現在の閲覧者数:
競技:ひょうたんおしくらまんじゅう   種販売店   ひょうたん販売店   Life is a Carousel  
   
08
3
6
9
13
15
16
18
21
22
24
25
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家の前

【8月31日】

今年の株の芽だしをしたときに十成ひょうたんが1株だけ
余ってしまいました。

植えるところが無いものの処分するのは可哀相なので
我が家の前の道路を挟んだ向こう側にある竹やぶの
道端にこっそり植えて様子を見ていました。

以前、枯れたようになり無くなったものと思っていました。
今日気付いたのですが花が咲いているではありませんか。
23083101.jpg

こんな状態の中で良く生き残っていたものです。
23083102.jpg

良く見ると頭でっかちの雌花のようです。
自然に受粉したのか膨らんできています。
23083103.jpg

散歩道になっているので大きくなってきたら
すぐに切り取られてしまうと思いますが
それまでどうなるのか見守っていきたいと思います。
スポンサーサイト

息切れ?

【8月26日】

棚もプランターも急に花が咲かなくなりました。
雌花の花芽はできますが咲かずにしぼんだりします。
23082101.jpg
そう言えば受粉したにもかかわらず少しだけ
大きくなってからしぼんでしまうものも増えました。
夏の終わりが近くなり株は力を出し切ったのかもしれません。
良く頑張ってたくさんの実を着けてくれました。
充分満足できました。

近年は栽培スキルが上がり予防も上手になって昔のように
致命的な大きな病気にもかからなくなりました。
特大ひょうたんは別にして満足いく良形の収穫ができています。
残り少ないシーズンを気楽に楽しみたいと思います。

また別の害虫!

【8月23日】

先日アブラムシを退治したと思ったら今度は
別の何かが花を食い荒らしたようです。
大きな糞をして移動して行ったようです。
23082301.jpg
毎週末に害虫対策の何かをやっていても
こうなってしまいます。
ほんの少しですがまたアブラムシもいましたし
本当に害虫には手を焼きます。

ミニは半分枯れました。
下半分の向こう側が見え見栄えも悪くなりました。
いよいよ終わりが近い状況です。
23082302.jpg
何とか目標だった8月一杯までは頑張れそうです。

棚のミニもこの数日、パタッと雌花が咲かなくなりました。
いい形も咲かなくなりましたし区切りの良い8月一杯で
全てのひょうたんの管理を終了しようかと思います。
その後は野となれ山となれ、全て成り行きに任せます。
23082303.jpg

そろそろ台風もやってくるかもしれません。
早めに収穫をしなければいけませんね。

アブラムシ退治!

【8月20日】

今朝、プランターのミニを見てビックリ!
今まで気付かなかったけど葉にはアブラムシがギッシリ!
あれー、何時の間にこんなに繁殖してたんだろう?
23082001.jpg

何種類かの農薬を試したけど効きません。
これは薬に耐性のできた手ごわいアブラムシです。
こうなれば奥の手、自家製の殺虫液で退治しちゃいます。
本腰を入れて窒息液を大量生産、電動噴霧器で散布します。
ついでに棚の芋虫も退治します。
23082002.jpg
水50:食器洗剤1:キャノーラ油1で作ります。
噴霧器を使える粘度で出来るだけ濃い方が良く効きます。
結局15リットルも作って葉や花がビショビショになるまで
たっぷりムラ無く撒きまくりました。

芋虫もアブラムシも掛ければすぐに窒息でイチコロです。
10倍~20倍の拡大鏡で見ていると掛ける前は
アブラムシの脚や触覚が元気に動いていますが
液をスプレーすると数秒で微動だにしなくなります。
気道に液が入るのか瞬時に窒息死してしまうようです。

葉や花を食べまくる大きなキリギリスも瞬殺でした。
(今年は棚にキリギリスが襲来し被害を受けました。)
23082003.jpg
撒いて1分もしたら虫は死んでいますので葉を
傷めない強さの水流で窒息液と虫の死骸を
丁寧に洗い流します。
※ 水流が強すぎたりゴシゴシ洗ったりすると
  葉や茎が傷み後日葉が落ちてしまう植物が
  ありますので御注意を。
 (我が家の菜園では特にミニピーマン)
  
さっきの葉っぱはアブラムシがいたのが嘘のように
とっても綺麗になりました。
23082004.jpg

株全体が元気になった気がします。
23082005.jpg

この液は主に害虫退治後すぐに収穫して食べるものや
できるだけ農薬を使いたくない自家製ハーブなどに
付いているアブラムシを殺す為に小さな
スプレー容器に入れて小規模に使っていましたが
今回大量に作って使ってみてあらためて
その窒息殺虫効果に驚きました。
キリギリスのような大きな虫にまで効くとは
思ってもいませんでした。

ご興味のある方は効果の程を是非お試しアレ。

害虫が大発生!

【8月19日】

ここ数日、同じ虫が大量に発生しています。
葉にもいますが大多数は雄花と雌花についています。
23081901.jpg

拡大するとこうなります。
ウリキンウワバの幼虫とは色と形が違います。
何でもいいけど害虫の発生は困ります。
葉っぱやひょうたん表面を食べています。
23081902.jpg

プランターも棚も同じように発生しています。
23081903.jpg

今まで毎週末にマラソンとアディオンとスミチオンを
順々に変えて害虫除去を行っていますが
ウリキンウワバを対象として主には葉の裏側に
薬剤を散布していました。
しかし、この茶色の虫は上から散布しないとかからない
葉の表や花弁の奥にいるので駆除が難しい状況です。

やっかいなことになりました。

秋風

【8月17日】

夏真っ盛り。暑い日が続きます。

十成と大瓢エースは雌花が咲いていますが
管理を終えましたので放置状態です。

形が悪く大きくなってきたものは農竹の棚に
負担がかかるので次々に切り落としています。

今年はミニ以外は実質終了。
ぶら下がっているものを追熟させたら収穫します。

ところで、形が悪く放っておいた大瓢エースは
こんな感じになりました。
この辺で成長はストップのようです。
23081701.jpg

もう一株の一つも実が着けていなかった大瓢エースも
放置してこんなどうしようもない形が育ってきました。
今年はこれもこのまま様子を見てみましょう。
23081702.jpg

う~む、棚だけ見ると既に秋の様子。
今年もまた楽しませてもらったシーズンと
お別れが近くなってきました。
23081703.jpg

運が悪いのか種が悪いのかそれとも育て方が悪いのか、
結局今年も美形に恵まれず大型ひょうたんは摘果に終始し
満足した実は1個も育てることが出来ませんでした。
本当に難しいです!

花盛り。

【8月14日】

ミニは毎日たくさんの雌花を咲かせてくれます。
さすがに最近はたくさん実を着けすぎているためか
受粉しても大きくならずに枯れてしまうものも出てきます。
でも僅かなエリアにこれだけ出来ていれば充分です。
23081401.jpg
まだ40ミリを下回る完熟ひょうたんはありません。
50ミリを下回りそうなものはありそうです。

今はツルも増えていますし着いている実も多数。
どんどん成長しにくい環境が出来ています。
形の良いものが今後出現したら小さいままで
収穫できる可能性が高くなってきます。

最小記録更新の期待が高まります。

やはりプランター栽培は小さい。

【8月12日】

プランターのミニはどんどん完熟しています。
形は悪いですが大きさは満足いくものです。
23081201.jpg

千成では見られないこの小ささが魅力です。
23081202.jpg

株の高さの半分まで枯れ上がってきました。
寿命はあと半月程度でしょうか。
23081203.jpg
もっと寿命を延ばしたくて少し肥料をあげました。
できれば8月一杯は楽しみたいな。

棚上の状況。

【8月11日】

棚上は密集状態を通り過ぎて株が植えてある左側から
枯れてきています。
大瓢エースと十成の場所、画像左上の枯れ上がりが顕著です。
画像の手前がミニひょうたんでこちらはまだ小さな葉が
元気に茂っているのが分かります。
23081101.jpg

今回は5株、今までで一番株の数を少なく植えましたが
こうして茂るとまだ数が多い気がします。
でもこれ以下に減らすと数株失敗したときに棚が
全滅してしまう恐れがありますので不安です。
来年もこの数でいきましょう。

さて、既に完熟したひょうたんも多数あります。
もうすぐあの恐怖の水漬けの時間がやってきます。

不思議です。

【8月10日】

今度は地植えのミニひょうたんの雌花の形が
前部悪くなってしまいました。

昨日から出来る雌花は前部上の膨らみがありません。
23081001.jpg

とっても不思議です。何が影響しているのでしょうか?
23081002.jpg

プランターのミニひょうたんは前部のツルを摘心したら
その後は形が良くなりました。
この株は子ヅル以外は常に適当なところで摘心しているので
するべきことが思いつきません。
また急に良い形が出来てきたりもするのだと思います。
「本当に不思議だなぁ。」とボーっと見ているしかありません。

摘心効果!

【8月8日】

少しずつ枯れ上がって来ているプランターのミニ。
終わりも近いし全然良い形が出来ないので
数日前に思い切って前部のツルを摘心しました。
何日かして伸びてきたツルには高い確立で
雌花が出来ています。
しかもラッキーなことに前よりも断然良い形です。
23080801.jpg
たくさん開花したのですぐに人工授粉しました。
これからは株の寿命と完熟とどちらが早いかの戦いです。

プランターのミニは形が悪くて正直今ひとつ気持ちが
盛り上がっていませんでしたが終盤の今になって
やっと「やったね!」って感じになりました。
考えていたよりたくさん実が着きそうです。楽しみ。

大瓢エース

【8月7日】

良い形のひょうたんが膨らまないので今年は時間切れと
いうことで管理して育てるのを中止しました。
今は摘果せずに放置状態です。

放っておいたら形の悪い実が大きく膨らんできました。
さすがに大瓢エースなのでどんどん大きくなります。
良い形を育てたかったなぁ。
23080701.jpg

様子見で切り取らずこのままにしようと思います。

こうして大きくなったひょうたんを実際に見ていると
形の良い超大型ひょうたんに来年もまた
挑戦してみたくなってしまいます。
来年はミニだけにしようかとも考えていたのに・・・。
どうしたら良いのか心がグラグラと揺れ動いています。

大きくなってきちゃった。

【8月5日】

地植のミニは肥料をあげていないのに良く育ちます。
プクーッと膨らんできて少し育ちすぎ。
ミニじゃなくなっちゃうよ。でもまだ千成よりは小さいな。
23080501.jpg

たくさん雨が降って全体的に一回り育ってしまいました。
あの雨さえ無ければ、残念!
23080502.jpg

形は悪いものが増えてきたけどまだ雌花は咲き続けています。
23080503.jpg
残り短くなってしまったけど今後に期待。

ミニ、変な形。

【8月4日】

プランターでは変な形ばっかり出来ています。

ハクション大魔王の壷のようなこんな形や
23080401.jpg

妙に頭のでっかいこんな形がたくさんです。
美形が全然出来ません。もう枯れそうなのに。
23080402.jpg

同じ実から採った種をプランターと地植に使いましたが
全然違う結果になっちゃうんですね。不思議。

棚のミニも白くなった。

【8月2日】

棚のミニも受粉してしばらく経ち、
表面が白くなってきたものがあります。
23080201.jpg
結構良い形に育っています。

勿論形の悪いものもたくさんありますが
満足できるものもたくさん出来ています。
今年のミニは成功みたい。
23080202.jpg
前回育ててから何年も良い種が手に入らず苦労しました。
来年以降も育てられるように自分で元気な種を採取しなければ。

プランターのミニも終焉か。

【8月1日】

1番最初に受粉したミニは表面が白くなってきました。
形は悪いですがこの大きさで完熟してきた模様です。
23080101.jpg
雌花は今でも咲いていますが形が悪くなってきました。
プランターで良い形だったのは数個だけでした。

気が付けば葉が枯れ上がってきておりワサワサだった
支柱周りには隙間が目立つようになりました。
23080102.jpg
棚無しで支柱周りだけで栽培が完結しそうです。
この品種なら屋内でも育てられそうな・・・。

プロフィール

たぁさん

  • Author:たぁさん
  • 正しいひょうたんの作り方や加工方法なんて全く知りません。でも何とかやってます。最初の年は何故かヘチマが出来ました。ちゃんとひょうたんのタグの付いた苗を買ったのに・・・
    このブログはリンクフリーです。記事や画像の転載などもどうぞご自由に。

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。