現在の閲覧者数:
競技:ひょうたんおしくらまんじゅう   種販売店   ひょうたん販売店   Life is a Carousel  
   
07
1
4
5
6
8
9
10
11
12
13
14
16
17
20
21
22
24
25
26
27
29
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

終焉近し。

【7月31日】

昨年もですが温暖化の影響が顕著なのか、
はたまた栽培技術が向上して早期栽培が出来るように
なっているのか最近は栽培の終わりが
8月初旬になるようです。
昔は9月末程度に最後の収穫があって
秋を感じていたのですが・・・。
台風の影響を回避できて嬉しい気持ちと
早く終わるので少し寂しい感覚が複雑に交差します。

現在の様子、既に棚の前方は枯れ上がってきました。
23073101.jpg

実を着けられなかった大瓢エース、
幹はそこそこ太くなったのですが残念です。
23073102.jpg

大型ひょうたんは棚の面積も占有率が高いので
うまく収穫にたどり着けない状態が続き
来年以降はどうすべきか迷ってしまいます。
スポンサーサイト

十成終了か。

【7月30日】

十成はまだ雌花をたくさん咲かせていますが
成長させても形が崩れて良い形が出来なくなりました。
全て切り取って処分しています。
今年の十成はこれで終わりでしょうか。

結局、昨年と同じく1株に6個程度しか
良い形は出来ませんでした。

この株で6個。
23073001.jpg

そしてこの株でも6個。
23073002.jpg

十成ひょうたんとは上手く名前を付けたものです。
我が家では正確には六成ひょうたんですね。

ミニ最盛期

【7月28日】

今年はミニひょうたんがうまくいっています。

今、最盛期。たくさんの花を咲かせています。
雌花はそこそこ大きく膨らんできました。
この辺で成長が止まってくれるといいのですが。
23072801.jpg

ここまでいくとお尻が少し大きいかな。
23072802.jpg

ポロポロできてきていて良い光景です。
やっぱり地植えで棚で作るとたくさん収穫できます。
23072803.jpg

プランターも花は咲いていますが地植えほど
たくさんの雌花はできません。
23072804.jpg

形も少し悪いものが多い感じです。
23072805.jpg

今年はミニがとても楽しいので良い種が採れたら
来年はミニ中心でも良いかもしれません。
思い切ってミニだけなんてことも・・・。

ミニひょうたん

【7月23日】

雌花が咲き始めたミニひょうたんは無事受粉し
膨らみ始めています。

少し太めですがなかなかのプロポーション。
今年は期待できそうです。
23072201.jpg

このひょうたんに限っては小さく育てたいので
脇芽は摘まずに育てます。
22072202.jpg

プランター仕立てはうまく行っています。
台風時には小屋に入れて避難しました。
移動できて便利です。
22072203.jpg

葉は育ってもこの程度の大きさです。
22072204.jpg

できるだけ小さなひょうたんを収穫したいものです。
記録を更新できるか今年はこの先が楽しみです。

間違っていなかった!

【7月19日】

ダメかと思ってあきらめかけましたが
ミニひょうたんが一斉に雌花を着け始めました!

雌花を作る為の方法が間違っていなかったので
ホッとしました。

小さくて可愛い雌花です。
節にニョキッとツルなしでいきなり出来るのが特徴です。
23071901.jpg

このひょうたんは他の品種とは性質が違い
昼間に開花するので自然の受粉に任せるか
夕方早いときに人工授粉してあげなければ
交雑してしまう可能性が大きくなります。
23071902.jpg
小さく育てばいいなあ。

プランターでも雌花が出来ました。
23071903.jpg
ずんぐりむっくりですね。
今後に期待です。

美形ちらほら

【7月18日】

今年の十成は昨年のひょうたんから採れた種を使ったので
交雑してしまったのかクビレが強く上の膨らみの小さな
中国ひょうたんのような形が育っていたのですが
少数ですが良い形に育つものが出てきました。

クビレが細すぎず上の玉がパンパンに大きいのが特徴です。
美しすぎます。この形は芸術だ!
23071801.jpg

ところで大瓢エースは変わらず美形がありません。
全部切り取っていてまだ一つも育てていません。
そろそろ時間切れです。
23071802.jpg
幹の太さも現状直径3センチほど。
大果は期待できません。今年も失敗です。
特大ひょうたんは難しい。
相変わらずコツがつかめません。

苦戦です!

【7月15日】

雌花は咲いてひょうたんはたくさんぶら下がってきます。
ですが、形がダメです。
毎日バッサバッサと摘果しまくっています。
十成も大瓢エースもダメです。

十成は何だか中国ひょうたんみたいです。
去年混ざっちゃったかな。
クビレが強すぎます。
上の膨らみももう少しあった方が良いなぁ。
23071501.jpg
大瓢エースは育てて見ようと思う形が現れません。
全て切り取っています。今年もダメかもしれません。

そしてこれまた困っているのがミニひょうたん。
畑のもプランターのも未だに1個も雌花ができません。
何でだろう?孫や曾孫ヅルも出したのにダメです。
以前育てたときはこんなに苦戦しなかったと思ったけど。
23071502.jpg
何が悪いのか分かりません。
もう少し気長に見守るしかありません。

容赦なき摘果!

【7月7日】

たくさんひょうたんが出来ても収容場所がない為、
近年厳しい摘果を行っています。

今年は収穫できるのは1個でも2個でも良いから
良い形のものを作りたいと言う職人の境地です。

大きくなりかけているひょうたんはどれも上の
膨らみが足りなかったりクビレが無かったりと
このまま見過ごすわけにはいけません。
特に十成は後方に出来ている雌花の形が良いので
今あるものは容赦なく摘果しました。
23070701.jpg

花が咲く前から形の悪いものもありますし
雌花の形は良いのに成長すると形が悪くなったり
することもあります。
なかなか難しくて面白いですね。

雌花ラッシュ?

【7月3日】

とうとうその時がやってきたのか雌花ラッシュ!

たくさんの雌花が一斉に咲きました。
雄花の数も充分で人工授粉することが出来ました。
23070301.jpg
夕方5時には咲いていました。
まだ明るい時間なのにこんなに早く咲くんですね。

一歩先に咲いた十成の雌花は膨らみ始めました。
やはり十成は良い形の雌花が多い気がします。
去年のひょうたんから採った種を使いましたが
もともとの種の血統が良かったのかもしれません。
23070302.jpg

一方、プランターのミニは小さく仕立てるために
洗濯ばさみなどで苦労しながらツルを支柱に
巻き付けています。
23070303.jpg
ここに2株入っています。
葉を密にすると病気が心配ですが棚が無いので
こうするしかありません。
うまく育つかハラハラしてます。
今のところは順調です。

順調です。

【7月2日】

早いもので7月に突入しました。
最近は気温が高いのでツルは凄い勢いで伸びています。
雌花もたくさん出来てきてどれを残すか迷っています。
23070201.jpg

まだ棚はスカスカのように見えますが先端は
棚の端近くに迫っています。
こんなに早く端まで行ったかな?
23070202.jpg
通常はツルが端に届く頃にはひょうたんがブラブラと
たくさんぶら下がっていたような気がしますが。
・・・今年はまだ一個もありません。
ツルが棚に届いたのが最近だったからなあ。
何か変なのかな?

現在のところツルの管理は万全で理想的な
魚の骨のような形に展開しています。
23070203.jpg
中心に1本の子ヅル、周りには孫ヅルが綺麗に
伸びています。

ここ数年で自分の中のツルの管理方法が確立されたので
迷うことなく効率よく仕上げられています。

プロフィール

たぁさん

  • Author:たぁさん
  • 正しいひょうたんの作り方や加工方法なんて全く知りません。でも何とかやってます。最初の年は何故かヘチマが出来ました。ちゃんとひょうたんのタグの付いた苗を買ったのに・・・
    このブログはリンクフリーです。記事や画像の転載などもどうぞご自由に。

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。