現在の閲覧者数:
競技:ひょうたんおしくらまんじゅう   種販売店   ひょうたん販売店   Life is a Carousel  
   
04
1
2
4
6
7
8
9
12
13
14
15
16
18
20
21
22
23
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

屋外に出しました。

【4月25日】

家の中で大切に育てていた苗たち。
ゴールデンウィークには定植したいと思います。

まずは外気に馴染ませる為、苗帽子をつけて
日光の良く当たる庭に置いて様子を見ます。
23042601.jpg
半日ほど暑さでクタ~っとなっていましたが
夕方には慣れたようでシャキッと復活しました。

毎年苗を多く作りすぎて結局捨てるのが勿体無くて
狭い感覚で植えてしまったりするので
今年はスペアがないようにしました。

いよいよ定植時期が近くなりました。
失敗は許されないぞー。
スポンサーサイト

ドラム缶での薫炭作戦失敗!

【4月24日】

いやー、びびったな。
種火があんなに力強く燃えるなんて。

ドラム缶に設置した薫炭器の短い煙突から
炎がゴーゴー出て焦っちゃった。
恐くて籾殻をすぐに大量投入してしまったのがまずかった。
しばらくくすぶってたけど結局籾殻は薫炭にはならなかった。
籾殻が少し黒くなったので追加投入して鎮火してしまった。
初めての経験なので難しいなあ。

ゴールデンウィークには2度目の挑戦をしようと思う。
煙が大量に出るのは厄介だ。

これが寒気か?

【4月19日】

少し寒さが逆戻りして冷え込んでいます。
これが予想していた寒気でしょうか?
もっと寒くなる時が来ると思っていたのですが
判定するのには微妙な寒さです。

先日、定植場所の深い部分をスコップで掘り返した時に
ヘロヘロになり、この広さを掘ったり埋めたり
細かく土を砕いたりをずっとスコップ一つで
やらなければいけないことを考えて気が遠くなりました。
耕す範囲も小さく年1回のことですが思い切って
中古でリョービ製の一番小さな耕耘機を購入しました。

ついに入手した小さなエンジン耕耘機は
初めての私にとっては恐いくらい充分なパワーで
楽々と土をフカフカにして耕耘することができました。
肥料も簡単に混ぜ込められるし専用機械の能力は凄い!
本当に買って良かった!

そんなこんなで綺麗に耕しましたが畝立機は無いので
耕耘以降は手仕上げです。
土の盛りが足りないです。技術も足りないです。
とっても難しかった。

乾燥時には水をあげられるように昔使ったことのある
浸透チューブを持っているのを思い出し埋め込みました。
何とかマルチを張ってあとは苗の定植を待つばかり。
23041901.jpg

今まででは一番良い状態に仕上がっています。

ゴールデンウィークの頃には暖かくなって欲しいですね。

本葉が出てきた。

【4月17日】

外気はかなり暖かくなってきたようですが
もう一度寒くなると考えて用心しています。
苗はまだ家の中で蛍光灯で育てています。

葉は青々として見た感じは元気一杯です。
本葉ができて次の葉も小さく準備されています。
23041701.jpg

昨年、夢だったゴールデンウィーク前の定植を無理やり
果たしましたので今年は慎重に一番良いと思われる時期を
見計らって定植しようと考えています。
勝手に来ると考えている寒気が去った時が
定植の時と予想しています。

発芽しています。

【4月11日】

やはり温度管理して発芽させると確実で素晴らしい!
気温や天候に左右されて苗が揃えられなかったりした
数年前を考えると格段の進歩です。
技術革新だなあ。

ほとんど発芽は完了し今は室内で程良いサイズまで
大きくしようと育てています。
昨年は育苗箱も温度を上げて育てていましたが
茎が育ちすぎて良くなかったので
今回は自然な室温で育てています。
多分常に10度~20度程度の範囲にあると思います。

窓のシャッターを下ろした暗い仕事部屋にあるので
もやし状態にならないように日中に相当する昼間の
12時間はタイマーを仕掛けて植物育成用の蛍光灯を
1本点灯して光合成をさせています。

今のところうまく育っているようです。
23041101.jpg

もう少し時間が経って気温が安定したら
苗帽子に入れて屋外で育てようと思っています。

畑を耕す

【4月10日】

重い腰をあげて畑にスコップを入れるときが来た。
あと1ヶ月もしたら間違いなく定植だから。

今年は少しだけ位置をずらして棚の下に
定植場所を作ることにした。

いつもは丸い穴を深く掘って手抜きしていたが
今年は130センチ幅のマルチで囲える幅の
長い形で耕すことにした。
全部のひょうたんでこの一つのマルチでやっちゃおうと
またこれが別の手抜きなのです。
ついつい手抜きしちゃってダメだなあ。
23041001.jpg

とりあえず今日は深いところを天地返しして
1週間たったら上に畝を作ろうと思います。

これだけ掘り返したらもうクタクタ。
この範囲は柔らかくしますがその外側は
固いけどご自由にお使い下さいの状態です。
ひょうたんの根の自由に任せます。

自然が作り出した模様

【4月5日】

昨年の収穫後、屋外のビニール屋根の小屋に
ひょうたんを日焼けさせる為放置しておきました。

ある日の強風により屋根が壊れてひょうたんが
雨ざらしになっているのを黙認していました。
家の中にはもう置くところがないから・・・。

久しぶりに見てみるとひょうたんに何やら模様が。

きっと雨による濡れと乾燥を繰り返したことで
こんな縞模様が出てきたのだと思います。
23040401.jpg

画像では何だか薄汚い感じにも見えますが
実際には綺麗な感じです。
勿論濡れているわけではなく完全に乾燥しています。
23040402.jpg

予想していなかった模様付けができてビックリです。

今年は少なく

【4月3日】

さて、いつ芽出ししようかと迷っていましたが
いよいよ始めることにしました。

昨年は早く定植しすぎて何と雪が降るという大失敗。
今年は少し育てるのを遅くしてみます。

そしてひょうたん置場となっていた部屋が別の
用途に使うことになりいよいよひょうたんの
置場が無くなってしまいましたので
今年は少しだけ収穫するように品種を決めました。
23040301.jpg

まず、1株で1個取れるかどうかの大瓢エース。
これを2株やります。

そして昨年1株に数個しか出来なかった十成。
これを今年は更に選定してほんの少しだけ収穫します。
これも2株やります。

最後にミニひょうたん。
これは小さいので4株位やります。

あとはスペアといつもの伊藤さんに届ける苗。

とにかく今年は数を絞ります。
大好きな千成もたくさん出来るので今年は我慢します。
23040302.jpg

新しい置き場所を確保するか在庫を放出しなければ
どうしようもなくなってしまいました。
困ったなあ。

プロフィール

たぁさん

  • Author:たぁさん
  • 正しいひょうたんの作り方や加工方法なんて全く知りません。でも何とかやってます。最初の年は何故かヘチマが出来ました。ちゃんとひょうたんのタグの付いた苗を買ったのに・・・
    このブログはリンクフリーです。記事や画像の転載などもどうぞご自由に。

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。