現在の閲覧者数:
競技:ひょうたんおしくらまんじゅう   種販売店   ひょうたん販売店   Life is a Carousel  
   
02
1
5
7
13
15
19
21
24
25
26
27
28
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野ざらしの刑に処す!

【2月23日】

荏油仕上げのひょうたんをから拭きしました。

油の塗布は前回を最後に乾燥していましたが
最後の拭き取りが甘かったのか、それとも
内部から表面に油がしみ出てきたのか
少し表面にベタ付きが出てしまいました。
乾燥しかけの樹液のような感じです。

から拭きしましたがとれないようなので
このまま乾燥してサラサラになるのを
期待したいと思います。

相変わらずツヤは良いです。
26022301.jpg

油の塗布で劇的に色が変わって良くなった物は
長時間野ざらしにして肌の荒れた外見の悪い
乾燥してガサガサになったひょうたんでした。

もっとガサガサのひょうたんを作って荏油で
綺麗に仕上げてみたいので幾つかの素瓢箪を
野ざらしにしてみます。
26022302.jpg

1年間ほど放置したら豪雨や強風、太陽光線や
温度変化などでかなり変身するのでは
ないでしょうか。
26022303.jpg

風でどこかに飛んで無くなっていたら
ショックですけど多分大丈夫でしょう。
スポンサーサイト

100均のスプレー塗料

【2月22日】

ダイソーの100円スプレー塗料のクリアは
ニス代わりに以前使用したことがあります。

でも色つきは買って試したことがない。
100円なんだから一度は使ってみなければ
なんだか損をしている気がする。
と言うわけで白いスプレーを購入しました。
26022201.jpg

試験的に塗装するので虫喰いの千成に
スプレーしてみました。

結果はこの通り。
驚きの綺麗な仕上がり!
ツヤのある綺麗な塗膜を形成しています!
26022202.jpg

これは予想外の良い仕上がりです。
気軽に何色も買えますね。

素ひょうたんは山ほどありますから
今度他の色を試してみたいと思います。

乾電池をやめる。

【2月20日】

1日に2回電池を交換しながら行ってきた
ひょうたん水筒の臭い抜きですが
そろそろマメに充電と電池交換を
繰り返すのに疲れてきました。

専用のコンセント式ブクブク(エアーポンプ)を
買うか電源回路を買うか悩みましたが
結局使い回しのきく電源回路を買いました。

家に転がっていた部品と組み合わせて
電池式のブクブクをコンセントから
直接動かせるようにしました。

ただ、安いパーツを使っていることや
全体的に自作であることから安全性に
疑問があるため、万一に備え寸胴に入れて
若干の隙間を空けて蓋をして家から離れた
作業小屋で稼働することにしました。
26022001.jpg

ついでに電流と電圧も分かるようにしました。
今はなかなか快調に動いています。
26022002.jpg

作業は明け方までかかり机もグチャグチャに。
でもこれで今後は放置状態で
水筒の臭い抜きがどんどん進行します。
26022003.jpg

臭いが抜けきるのはいつになるかな?
今回は作業行程を確立するという意味で
実験も兼ねての水筒作りを行っているので
結果が出るのがとても楽しみ。

プルンプルンなストロン。

【2月18日】

ひょうたん水筒の内部をコーティングした際に
余ったストロンをビンに入れっぱなしにしておくと
プリンのように少し固まってきました。

それを段ボールの上に出し乾燥していたものがこれです。
現在グミのような弾力を持っています。
26021801.jpg

表面を触ってもベタ付くことはありませんが
内部にシンナーを保持しているため
今でも強いシンナーの臭気を放っています。
26021802.jpg
この塊は乾燥しあがるまで相当な時間を要するでしょう。
乾燥しあがるまではシンナー臭く、
また乾燥後は肉割れを起こすでしょう。

臭い・乾燥までの時間・肉割れ。
何をとっても良いことはありません。
絶対にこれを水筒内部に作ってはいけないのです。
ですから内部コーティングの際の薄めの塗料濃度と
丁寧な塗料吐き出しが重要となってきます。

また丸棒を買う。

【2月17日】

ドデカひょうたん用の栓のために直径40ミリの
丸棒を購入しました。

この太さになると先日買ったチーク材は見つかりません。
広葉樹と書いたもので妥協しました。
26021601.jpg

チークには遠く及びませんが曲がりが少なく
繊維も密に詰まっています。
26021602.jpg

約90センチ約1000円也。
26021603.jpg

このまま麺棒に使えそうですね。

重ね塗り終了。

【2月16日】

荏油はこれで6回目の塗りでしょうか。

どれくらい続ければ良いのか良く分かりません。
油の吸収が悪いものは艶は出ますが
色に変化は無さそうです。

今後続けても大きな進展はなさそうなので
重ね塗りの作業はこれで終わりにしたいと思います。
260216001.jpg
殻の内部に油が貯まっていると思われます。
結構長い時間の乾燥が必要かも知れません。

4月中旬にこの場所にトマトを植えるまで
このままここに放置して乾燥したいと思います。

ひょうたん水筒も何個かはこの仕上げに
しようと考えています。

手首を壊す。

【2月14日】

このところ集中してひょうたん作業をしていて
頻繁に長時間ひょうたんに指した竹を握っていたから
手首がやられてしまったようだ。
棒の先にひょうたんがあるので棒の長さ分テコの原理で
手首には負担がかかる。
中国ひょうたんくらいになると本当に重かったからなぁ。

今では日常生活に支障を来すくらい痛くなった。
瓶の蓋を開けたり少し重いものを持ったりすると痛いし
起き上がるときに手をつくのも痛い。
本を読んでいてもたまにグキッとする。
ほとんど左手を使えなくなってしまった。

今は直して右利きになったが本来は左利きだったので
パワーのいることは自然に左手で行ってしまうので
かなり不便な現状だ。

整形外科へ行きレントゲンで骨には異常が無かったので
炎症の可能性が高く湿布で様子を見ることになった。
26021401.jpg

けっこうな瓢箪病になってしまった。

チークを買う

【2月12日】

先日、ひょうたん水筒用の栓の素材探しの探検をした。
10件もホームセンターをハシゴしたのに良いものは
なかなか見つからない。
豊富な種類の丸棒はこの辺には揃っていないんだなあ。
朝から晩まで車で100キロ以上走っちゃった。

結局閉店間際にいた店舗でケリを付けなければと
店頭にあった樫にするか迷ったけれど、売れ残りと
思われる曲がりの大きな棒しかない様子。
曲がりが大きい棒は旋盤で回転させると使える部分は
ほとんど無くなるので高価だったけれど最終的に
チークと言う素材を選ぶことにした。
何やら家具や船体にも使われている加工しやすく
水にも強く狂いも少ない栓向きの素材らしい。

と言うことで購入したのがこれ。
確かにビシッと真っ直ぐ。
これなら直径をほぼ生かして使用することが出来る。
26021201.jpg

直径30ミリ、長さ900ミリ。
お値段2194円なり。
他の丸棒よりダントツに高かった。
26021202.jpg

でも高いだけあって表面に間隙がなく肌が整っている。
26021203.jpg

断面にも隙間がない。
これは良い栓が出来そうだ。
26021204.jpg

結局買った店は自宅の一番近くにあるホームセンターと
同じホームセンターの別の県のとっても遠い店舗でした。
複雑な気持ち。

また雪が!

【2月11日】

また雪が降ってしまったー!
でも滅多に降らないので正直少し嬉しい。
思わず雪だるまを作ってしまいました。
26021101.jpg

銀世界にいるのが楽しいので七輪で暖を取りながら
ゆっくりと荏油を重ね塗りしました。

このところ油を吸わなくなったので
ほんの少しの荏油で全面に行き渡ります。
とっても油の伸びが良いです。
26021102.jpg

表面がテッカテカです。
26021106.jpg

明日香美人も良い感じです。
何かカマキリのお腹に似ていますね。
26021103.jpg

全部塗り終えて楽しい作業が終了。
また今週末に塗ろう。
26021104.jpg

ところで今年の種を注文しようとしたら
まだ明日香美人が取り扱い中止のままだ!
26021105.jpg
んー、種保存しておけば良かった!!

良い感じです。

【2月10日】

エアポンプの空気をひょうたんの奥へ送り込んでいます。
逆さで収容しコンパクトにまとめることも出来ました。
段ボールには通気穴も数カ所あり臭気を排出します。
このまま何ヶ月でも臭い抜きをすることができる状態です。

今、エアポンプは乾電池式なので1日2回交換しています。
でもエネループだからお金は充電代しかかかりません。
今は玄関に置いたり部屋に置いたり移動したいので
この状態でやっていますが場所が固定したら
電池の交換が面倒なのでコンセントから電気を
供給するものに変えようと思っています。
26021001.jpg

しばらくこの状態で臭いが完全に抜けるまで続けます。
臭いが抜けた報告はいつ出来るかな?

下向きに。

【2月9日】

臭い抜き中のひょうたんを部屋に並べておくと
かなり場所を取る。
それに重いシンナー臭の排出に効率良く、
下向きに於いて作業したい。

外に置いてどこかにぶら下げようかとか
色々考えたがやっぱり手元に置いて
まめに状況を確認しながら作業を進めたい。

不格好ながら段ボールに穴を開けひょうたんの頭を
突き刺すように収容してみたら結構良い。
26020801.jpg

これに風通りの良い空気穴を開けてエアポンプも
使えばバッチリだ。移動も簡単。

よーし、これで行こう!

上塗りしました。

【2月8日】

今日は朝から雪です。
でも予想よりは寒くなかったので屋外に置いてある
荏油ひょうたんに上塗りをしてみました。

今日で4回目の塗りです。
260208001.jpg

色は変わっていませんが油を吸わなくなったものが
数個あり艶が出てきた気がします。
260208002.jpg

油を塗っているので当たり前なのですが横風で
雪が掛かってもしっかりはじいています。

また来週末塗ります。

臭い抜きへ。

【2月6日】

ひょうたんの口から入れた長い棒で底面を突くと
コツコツと固い音がする。
そろそろ乾いたと言うことか。
ただ、中のシンナー臭は半端ない。

この臭い抜きが内部コーティングする水筒に於いて
最大の難関だ。時間も長くかかる。

長期戦を覚悟しつつエアーポンプの空気を分割して
瓢箪内部に送り込む。
26020601.jpg
押し出されシンナー臭があふれ出す。

この臭いが無くなるまで我慢できずに以前は水を入れて
水中に沈めたり色々やった。
でも今回は粘り強く時間を掛けてこの状態で
完全に臭い抜きしてみたいと思っている。

※ 自分の中でひょたん水筒を作るに当たって
  この臭い抜きの工程が行き当たりばったりで
  確立出来ていないのです。

数十日単位の作業になるのかな?
もっと?

完成!

【2月4日】

ストロンでのコーティングが完了し
箔貼り中国ひょうたんが完成した!

すごく綺麗だ!
やはり千成と違い迫力がある。
26020401.jpg

もう一つ下塗りし準備してある中国ひょうたんは
余っている4号色で貼るべきか悩んでいる。

純金色の3号色が良いが残り少なくなってきたし。

いやー、それにしても箔貼りは楽しいなー。

3回目塗布

【2月3日】

先週後半にも一度塗布を行いました。
昨日で荏油3回目の塗布となりました。

1回目の塗布で劇的に殻の色が変化したものが
数個ありましたがその後の塗布では見た目に
大きな変化はないようです。
また、1回目で色が変わらなかったものは
相変わらず塗布前と色的には大差ない気がします。
26020301.jpg

ただ、どのひょうたんも塗布後、殻表面の荏油の
内部への吸収スピードが遅くなっています。
コーティング効果が出てきたのでしょうか。

引き続き塗布作業を続け効果を観察します。

表面保護

【2月2日】

今日は部屋の湿度が50%をきっている。
ニス塗りには最高の条件だ。
26020201.jpg

早速ストロンを調合。
前回箔を貼った中国ひょうたんにコーティングします。
26020202.jpg

それにしても最近ストロンが大活躍だ。

プロフィール

たぁさん

  • Author:たぁさん
  • 正しいひょうたんの作り方や加工方法なんて全く知りません。でも何とかやってます。最初の年は何故かヘチマが出来ました。ちゃんとひょうたんのタグの付いた苗を買ったのに・・・
    このブログはリンクフリーです。記事や画像の転載などもどうぞご自由に。

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。