現在の閲覧者数:
競技:ひょうたんおしくらまんじゅう   種販売店   ひょうたん販売店   Life is a Carousel  
   
09
1
3
5
6
8
10
12
20
23
24
25
26
27
28
29
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台木の種を採取する。

【9月30日】

余った台木を育てて種を採取できました。
まずまず立派な種です。
使った台木は新土佐と言うカボチャでした。
26091701.jpg
この種を使って来年はスイカの接木苗をたくさん
作って遊ぼうと思っています。

一代交配種の実から出来た種なので
どんな特性を持っているか分からないことから
絶対失敗したくないひょうたんには使いません。
スポンサーサイト

柴漬け大失敗!

【9月22日】

あーもう!
あの柴漬けの素はまずすぎる!
時間が経ち馴染んできましたが味見をすると
私が大嫌いな変な甘酸っぱさ!

今回は柴漬けはやめだ!!
せっかくの食用ひょうたんが勿体ないよ!

しょうが無い。既についてしまった味をごまかすには
強い味にするしか無い。
洗って5ミリほどにスライスしました。
これを油で炒めて中華調味料で味付けしました。
26092201.jpg

使ったのは豆板醤や甜麺醤、コチジャンなど
あと適当に五香粉やウェイパーなど入れました。
26092202.jpg

よく炒め旨味調味料などで味を調えて
ニラを刻んで入れて完成。
雰囲気は麻婆ナスです。
26092203.jpg

あぁ! 熱々の湯気でレンズが曇ってしまう!
うーむ、辛うまだ!
柴漬けの味が完全にごまかせている!成功。
26092204.jpg
本当に食感と味がナスに近いな。
少しキュウリのような雰囲気もある。
食用瓢箪なので苦さは全くない。
これは本当に食材だ!

また採れた!

【9月21日】

余った台木のカボチャがまた採れました!
草の中に思っていたよりもたくさん出来ていました。
26092101.jpg
これは大変なことになったぞ。
前回のと合わせ我が家はカボチャだらけだ。

うーむ、それにしても立派なカボチャだ。
新土佐、別名を鉄兜と言うだけあって非常に固い。
結構美味しいカボチャだから嬉しいが
さすがに全部食べたらカボチャ嫌いになって
しまうに違いない。
26092102.jpg

噂には聞いていたがカボチャは強い。
空き地にはまだ成育中のカボチャが残っている。
何も手入れしていないのに病気にもなっていないし
虫もまったく付いていない。
ひょうたんももっと強ければ良いのに!

棚のお勉強

【9月19日】

今日は午後完全にお休みにして
みつる」さんのところへおじゃましました。

来シーズンまでに作らねばならない単管パイプを
使った棚作りが不安だと先日の記事で書いたら
「私の棚が参考になるなら見に来ませんか?」
と嬉しいお声が掛かったからです。

色々と拝見し心配事も消えイメージが描けました。
予算を考えてパイプの値段まで下調べして頂き
本当にありがとうございました。
他にもすごーく嬉しい御提案なども頂き
またお世話になりそうです。

それにしても栽培環境を拝見し胴回り
メーター超えをバンバン作っておられる方は
やはりスケールが違います。
たっぷりの堆肥と広ーいフカフカな土。
大きく頑丈な棚。
良い日照と防風竹林。
これに色々と手間を加えて初めて良いひょうたん。
まずは少しでも真似て来年も大きな瓢箪が
得られれば良いなと思った次第です。

ブログがきっかけで人と対面するのは初めてで
色々とお話もでき貴重な体験でした。
ブログやってて良かったと思う1日でした。

水漬け無しで腐らせる。

【9月18日】

何とかストレスを与えずに乾燥まで行いたいと
この状態で腐敗を進行しています。

外皮を剥がすためにビニールで包んでみました。
湿気が充満し外皮が湿って変色してきました。
26091501.jpg
中の腐れ汁を種ごと吸い出して外皮もツルッと
むければ大成功なのですがうまくいくでしょうか。

容器に収容できない明日香美人もこの状態で
腐敗中です。
うまく腐敗が進行している感じがします。
26091502.jpg
大きいのが出来ちゃうと手持ちの設備では
処理できないので少し困っています。

収穫したぞ!朝どりひょうたん!

【9月17日】

ヤッホーイ!
表面を叩くと「パルン!パルン!」と音がする。
まだ柔らかく中から膨れている感じ。
とうとう収穫したぞ。食用瓢箪。
完熟させてみたいという欲望に打ち勝ちました!
26091701_20140917133552d75.jpg

第1発目は前からやってみたかった柴漬けを。
本当は切らずにやりたいけど大きいので半分に。
まだ種もでき始め。柔らかいです。
26091702.jpg

赤シソの葉か揉みシソを探しにお店に行ったけど
季節外れなのか売ってなかった。
しょうがないから柴漬けの素なるもので我慢。
でもこの粉、甘すぎて自分の好みじゃ無いな。
26091703.jpg

そこで酸っぱさとしょっぱさ、ついでに色を補うため
別で自分で作っている最中のこの梅漬けから
味の付いた梅酢とシソの葉を拝借。
26091704.jpg

なんとなく良くなった。
26091705.jpg

少し重さを掛けて冷蔵庫へ。
たまに裏返したりして1週間くらい様子を見ようと
思います。
26091706.jpg
うーん、美味しく仕上がるかな?

そろそろ収穫か?

【9月16日】

さて、食用瓢箪。柔らかいうちに収穫を・・・。
表面を少し押すと「プニョプニョ」。
もう少し大きくしても大丈夫そうだ。
最初はツルを切り取る寸前までいきましたが
思いとどまりもう少し様子を見ることに。
26091401.jpg

産毛の雰囲気からして間もなく成熟する大きさ。
このサイズが大人なら千成よりも小さいですね。
26091402.jpg
明日か明後日に収穫だな。

第2陣も受粉出来ているから間違いなく
幾つかは食べることが出来そうだ。

ツルが伸びてきました。

【9月15日】

食用瓢箪とミニのツルがグンと伸びてきました。
食用瓢箪はポロポロと雌花が咲いていますが
ミニはまだ雌花が出来ていません。
26091601.jpg

いつも思いますがミニはかなり晩成型で
あきらめ掛けた頃にポロポロ出来てきます。
26091602.jpg
今回は植えた時期が遅いので良い時期には
きっと寒くなってしまいます。

ひょうたん二毛作は成功するのでしょうか。

棚を撤去しました。

【9月14日】

かなり棚が傾き倒壊の恐れがあるため
今シーズン終了をもって農竹の棚を撤去しました。
この土地を買ってから5年間、本当にありがとう。

思えばこの土地は宅地登録で購入した一部で
ひょうたんを作っているので田舎にしては
ド偉く高い瓢箪畑になっているのであります。
この棚の部分だけで250万円程でしょうか。

棚を再構築して来年もひょうたんを作らねば
損した気分になっちゃうのです。
26091301_20140916103555dc8.jpg
再構築に残された時間は半年。
大きさはここに収まる6×6mで考えています。
できれば単管パイプで仕上げたいところだけれど
全く扱った経験が無いので各部の太さやら部品やら
どうしたら良いのか案さえうまく描けない状況です。
予算もね・・・5万円以内に抑えたいけどどうなんだか。

台風での傾きや倒壊、重い瓢箪での棚のしなりなどに
悩まされない良い棚を作れれば良いんだけど。

4隅のパイプは太くするとして棚上のパイプは
適度に細くしなきゃツルが絡めないだろうし。
あー、ちゃんとできるか結構不安。

水筒使ってます。

【9月13日】

完成したひょうたん水筒の手頃な大きさの1つは
水を入れて冷蔵庫で冷やし風呂上がりに毎日飲む
冷水用として使用しています。
確か600cc以上入るので1回では飲みきれません。
26091301.jpg
勿論今は塗料の臭いや味がすることは一切無く
完璧な水筒として機能しています。

浄水器で濾過した水を入れているので
本当に無味無臭な訳ですが、
黒檀の栓も手作り、種から育てて収穫し
自分で仕上げたこの水筒で飲む冷水の味は
格別な気がします。

ひとつだけ欲を言うならば本当は日本酒が
似合うに間違いないけれど飲めないからなー。
それだけが残念。
今までの人生で無理して飲んだ日本酒は
多分コップ3杯くらい。
もう無理に飲まされる年令や立場では無いので
一生日本酒を飲むことは無いんだろうな。

ツル付き乾燥中ひょうたんその後

【9月11日】

本棚の前にはひょうたんが生っているようです。
26091001.jpg

最近エアコンを入れない時間が増えてきたので
リビングで干していた千成に斑点のように
黒カビが着いてしまいました。
なのでエアコン稼働時間の長い仕事部屋に
千成を移しました。
26091002.jpg
カビはまだ初期症状だったので塩素を綿棒に付けて
擦っただけで綺麗に消えたので大丈夫でした。

明日香美人は頭の部分が未熟だったのか
細かい切れ目が入ってきました。
最後には固く仕上がることが分かっているので
かまわず乾燥を続けています。
26091003.jpg
色留めした上記の千成ひょうたんと違い、
明日香美人は既に濃い茶色です。
どっちの感じもそれぞれ気に入っています。

千成も明日香美人も完全乾燥までは
まだまだ時間が掛かりそうです。

食用瓢箪受粉出来ました。

【9月9日】

雄花が無いと思っていたらちゃんとありました。
雌花が咲くのと同じ日に咲いてくれました。
めでたく受粉作業ができました。
26090901.jpg

食べちゃうから形はどうでも良いんだけど美形です。
完熟させたくなっちゃうなあ。
26090902.jpg

個人的にはこっちの方が好きな形だなぁ。
乾燥したら良い形に・・・。
いやいや、この株のひょうたんは食べるぞ!
26090903.jpg

週末くらいには収穫かな。
さーて、どう料理してやろうか。

雄花が咲いた。

【9月7日】

今日は雨。
少し肌寒いです。

昨日、食用瓢箪の雄花が咲いたみたいです。
今は雨に打たれてシナシナになっていました。
26090701.jpg

そしてこの株のツルには待望の雌花が。
この感じは今晩咲きそうです。
雄花が無さそうで受粉は出来ないかもしれません。
26090702.jpg

他にも雌花がありますので今日はダメでも
この調子で育ってくれれば幾つかは収穫して
食べてみることができそうです。
26090703.jpg
この雰囲気は千成程度の大きさの実が生りそうです。
楽しみだな。

【番外編】
接木台木のカボチャは収穫して1ヶ月熟成させて
おいたものがあったので初めて食べてみました。
少し煮すぎて柔らかくなりすぎましたが
なかなか美味しいカボチャでした。
29090704.jpg
冷やす前に食べたときはホクホク感のある
栗みたいな味だったので今度はあまり長時間煮ずに
堅めで食べてみたいと思います。
もう熟成させたものが無いので今度食べるのは
相当後になります。

※ カボチャは収穫してすぐに食べると
   全然美味しくないのだ。
   本当は3ヶ月くらい熟成させた方が澱粉が
   糖分に変わって甘くて美味しいらしい。
   しかもこの品種はカボチャの中でも長期貯蔵が
   できる品種との事。半年くらいは全然平気かも。

最近は本当に野菜を食べないので健康のために
コツコツ食べていきたいと思います。

千成を色留乾燥。

【9月4日】

千成を収穫する際、穴開けせずに干すため
ツルごと切り取って何個か取ってありました。

皮をむいて袋に入れて色留液で5時間処理します。
26090101.jpg

全体が浸かるように空気を抜いて密閉しました。
26090102.jpg

5時間後、良く洗っていつもの場所へ。
今回は2節連続のひょうたんもあり
切り分けずにそのまま乾燥しています。
26090103.jpg
乾燥完了までは1ヶ月くらいでしょうか。
面白く綺麗に仕上がるといいな。

また暑くなるかな?

【9月2日】

最近急に涼しくなって秋の気配。
8月が終わったばかりです。
もう一度くらい暑くなっても良いような・・・。
後で植えた食用瓢箪達がまだ育っていないし。

残念ながら空き地に植えたものは水やりを
全くしていないので完全に消滅してしまいました。
でも自動散水しているプランターではミニと
食用瓢箪が伸びてきました。
26083101.jpg

食用瓢箪、何個かは食べたいですねえ。
9月の天候が良ければ実を着けそうです。
26083102.jpg

棚も空き地も今年のひょうたんは終了したので
今からはプランターのひょうたんをのんびり眺めて
過ごしたいと思います。

プロフィール

たぁさん

  • Author:たぁさん
  • 正しいひょうたんの作り方や加工方法なんて全く知りません。でも何とかやってます。最初の年は何故かヘチマが出来ました。ちゃんとひょうたんのタグの付いた苗を買ったのに・・・
    このブログはリンクフリーです。記事や画像の転載などもどうぞご自由に。

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。