。
来年からもこれくらいに調整していこうと思います。

大きなひょうたんは保管に困るので
今はビニール屋根の下に置き、
しばらく紫外線に当てておこうと思います。
春までにどれくらい変色するでしょうか。
22110703.jpg

これで今年の作業は乾燥まで全て終了しました。
充実したシーズンでした。
来年は何の品種を育てようかな。

久しぶりの柿渋

【11月6日】

先日、茂っていたトマトの株を撤去しました。
ビニールで屋根を付けていたのでこの下は
雨が降っても濡れることはありません。

何も使わずにこのスペースを放っておくのも
もったいないので柿渋塗装の場所として
しばらく使ってみることにしました。
22110601.jpg

先日の台風でも壊れることはなかったので
柿渋ひょうたんには紫外線を浴びながら
ここで冬を越してもらおうと思っています。
22110602.jpg
使ってみると雨を気にせずに塗装を進められる、
なかなか快適なスペースです。

いい調子!

【11月3日】

天気は予想よりも良い方向に変化しています。
考えていたより早く乾くかもしれません。

小さなひょうたんは光の当たる側が乾いて
真っ白くなってきました。
22110301.jpg
この後、全てのひょうたんを180度回転させて
ムラ無く乾燥するようにしました。

大きなひょうたんは水を吸っていて、
まだまだ重?い状態です。

ひょうたんはある程度乾いてくると雨が降る程度では
表面が濡れるだけで水漬けしていた時のように
内部まで水分が深く浸透することはありません。
また晴れれば表面はすぐに再度乾燥します。

朝ツユに濡れては乾き、雨に濡れては乾き、
そうして少しずつ完全乾燥へと近づいていきます。

プロフィール

たぁさん

  • Author:たぁさん
  • 正しいひょうたんの作り方や加工方法なんて全く知りません。でも何とかやってます。最初の年は何故かヘチマが出来ました。ちゃんとひょうたんのタグの付いた苗を買ったのに・・・
    このブログはリンクフリーです。記事や画像の転載などもどうぞご自由に。

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。