現在の閲覧者数:
競技:ひょうたんおしくらまんじゅう   種販売店   ひょうたん販売店   Life is a Carousel  
   
05
6
7
15
22
23
26
29
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親ヅルを摘芯。

【5月31日】

千成と明日香美人は約1メートルになりました。
親ヅルを摘芯しました。

これらの株は子ヅルを1本伸ばし、
今後棚上で展開する孫ヅル以下に
選定した良形の実をぶら下げていきます。
26053101.jpg

葉の緑が濃く健康的に育っている気がします。
生長大爆発する6月が楽しみです。
スポンサーサイト

棚を越えました!

【5月30日】

接木エースが一番乗りで棚に達しました!
相変わらず先端に近い茎も太いです。
とても力強く育っています。
26053001.jpg
大果を目指す今年のエースは親ヅルを伸ばし
展開した子ヅルか孫ヅルに1個だけ実を
着けてみたいと思います。
棚の終わりで親ヅルを止めようと思っています。

もうすぐ棚に届きます。

【5月28日】

防風ネットの中では株がスクスクと育っています。
接木苗は2メートルの棚まで30センチとなりました。
26052801.jpg

千成なども急に大きくなってきました。
26052802.jpg

棚からぶら下がるひょうたんを
早く見たくなってきました。

地這栽培は早熟?

【5月27日】

空き地に植えた株達はまだ背丈30センチ程です。
肥料も入れていないし整理もしていません。
なのに雌花が何個か咲いていました。
26052701.jpg
こちらは手を掛けることはしないので
人工授粉も一切行いません。

自然の環境と株の生命力で生き残るのか
枯れてしまうのか運命に任せます。
26052702.jpg
雑草も伸びてきてここでは厳しい
生存競争が繰り広げられます。

野ざらしの刑その後

【5月25日】

2月23日に野ざらしの刑に処してから
3ヶ月が過ぎました。

ひょうたんの肌はかなり変化してきました。
ツヤが無くなりザラザラして白くなってきました。
26052501.jpg

雨の流れた縞模様も付いて良い感じです。
荏油がたっぷりしみこみそうな肌質です。
26052502.jpg

もっと長ーく放置して変化させてみようと思います。
灼熱の夏や台風の秋、霜の降りる冬を越えて
どのようになるか楽しみです。

強風に備えて

【5月24日】

苗帽子を付けていた2株は天井に届いたので
今日苗帽子を外しました。
風からの守りがなくなるので今年は防風ネットで
栽培スペースを囲ってみました。
26052401.jpg

画像左側の狭い隙間からネットの中へ入り
誘引など出来るように工夫しました。
26052402.jpg

全ての株が棚上に這ったら外そうと思います。

来年の接木方法決定!

【5月21日】

苗が大きくなりポットの中で育てるには
窮屈になってきました。
そろそろ観察を終了しようかと思います。

試験苗を廃棄する前に最後に良く観察しました。
何とか両者の生長の違いを見つけたい。
来年の本番接木方法を決定するためです。

育苗箱にバラバラに散らして観察している間は
気付かなかったのですが右の列に刺し接ぎ、
左に片葉切断接木を並べて「アレッ?」と
思うことが。

本当に微妙な違いですが穂木が全体的に
右の列の方が少し大きい気がしませんか?
わずかですけど・・・。
26052105.jpg

接合部は刺し接ぎはこんな感じで
接触面積は少なそうです。
26052101.jpg

その割には台木の上にドンと腰を据えて
生長の安定感はバッチリです。
26052103.jpg

片葉切断は接合部が目に見えて接触面積が
広いので安心感は大きいのですが片葉を
切り取ったことで少しパワーが落ちたのでしょうか。
26052102.jpg

そして更に観察を続け来年の接木方法を
決める上で決定的な違いに気付きました。
台木の太さが違います!
26052104.jpg
右が刺し接ぎ、左が片葉切断。
多少右の苗が手前に来たのか太く写りすぎましたが
全部のカボチャとひょうたんの接木、ひょうたんと
ひょうたんの接木で比較しましたが刺し接ぎの方が
台木が傾向として太くなっています。

刺し接ぎ 7.00 6.63 5.98 5.10 平均6.18mm
片葉切断接ぎ 6.64 5.73 5.69 4.56 平均5.66mm

同じ条件の苗で同じ日に接木し同じ環境で
育ててきました。全体で同様の違いが
起きているのはたまたまの偶然ではありません。

私の個人的な結論として少し初期の生長が
早いと言う点で来年の本番は刺し接ぎに決定!
やっと実験の結論を出すことが出来ました。
何とか結果をまとめられて一安心。
これで接木苗作り実験4をクローズしちゃいます。

※ 私は以後の比較観察は行いません。
片葉切断も今からほんの数日経てば茎が
今の刺し接ぎ程度に太くなるのでしょうし
接着面が綺麗に広く接合していますので
長く育てれば生長が刺し接ぎ株を
追い越すのかもしれません。
無責任な自分用の実験と結論ですから
情報の利用は自己責任でお願いしますね。

エースが伸びてきました。

【5月20日】

ドームの天井の穴からニョキニョキ伸びてきました。
接木の苗です。
26052001.jpg

葉の大きさは30センチ程度です。
26052002.jpg

接木していないエースも天井に届いたところです。
もうすぐ6月、生長大爆発が始まります。

未だにつかぬ判断

【5月19日】

接木テストの苗たちはとても健康に育っています。
その後の成育で刺し接ぎと片葉切断接ぎで
全く差は感じられません。
26051801.jpg
来年どちらの接木を実施したら良いものか
最終的な決断が出来ていない状況です。
迷っちゃうなー。

ちなみにひょうたん同士の接木もたくさんの株を
一つのポットに入れているにも関わらず
今のところ全部元気に生きています。
26051802.jpg
可哀想だけれどもうすぐ処分となる予定。

ミニのその後

【5月18日】

苗帽子を掛けていたミニひょうたんは
大きくなり苗帽子一杯に広がったので
昨日帽子を外しました。
26051703.jpg
気のせいか今年のミニひょうたんは例年より
元気で育ちが良い気がします。
ミニひょうたんに関しては小さいな実を
収穫したいのであまり元気すぎない方が
良いと思っているのですが・・・。
あぁ、そう言えば肥料入れちゃったな。

その後

【5月17日】

本番エースの接木(定植したもの)その後です。
昔の画像と同じ角度から撮影したものです。
参考まで2枚目に昔の画像を添付します。
26051701.jpg
かなり本格的にくっついています。
接木は完全に成功したと言って良いと思います。
ちなみに白いのはかなり前に粉末ダコニールを
水で溶いて塗布したものです。

苗はもうすぐ苗ドームの天井にぶつかりそうなので
ビニールに穴を開けて支柱を立てツルを沿わせて
そのまま棚まで誘引することにしました。
どんどん大きくなっています。
まさに有望株です。

参考画像(過去の状態)
26041702.jpg

棚下の様子

【5月16日】

苗ドームの中のエースは順調に育っています。
接木したものはやはり茎が太く穂木根元で
15ミリ程度はあるようです。
今まで育てたひょうたんでこの背の高さで
こんなに太いのは初めてですから
やはり接木の効果なのだと思います。
26051601.jpg
脇芽は現在適宜摘んでいますが
発生する数も多いようです。
見慣れたひょうたんの育ち方と少し違います。

こちらは同じ品種の接ぎ木していないもの。
穂木根元の太さは1センチ程度。
脇芽の数もまだ少ないです。
26051602.jpg

最後に植えた千成は急に大きくなりました。
来週早々には苗帽子の上にぶつかります。
帽子を外して支柱に誘引すべきか
ドームを作ってあげるべきか
悩んでしまいます。
26051603.jpg

こちらは何とか一粒だけ入手した明日香美人。
(間違っていなければ良いけれど。)
種取用に是非とも収穫にたどり着きたいところです。
26051604.jpg

棚下は今のところ非常に順調です。
最も恐れているのは突風や台風。
毎年6月頭前後にあるので
気が抜けません。

順応出来たようです!

【5月14日】

下にあるのは今日の17時半の画像です。
今日は天気が良く強い日差しがありましたが
全株しおれることなく元気に夕方を迎えました。
26051401.jpg
管理装置を用いた減湿が上手くいったようです。

片葉切断接木の接合部の変化の様子を
見てみたいので今後も観察を続けますが
とりあえず一段落、今回の大成功で
今年の接木実験の区切りとしたいと思います。

ナメクジに全滅させられた最初の挑戦から
比べると我ながら進歩したなあ。

予想通りの天気!

【5月13日】

よしよし。
今日は朝から空はどんより。
小雨が降って良い感じです。
天気予報が的中しました。
26051301.jpg

昨日屋外に出した接木苗は良い感じで
小雨に濡れています。
26051302.jpg
午後から晴れ間がありそうなので
急な強い日差しに耐えられるか少し心配ですが
それを確認するための試験です。

もし今回枯れてしまったら来年本番では
同じような状況の場合には遮光シートで
しばらく日差しを和らげるなど
何らかの対策が必要となりますね。

いよいよ屋外へ

【5月12日】

この先1週間で雨予報は明日くらい。
外に出すタイミングはこの時しかない。

今日までに保湿装置を外せるように
減湿を進めてきました。
30%の湿度まで順応させました。

今朝装置を外し苗を取り出してみました。
今の段階で完全にダメになっているのは
何と1株だけです。
今朝の時点の話ですが、すごい成功率です。
26051201.jpg

刺し接ぎバッチリ、元気に育っています。
26051202.jpg

片葉切断接木も初めてでしたが調子良いです。
26051203.jpg

そして片葉切断接木の魅力は何と言っても
この接着面の広さでしょうか。
こんなに広い面積がつながっていると
見ていて安心できます。
26051204.jpg

ひょうたんとひょうたんで試した刺し接ぎも
全部生きていてバッチリです。
26051205.jpg

片葉切断接木のひょうたんとひょうたんでは
左下の1株だけ枯れてしまいましたが
多分クリップの押さえがずれていたとかが
原因で接木法の問題ではないと思います。
26051206.jpg

カボチャとの刺し接ぎ4株中4株成功。
カボチャとの片葉切断接木4株中4株成功。
ひょうたんとの刺し接ぎ7株中7株成功。
ひょうたんとの片葉切断接木7株中6株成功。
これが室内で湿度管理をやめるまでの
中間成績です。
26051207.jpg
再度箱に戻して待機します。
本当は3日程度雨が続くときに屋外に
出したいところですが今回は明日しか
雨マークがありません。
乾燥が和らぐ今日の夕方から
外に出してみることに決めました。

明日の雨も長時間じゃ無さそうだし、
かなりハードな環境変化になりそうなので
今回は枯れちゃうかもしれません。

試験や練習も含めこれで今年の苗作りは終了。
来年の本番にこの成功率を出せますように!

旅立ち

【5月11日】

さて今年も伊藤さん宅へ旅立つときが来ました。

今年は自分では育てたことのない天下一を
お届けです。
直近の接木テストで出来た天下一接木苗が
すごく良い出来映えだったのでこれも
持って行くことにしました。

天下一3個と十成1個です。
26051101.jpg
今年の苗は水やりを控え昼と夜の寒暖の差を付け
ガッチリ作ったので今まで持って行ったもので
間違いなく一番品質が良いと思います。

棚下では苗帽子の代わりにトンネル材料を使って
ドーム型囲いを作りました。
とても簡単にできました。
26051102.jpg
中はとても広いので苗に良い環境です。
寒さがぶり返したり強風が吹いたりする
5月一杯は何とかこの中に収まるように
育てていきたいと思っています。

定植した苗の様子

【5月10日】

苗帽子の中が一杯になってしまったので
帽子を外しました。
別の覆いを掛ける前に生長具合を確認しました。

これは接木していない大瓢エース。
まずまず順調に育っています。
26051001.jpg

そしてこれは接木した大瓢エース。
上の大瓢エースと同じ日に蒔いたものです。
接木で日数を取られましたが結局こちらの方が
今の段階で少し大きく葉数も多い気がします。
26051002.jpg

台木の茎が裂けてきて心配でしたが
今はこの通り、良い感じに接合され膨らみました。
とりあえず一安心と言ったところですが
人生初の接木なのでこれからも目が離せません。
26051003.jpg

現在の状況は去年よりも2週間ほど早く、
一昨年よりも1週間ほど遅いペースです。
結局平均的なペースなのかな。

結局4株植えちゃった。

【5月9日】

ゴールデンウィーク中に全ての定植を終えました。

棚下には端に千成を追加。
結局4株植えちゃいました。
3株と決めていたのに。
なかなか自分に勝てません。
26050901.jpg
周りの草が伸びてきたな。
いよいよ雑草との戦いの始まりか。

大瓢エースは既に苗帽子にぶつかっています。
狭い状態ですがまだ風よけが必要です。
週末に何か改善が必要です。

接木後5日目

【5月8日】

今晩の設定は湿度75%、温度20度にします。
4日目以降毎日少しずつ下げて最終的に
常温常湿にもっていきます。

へこたれた苗がほんの少しありますが
全体量が多いので問題にはなりません。
ほとんどの株は元気に保たれています。
26050801.jpg

ひょうたんとひょうたんの接木も良い感じ。
数をこなして少しは上手になってきたかも
しれません。
26050802.jpg

温度と湿度は制御装置で管理されているので
自分は毎日設定を変えてやるだけです。
フタの隙間を調整したりブクブクやヒーターの
コンセントを入れたり抜いたりして
付きっ切りで面倒を見ていたあの日が嘘のよう。

今年最後の練習!

【5月5日】

接木環境の揃った2日前、今年最後の
接木練習をしてみることにしました。

用意したカボチャ台木、新土佐の数は8個。
26050302.jpg

穂木は屋外で自然に生えているひょうたんを
ザクザク切り取ってきました。
26050301.jpg

最後の練習なので色々試してみたくて
ひょうたんとひょうたんでも
再度接木をしてみます。
自然発芽した物を根から掘り採ってきました。
26050303.jpg

ワオッ!
衝撃的、三つ葉の双葉(?)を発見!
26050304.jpg

今回行うのは今まで行ってきた刺し接ぎと
本で見た接触面積の広い断根片葉切断接木。
ひょうたんとひょうたんの接木は7個ずつ
作り植えずにポットに置いておきます。
26050305.jpg

カボチャとの接木も上記2方法を4株ずつ。
呼び接ぎはやはり性に合わないので行いません。
26050307.jpg

これらの接木を保温電球とファン、ブクブクを
先日の温湿度制御装置でコントロールして
温度と湿度を保ったり変化させたりして
屋外に出せるまで仕上げていきます。
26050308.jpg

部屋の片隅、このひょうたんコーナーで
実験は地味に進められていきます。
26050309.jpg

温度と湿度を自動で調整してくれるのは
本当にありがたいです。
成功の確率がグンと上がる気がします。

最初の3日は28度90%に保ち
4日目から徐々に下げる予定です。
今までやってきてこれくらいが丁度良いようです。
3日目午後からは光を当て始めます。

晴れでも大丈夫!

【5月4日】

試験中の接木苗を屋外に出してから
晴天が二日ほどありました。

接木苗は元気いっぱい。
しおれる様子は全然ありません。
26050401.jpg
色々注意して行ったのが良かったのだと思います。
今回の接木は大成功だったようです。

次回は今年最後の練習を作製した温湿度の
自動調節装置を用いて行いたいと思います。

温湿度制御装置を作る。

【5月3日】

接木直後の一定値による保湿保温と
苗を外気に出せるようにするまでの馴化の為
何日にもわたり温度湿度変化を手動により
管理することはとても重労働なのが
今年の接木苗作りの経験で分かった。

どうしても温度と湿度を簡単に制御できる
安価な装置が欲しいところだ。

市販の工作キットと自作の回路を組み合わせて
制御部を作ってみることにした。
使用した部品はキットと合わせ6千円。
失敗してゴミにするには勿体ない金額。
何としても成功させねば。
260503001.jpg
ところがところが、肝心な市販キットが
通販で安い物を買ったからかうまく動かない。
説明書通り作ろうにも部品の取付穴が無かったり
入っている部品も足りないし最悪だ。
メールで問い合わせて10日経つが
返事が来ない。
有名どころで買わないと希に
こういうことがあるから怖い。

根性でゴールデンウィーク中に自分なりに
回路を修正したり部品を別買いしたりして
加工して外見的には完成に至ることが出来た。

なのに、これまたところがところが
何とか加工して完成させてもプログラムが
間違っているのか全然ちゃんと動かない。
明らかにおかしな動きをする。
あきらめ半分、放心状態で数日もジーッと
回路図を見ていて特徴的な箇所を発見。
まさか開発途中に良くある単純な間違いは
していないだろうと思いながらも
ある部品を付け加えてみると正常動作。
この商品を買った他の人はちゃんと
目的の用途に使えているのだろうか?

動作不良を補う外部修正をしたりして
何とか使える状態にすることが出来た。
26050306.jpg

試運転。
なかなか細かい調整で温度湿度を調整出来ている。
信頼性が低いので外部タイマーで設定時間ごとに
電源を短時間オフにして強制リセットさせる。
設定値は電源をオフしても消えないので
電源が入り次第正常に制御を開始する。

よーし!
作製でかなり疲れちゃったけど
これで接木管理が格段に楽になるぞ!!!

百成の苗を買う

【5月2日】

多古町のみどり園芸で百成の苗を発見した。
これで100円。安い。
まいた百成の芽が出なかったので丁度良かった。
26050201.jpg
プロが作った苗はデカイ!
他に大ひょうたんもあった。
あの店には面白い苗もあるし
安い苗も多い。

曇天に引っ越し

【5月1日】

空模様は曇天、翌日は雨予想。
接木のお引っ越しには好条件です。
26050101.jpg

屋内の育苗箱から屋外の育苗箱へお引っ越し。
実験中の接木は湿度を自然に任せることに。
26050102.jpg

数日して晴天になってもしおれなかったら
このテストは成功とします。

プロフィール

たぁさん

  • Author:たぁさん
  • 正しいひょうたんの作り方や加工方法なんて全く知りません。でも何とかやってます。最初の年は何故かヘチマが出来ました。ちゃんとひょうたんのタグの付いた苗を買ったのに・・・
    このブログはリンクフリーです。記事や画像の転載などもどうぞご自由に。

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。