現在の閲覧者数:
競技:ひょうたんおしくらまんじゅう   種販売店   ひょうたん販売店   Life is a Carousel  
   
07
2
6
7
14
16
26
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひょうたん水筒外部仕上げ

【7月31日】

柿渋の塗装乾燥が終わり先週後半に
ストロンによる外部保護を開始しました。

最近の私のクリア仕上げの鉄則。
作業前に湿度を確認します。
40%だ。ウム!問題なし!
26073101.jpg

泡立たないようにストロンを調合。
これくらいの量で今回のひょうたんなら
3回以上は塗れるはず。
26073102.jpg

7月25日に第1回目を塗りました。
あまり厚塗りせず作業を終えました。
26073103.jpg
1日おいて塗り重ねます。
5回ほど塗る予定です。
スポンサーサイト

週末の測定結果。

【7月30日】

7月26日時点での大瓢エース測定結果です。
高さは約80センチ。
正確に測りにくいので少し80には届いていないかも。
この1週間、ほとんど変化はありません。
縦への生長は終わった模様です。
26073001.jpg

そして胴回り。
130センチをギリギリ超えました。ヤッター!
26073002.jpg
胴回り生長も収束間近。
だんだん変化が無くなってきました。

サイズ的には最初の望み胴回り1メートル超を
大きく上回るすごい結果で大満足しています!

是非とも完熟して欲しいところですが
枯れ上がりに加え株が病気になり厳しい状況です。
台風が2個も発生し来週来る可能性もあるとか。
完熟に至るには問題が山積みです。

甘い汁が垂れる!

【7月29日】

アリがエースの巨大ひょうたんに群がっている。
何故だ?
昨日も一昨日もだったから気のせいじゃ無い。

理由が分かりました。
傷めたツルから実へ供給されるはずの養分が
途中で漏れ出していたのでした。
一筋、二筋とひょうたんの表面に垂れていました。
もったいない!本当なら実の中へ入りひょうたんを
大きくしてくれる養分じゃ無いか!

配管の水漏れを塞ぐためのテープがあったので
ツルをそれでぐるぐる巻きにしてみました。
これで直るかな?
26072801.jpg

なんかアリが来なくなった。成功か。
それにしてもロープの掛け替えは失敗だったかな。
26072802.jpg
液漏れのせいか生長も悪くなった気がする。
病気にもなってるんだな。
負けるなガンバレ!

病気だ!

【7月28日】

昨日、マズイことに気がついちゃいました。
病気が出ちゃったんですよね。
ツル割れ病だかツル枯れ病が。

ダコニールを塗っていない茎に蔓延してました。
これって不治の病だったような・・・。
久しぶりに出ちゃったな。
棚の前方はダコニール塗ってあったんですけど
奥の方はやってなかったんです。
スプレーしとくべきだった。
取り返しがつかない失敗です。
26072901.jpg

今更ながら薬買ってきて散布しましたけど
回復は難しいですね。
26072902.jpg
私は害虫駆除剤と殺菌剤を混ぜて使っています。
なので今年は混み合わないように株数を減らし
ネットで囲ったことで虫が少なく喜んでいましたが
薬剤散布が減った事で病気が出ちゃったんですね。
難しいなぁ。

エースの完熟への望みも断たれちゃうよー。
あと1ヶ月、株の寿命が持ってくれますように!

ひょうたん食べたい。

【7月27日】

今年はひょうたんを食べようと手持ちの
食用ひょうたんの種を全部蒔いたのですが
保管が悪かったのか結局芽が出ませんでした。

やっぱり食べたいと思い「食用一口瓢箪」
という種を先週末に購入して蒔いてみました。
柔らかい小さな時に収穫するので
ひょっとしたら間に合うかも知れません。
26072401.jpg

開けてみると15粒と書いてある袋からは
倍近い数の種が。
太っ腹なお店です。ありがたや。
26072402.jpg

「海の日」に自動散水のホース近くに蒔きました。
今回蒔いたのは10粒。あとは来年用に保管。
26072403.jpg
もうそろそろ芽が出てくるかな?
3株くらい芽が出たらいいな。

支えを置く。

【7月25日】

接木のエースはネットで下から支えていましたが
毎晩の計測の時にはどうしてもツルのロープだけで
吊り下げになってしまいます。

今日は少し長時間ロープで吊り下げてしまい
汁が垂れるほどツルに食い込んでしまいました。
あせってネットで吊り上げましたが時既に遅し。
ロープが食い込んだ部分が直径半分ほどになり
ツルの繊維はジュクジュクになってしまいました。
ひょうたんに謝りながらダコニールを塗りました。
2607240003.jpg
ちぎれて落下しなかった幸運に感謝し
夜11時だというのに作業小屋で急遽台を作り
下からも支えられるようにして少しだけ
台に重さが掛かるように調整しました。

天候により生長は多少バラつきますが
この1週間は1日で身長が5ミリ程度、
胴回りは1センチ程度育っていました。

これからも生長を続けてくれるだろうか。
それとも終焉をむかえるのか。
明日も懲りずに計測を続けます。

ええい!!切り捨てじゃー!

【7月24日】

接木でないエースは時間切れで1果に絞ったものの
最近形の悪さが目に余ります。

こんな形をこれ以上棚にぶら下げておくのは
絶対に我慢できない!!

お前とはお別れだ!
2607240001.jpg
この後、バッサリ切り落としました。

結局株には実が1個も無くなったので今ある中で
一番形が綺麗なものを育ててみることにしました。
2607240002.jpg
ダメでもともと。
この子の今後を見守ります。

地植の千成を少し収穫。

【7月23日】

週末に枯れてきた茎につながっている
千成を収穫しました。
地面に転がっていたので肌は少し荒れちゃいました。
26072201.jpg
地植にして肥料もあげず摘芯もツルの整理も
せずに放っておいてもこの程度は出来るから
嬉しいですね。
意外と形も良いものが多いのにも驚きです。

水漬け種だしの普通の仕上げは飽きたので
ミニ同様、ツルを付けたまま乾燥します。
26072202.jpg

これをクリップの付いた洗濯物干しで
風通しの良いところにぶら下げます。
26072103.jpg
さて、ミニよりもかなり大きいのでカビずに
乾燥できるか心配ですが一体どうなるのか?

明日香美人と千成

【7月22日】

久しぶりに週末に昼間から夕方の
真っ暗でないときにひょうたん作業をしました。
やられました。ヤブ蚊に刺されまくりました。
脚だけがブクブクに赤く腫れ上がっています。
毒が強くていつまでも腫れ上がって痒いです。
このかゆさ、つらいなー。

本当にこの時期には夜10時以降しか
ひょうたんの管理作業ができません。
寝静まるのかこの時間帯は全く蚊が来ません。
夜にはヘッドライトを付けてゆったりと
作業をしながら写真を撮りました。
やっぱり昼に作業しなきゃ良かった。
26072201_20140722103733fa6.jpg
棚下は明日香美人が良い感じです。
もう少しだけ太ってくれれば私の希望の形です。
手頃なサイズが10個ほど出来れば満足です。

株はまだまだ元気で伸びまくり近くの柿の木に
巻き付いてしまいました。
これはこれで面白いので放っておくことにします。
26072202_20140722103735772.jpg

ところで摘芯を続けている千成ですが最近は
くびれのある雌花が咲くようになってきました。
まだ上の膨らみが充分ではありませんが
滴型に比べたら大進歩です。
26072203.jpg
株の寿命はまだありそうなので引き続き
悪い形は摘み取って行く予定です。

ロープを替えました。

【7月21日】

接木のエースは19日現在このような感じです。
こちらの肌は綺麗ですが反対側が虫喰われです。
ラッキーなことに大きくなるに従い上の膨らみができ、
結果的に均整の取れたひょうたん形になりました。
26072101.jpg
以前は咲きたての雌花の形が悪かったら
大きくなっても悪い形にしかならないんだと
思い込んでいましたが中には大きくなって形が
良くなることが希にあることが分かってきました。
(以前大きくなったエースもそうでした。)
今回は本当に運が良かったと思います。

ひょうたんの棚への固定には今まで細くて
固いロープを使っていたので実が重くなるにつれ
茎に食い込んできてしまいました。
この日は太く柔らかいロープを調達し交換しました。
26072102.jpg
こんなに大きなひょうたんは初めての経験なので
まだ大きくなるのかならないのか毎日興味津々で
メジャーで測定しながら観察しています。
既に近くまで主茎は枯れ上がってきていますが
今のところまだ生長しているようです。

ところで枯れ上がりがこの実の場所を追い越したら
その時以降熟することができない気がしますが
一体どうなるのでしょう?

枯れ上がっています。

【7月20日】

株元に近い方はかなり枯れ上がってきました。
すっかり葉が無くなって茎がむき出しです。
棚上もスカスカになってきました。

あとどれくらい生きてくれるか・・・。
これは接木のエースです。
26072002.jpg

粉末ダコニールを濃く水で溶かしたものを
ハケでガンガン塗っています。
うどんこ病で茎が粉を吹いていたので
主茎は棚上まで塗っています。
26072003.jpg
※ これは効果もあるのか無いのかも分からず
記載の用法に従わず自己責任で行っています。
メーカーでは記載用法以外の用法・用途を
認めていませんのでご注意を。

ところで、接木でないエースは形が・・・。
上は膨らまないし下は変形してくるし残念!!
26072001.jpg
大きくなりそうな肌質をしていますが
さすがにこれではという形です。
未だに良い形の雌花は咲かないし
時期的にもこの株はあきらめるしかないな。

やったー!記録更新だー!!!

【7月19日】

接木のエースは籾殻袋から頭を出し始め
高さは70センチを超えました。
私にとって初めてのことなのでとても嬉しいです。
26071901.jpg

胴回りも自己記録の105センチを超え
現在110センチを上回ったところです。
これまた記録更新でとても嬉しいです。
26071902.jpg

完熟まではあと1ヶ月半くらい必要だと思いますが
その間株を元気に保つことと台風などによる被害を
受けないことが重要となります。
寿命と自然が相手のことなので今の感じだと
正直難しいかなと感じているところです。

ただ、仮に完熟まで至らないとしてもついに
巨大ひょうたんを作ることが出来たので
「自分にも出来るんだ」と言う光が見えました。
今年は中型を作らず大果づくりに賭けて良かった。
既に大きな達成感を味わうことが出来ました。

私が大果を作ることができたのは
とんでもなく価値のある貴重な種子の
譲渡に加え惜しげも無く栽培方法を
ご伝授頂いたO様のおかげです。

O様、本当にありがとうございました。

丁度良い。

【7月18日】

重ね塗りしていたひょうたん水筒の外部仕上げは
荏油と柿渋ともに良い感じになりました。

柿渋は仕上げ用を買って塗るつもりでしたが
ストロンを塗るし今の色が丁度良いので
このまま仕上げることにしました。
26071801.jpg

荏油仕上げは外で充分乾燥させて完成に。
柿渋は外で乾燥させてからストロンを
3重くらいに塗って完成です。

栓を付ける紐を調達しなければいけません。

接木の効果

【7月17日】

接木の接合部は今このような状態です。
とんでもなく大きく膨らんでいます。
26071501.jpg

一番太いところで約55ミリ。
養分をすごいパワーで棚上に送っていることでしょう。
26071502.jpg
接合部から棚に届くまでの茎の太さは大体同じで
約35ミリとなっています。
接木していない方が約30ミリなので
断面積で比較すると接木した方が35%以上
大きい計算になります。
パワー3割増。これが接木の効果か!

なるほど特大ひょうたんを作るためには
接木が不可欠となる訳ですね!

棚下のネットを移動

【7月15日】

週末に棚下に張ってある強風よけのネットを
棚後部に移動しました。

棚の前部は既に枯れ上がってきており
守りたい若い葉が後部に茂って来たからです。
側面からの害虫被害も防げるので今年は
薬の散布はまだ2回しか行っていません。
26071401.jpg

ところで、接木でないエースは結局良い形の
雌花が出現しませんでした。もう7月も半ば。
時間切れなので形を問わずこれに決めて
肥大させることにしました。
せめて大きく育ってくれますように!
26071402.jpg

一方、接木のエースで残した1果は今のところ
順調に肥大しています。
こちらは手持ちの袋ネットでは小さくなり裸で
ぶら下げていたところ虫喰いされてしまったので
今はやむなく籾殻袋を掛けています。
26071403.jpg

まだ小さな明日香美人幾つかを除けば
今年棚下にあるのは上記2果だけです。
十成や中国など大好きな中型のひょうたん栽培を
やめて大果だけを目標に行ってきた今年の栽培。
合格ラインは胴回り1メートルです。
今まで失敗ばかりでコツがつかめず
一度しか超えることが出来なかったこの数値。
気合いを入れた今年は是非超えたい!

ひとつ完成!

【7月13日】

今年のビン漬けひょうたんがひとつ出来ました。

思った通りこの瓶は丁度良かった!
26071301.jpg

ビン漬けにするのには充分な形です。
ビンの大きさとひょうたんの大きさも丁度良い感じ。
26071302.jpg

2年前に作ったものと比較するとこうなります。
前回のものは大きいですね。
26071303.jpg

あと3個作っているところです。
うまく出来るかな?

色が変わってきた。

【7月12日】

まだ干して数日ですがツルが乾燥して
茶色く固くなりました。

ひょうたん自体の色も少し変わってきました。
上の膨らみの上部は茶色くなってきました。
26071201.jpg

うまくいけばツルが付いたままの綺麗な
乾燥素ひょうたんが出来上がります。

重ね塗り

【7月11日】

なんと台風被害はありませんでした!
雨も風もこの地域はほとんど無かった。
こんな不思議なこともあるんですね。
この幸運を今後の成果につなげたいと思います。

台風の準備で製作途中の水筒を
家の中に取り込んでありました。
再び屋外に出す前に折角なので重ね塗りを。

荏油はツヤに良い感じの深みが出てきました。
柿渋は濃い茶色で渋い感じになってきました。
260711001.jpg
とりあえず今晩は家に置いておいて
明日トマトのビニール屋根の下に吊します。
柿渋は仕上柿渋を塗るとかなり色が薄くなるので
あと2回くらい本塗柿渋を上塗りしようと思います。

・・・仕上柿渋どこを探しても見つからない。
また買わなきゃいけないかな。

今年最後の姿か!

【7月10日】

今日は時間を作り台風来襲の準備にあてました。
家周辺の飛びそうなものを片付けたり
しっかり結んだり、植えた木が倒れないように
杭を打ってロープで固定したり。

出来ることをやり終えて被害が最小限になることを
祈って今晩から明日の到来を待つことになりました。
妻の会社も今日は定時帰宅、明日の出社時間は
各自判断となるようです。
今回の台風には何故だか緊張感を感じます。

最後に崩壊覚悟のひょうたん棚を撮影しました。

接木のエースはこれくらいまで育ちました。
形が悪かった実ですが時間切れのため
これに決めて育てていました。
まだ柔らかいのでもっと大きくなりそうな
雰囲気を漂わせています。
260710001.jpg

明日香美人はこの数日、雌花がたくさん咲いて
受粉した実が大きくなってきたところです。
260710002.jpg

この画像を見て気がついたのですが
水平器を使い垂直に立てて刺した農竹が
長い年月でこんなに傾いていたんですね。
これじゃ台風が来なくても今にも倒れそうだ!
260710003.jpg

今の棚はこんなに繁った状態です。
260710004.jpg
台風が去った後にはどんな風になってるのかな。

台風が来るんだな。

【7月9日】

かなり大きな台風のよう。
来るなら今年のひょうたんは多分終了です。
農竹の棚は恐らく崩壊すると思います。
その他に被害が無いことを祈るばかりです。

棚には台風前に収穫できる実はありません。
栽培最盛期で葉がふさふさの現在、
多少の対策をしても守れるとは思えないので
今回はこのまま無防備で台風を迎え入れます。

何か収穫できるもの・・・。そうだ、ミニ。
ミニはいじめすぎて結局ほぼ枯れてしまいました。
地植もしておくべきだったなあ。
後悔先に立たずです。

気に入らない実は全部摘んでいたので
結局今収穫できるのは最初に受粉した
この1個だけとなりました。
26071001.jpg
今年の完熟収穫はこれだけかも知れない。
貴重な1個になりました。

海外で勤務されている某方のブログを通して
教えて頂いた方法で仕上げることにしました。
26071002.jpg

収穫したニンニクと一緒にエアコンの風が当たる
場所にしばらく干しておきます。
26071003.jpg

ツルを付けたままの綺麗な乾燥ひょうたんを
作る予定です。

外部処理

【7月8日】

ストロンで内部処理した水筒はビニール屋根の下で
あれからずっと干してありました。

そろそろ外部の処理をしてみたいと思い先週から
2個を荏油で、3個は柿渋で塗装し始めました。

荏油は厚目に塗って3分くらい放置し染み込ませ
表面を綺麗に拭き取ってから乾燥します。
ちゃんと拭き取らないとベトつくので注意が必要です。
柿渋は薄目に塗って数日間充分日光に当ててから
重ね塗りをします。(最初とても臭いです。)
26070801.jpg
小さな筆しか無かったので柿渋はかなりハケムラが
出来てしまいました。
まあ、これも味と言うことでOKでしょう。
柿渋は最後にストロンで保護しようと思っています。

外部処理前には重量を計測し中を洗い、
水を入れて味を確認しました。
1個だけ今でもシンナー臭くてダメでした。
きっと中に相当大きなストロンの塊が出来て
しまったのだと思います。
内部コーティングの際、余分な塗料の吐き出しに
充分気を使わなければいけないようです。
26070802.jpg
味は全部少し塗料臭がしました。
無塗装の水筒もそうですが何回か使っていくうちに
内部の臭いが抜けてくるので仕上がったら
使い込んでみようと思います。

ちなみに前回計量時よりも各ひょうたんは
10グラム前後軽くなっていましたので
内部塗料は充分乾燥したと思ったあの時でも
まだまだ乾燥が不十分だったようです。

現在の外部仕上げをしながら夏の間も屋外で
内部の乾燥の駄目押しをしようと思います。

棚の状況

【7月5日】

今年の棚には毎年良い形で賑やかにしてくれる
十成や中国ひょうたんは植えてありません。

大果に掛けた大瓢エース2株に75%の面積を使用し
残りは明日香美人1株、端の極省スペースに千成を
1株植えてあるだけです。

大瓢エースはなかなか上の膨らみのある実が
出来てくれません。少しでも良い形にシフトして
摘果してきましたが時間切れになりつつあります。
もうこれで行くしかないかもしれません。
26070501.jpg

明日香美人は受粉数は多いものの
うまく大きくなるものが何故か少なく「?」の状況。
26070502.jpg

千成は結局、形が気に入らないので今のところ
全部摘果して1個もぶら下がっていません。

裏の土地を手入れしに来た人に
「今年はひょうたん終わったんですか?」と
尋ねられるほど今年の棚には何もありません。

元々の今年の目標がエース2個と明日香美人を
少々だったのでまだ目標達成は可能ですが
そろそろ終わりの時期を見据えて栽培を進めないと
完熟期に台風で全滅と言うことになりかねません。

さーて、どうしようか。

台木のカボチャ

【7月4日】

接木の台木で余ったカボチャは元気に育っています。
と言うか元気すぎて困っているくらいです。

一切肥料も与えていないのに広範囲に展開し
他の領域を占領し始めました。

画像奥の方に植えてあるカボチャが手前の
瓜類用に設置したネットを奪ってしまいました。
26070201.jpg

うーむ、これではカボチャの棚栽培だ。
ガンガンぶら下がってきている。
26070202.jpg

来年の接木に種を使えるので実が出来るのは
少し嬉しいがカボチャは1個の実に大量の種が
入っている。実は1個か2個で良いのだけれど
これでは毎日カボチャを食べても食べきれないほど
出来てしまう。
26070203.jpg
このパワフルさがひょうたんを繁らせ大きな実を
生らせる訳なんでしょうね。

瓶詰中。

【7月3日】

雑草抜きをしたときに丁度良さそうな雌花を
瓶詰用に固定してみました。

落花生場所から引っ張ってきたツルなので
傷んでしまって育たない可能性もあります。
26070101_201406300917039db.jpg
実が膨らむか膨らまないか数日で分かると思います。

今年は上手に出来上がるでしょうか。
瓶はまだあるので何個か作る予定です。

雑草抜き!!

【7月1日】

地這ひょうたんは落花生の列の隣に植えてあります。
ひょうたんはマルチしてありますが
落花生はマルチしてありませんでした。
背丈1メートル近い雑草が落花生を飲み込み
ひょうたん場所にも進出してきましたし
ひょうたんのツルは雑草にからみ落花生のところにも
進出していてひどい状態になってしまいました。

ぎっくり腰明けの静養中と言うこともあり
放っておこうかとも思ったのですが
あまりの状態に週末に1日掛けて雑草を抜きました。
26063001.jpg
落花生場所に進出していたひょうたんのツルは
引きはがしてグチャグチャになり傷んでしまいました。

落花生方面が南なので雑草の中には千成の実が
予想よりたくさん入っていました。
26063002.jpg

かなりツルを傷めてしまったので完熟は
難しくなったかもしれません。
26063003.jpg

うう、あれから2日経ったのに
ふくらはぎが異常に張っている。
腰もかなり痛い。
かなりのダメージを受けている模様。

これから出来てくる実達よ、頑張ってくれ。

プロフィール

たぁさん

  • Author:たぁさん
  • 正しいひょうたんの作り方や加工方法なんて全く知りません。でも何とかやってます。最初の年は何故かヘチマが出来ました。ちゃんとひょうたんのタグの付いた苗を買ったのに・・・
    このブログはリンクフリーです。記事や画像の転載などもどうぞご自由に。

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。