現在の閲覧者数:
競技:ひょうたんおしくらまんじゅう   種販売店   ひょうたん販売店   Life is a Carousel  
   
06
1
2
3
4
5
6
7
17
18
21
22
23
24
25
26
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

復帰完了!

【6月27日】

あの台風被害から数日、少しずつ新しい葉が茂り
今の様子は元気な状態に復活しました。

各株からは孫ヅルが伸びて雌花の花芽も
たくさん出来てきました。
24062701.jpg

中国で買った千成もたくさん雌花が出来ていますが
残念ながら形が・・・。
上の膨らみが全くない不格好な状態です。
2株ありますがどちらも同じ様子。
24062702.jpg

期待していたのでテンション下がります。
これじゃ、ビンに入れるわけにはいかないな。
スポンサーサイト

半死の状態

【6月20日】

台風が一つ通り過ぎました。
葉が少し残っていたのは不幸中の幸いです。
ただ、近くで見ると被害は相当です。
24062001.jpg

葉は残っていても風で半分以上が吹き飛ばされています。
24062002.jpg

畑には葉の残骸があちらこちらに。
24062003.jpg


まあ、自然災害だけはあきらめるしかありません。
復活してくれることを期待するばかりです。
ただ数日後には次の台風が来そうです。
今年のひょうたん栽培はとても厳しい環境です。

台風が来ます!

【6月19日】

ついに恐れていたことが現実になりそうです。
「台風上陸!」
最盛期手前、まさにこれからという時ですが
最悪のことを覚悟しておかなければいけません。
これからはこの時期の台風があたりまえに
なってしまうのでしょうか。
24061909.jpg


最後かもしれない今年のひょうたんの様子を
写真に撮りました。

棚はやっとひょうたんが茂り始めたところ。
毎日孫ヅルも勢いよく伸びています。
24061907.jpg

これは子ヅルにできた大瓢エース。
今年はこれを育ててみようかと迷っていたところです。
24061901.jpg

これは子ヅルにできた十成。
一番果なのでとりあえず育ててみようかと
摘果せずにつけておきました。
24061902.jpg

プランターのひょうたんはまだ小さいのですが
ツルが展開を始めたところです。
24061903.jpg

24061904.jpg

24061905.jpg

24061906.jpg

台風が今、2つあるのでしょうか。
24061908.jpg

数日後のひょうたんはどうなっているのでしょう。

誘引成功

【6月16日】

棚上への誘引はこのような感じ。
1株だけ思わぬミスで折ってしまいましたが
その他は成功しています。
24061402.jpg

あとは孫ヅルを伸ばし雌花が咲くのを待つだけです。
いよいよ長い準備が終わって最盛期へ突入です!

スロースタート

【6月15日】

プランターのひょうたんはまだ背丈15センチ程度。
とてもゆっくりと成長しています。
ナメクジやウリハ虫の攻撃を受けながら頑張っています。
24061401.jpg

早くこのフェンスが葉っぱでフサフサになるのを
見てみたいものです。移動できるのが便利です。

ナメトール

【6月14日】

先日雨の夜にプランターの小さな株にナメクジが
たくさん群がって葉をバリバリ食べていた。
全員捕獲し天国に送り予防のため手持ちの
ナメトールを全部まいてしまったので
今後のことも考え久しぶりに購入した。

身近な店には無かったので送料を払い通販で購入した。
数年前に買った時と量と値段が違っている。
パッケージも全く違う。
依然と比べずいぶんお高い買い物だ。
でもこれでナメクジを安全に防げると思えば
良く考えると実はとっても安いものなのだ。
夜中のパトロールをしないでいいのだから。
24061301.jpg
どうせ毎年使うのだから一番大きな1キロ入りにした。
送料を入れて3000円オーバーなり。
これだけあれば数年使えるだろう。

やってしまったー!!

【6月13日】

誘引はうまくいっていたのに!
良い感じに曲がって癖がついていたのに!

農竹と農竹の間にツルが入って将来窮屈になりそうなので
少し場所を変えようと思って力をかけたら「ポキッ!」
1本しかない大切な子ヅルが折れてしまったー!
大瓢エース1株、栽培計画失敗す!
24061304.jpg

無残にちぎれた子ヅルの姿なり。
24061303.jpg

しょうがないから育て始めていたこの孫ヅルを
今後は主軸として曾孫ヅルを展開していくことにします。
24061302.jpg

折れるというよりパキッて割れちゃうんですよねー。
気をつけなきゃ。

棚に誘引

【6月12日】

棚に達してからツルの長さがかなり伸びてきました。
そろそろ棚上に誘引しようかな。
24061201.jpg

棚上のツルの長さが短い時に無理に鋭角に誘引してツルが
折れてしまったことがあるので最近は緩い角度から
徐々にクセをつけながら誘引するよう、支柱から
棚への曲げる部分を特に注意して誘引しています。

まずはこんな感じに緩くグニャーっと曲げて数日待ちます。
24061202.jpg

棚が大きければこんなに気を使わずに贅沢にツルを
誘引できるのですがここでは小さい棚を端から端まで
少しでも長く使いたいのでこんなことに苦労しています。

雌花

【6月11日】

棚に至る支柱では雌花がポツポツ出来ていましたが
親ヅル、もしくは子ヅルにできていたので
全て摘み取っていました。

これは大瓢エースの子ヅルについた雌花です。
棚下のぶら下げやすいところで出来ています。
孫ヅル以外の雌花は摘むという決心が揺らぎます。
24061101.jpg
例年摘果ばかりでまともに育てられていないので
これ、育ててしまいそうな予感です。
摘むか摘まないか決定は後日に先延ばしします。

一方、千成も親ヅル、子ヅルに雌花が出来ています。
今のところ形が悪いので孫ヅル以降に期待しています。
勿論、こちらは数が出来るものなので
今できている雌花は全て摘んでしまいます。
24061004.jpg

もうすぐ孫ヅルが棚上で育ってくるので
雌花がガンガンできるはずです。

雌花ラッシュは6月後半に訪れると思います。
今から楽しみでなりません。

ウリキンウワバ現る!

【6月10日】

今年もあの宿敵、ウリキンウワバの幼虫が現れました!
葉や実を食い荒らす許せない害虫です。
早速今年初の害虫駆除を行いました。
アディオンを2000倍に薄めて散布しました。
24061001.jpg

散布後、糸で葉にぶら下りながら息絶えたようです。
ここで生まれなければ長生きできたかもしれないのに。
24061002.jpg

これからは毎週、もしくは最低でも2週間に1回は
害虫の駆除が必要になります。
害虫に耐性ができないよう色々な駆除薬を
ローテーションで使用します。

追肥

【6月9日】

マルチで栽培していると追肥できないので
普通は長く効く肥料を最初に入れるのだと
最近知りました。そうだったのか。

昨年は追肥を使わずに栽培は無事終了できたので
今年も大丈夫な気はしますが念のため液肥で
追肥できるように試してみました。

100円ショップで買った水やりの道具を使いました。
ペットボトルに装着して使うものです。
2個入りで100円也。
24060901.jpg

普通は水を入れたボトルに装着し長い時間をかけて
鉢などに徐々に水を供給するもののようだ。
今回は短時間でマルチの中に液肥を投入したいので
ボトルの底を切り抜いて土にさした。
500ccの液肥が数分で土に浸み込んでいった。
24060902.jpg

全部の株に施してみた。
これでたまに液肥で追肥できるようになった。
24060903.jpg

ついに梅雨入りし天候に不安はあるものの
成長著しくなるはずの6月中旬にさしかかった。
これから1か月ほどはツルの管理が重要なカギとなる。
手を抜かず気合いを入れてやらなければ。

棚に到達

【6月8日】

親ヅルを摘んで子ヅルが育ってくるのに時間が
かかりましたがやっと棚に到達しました。
これからいよいよ孫ヅルを育てます。
24060801.jpg

他の株は棚までもう少し。
寒さや突風を避けるためゆっくり育てた今年でしたが
これでも昨年より10日程早く成長しているようです。
24060802.jpg

関東は週末から梅雨に入りそうです。
成長に悪影響のない梅雨になってほしいものです。

プロフィール

たぁさん

  • Author:たぁさん
  • 正しいひょうたんの作り方や加工方法なんて全く知りません。でも何とかやってます。最初の年は何故かヘチマが出来ました。ちゃんとひょうたんのタグの付いた苗を買ったのに・・・
    このブログはリンクフリーです。記事や画像の転載などもどうぞご自由に。

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。