現在の閲覧者数:
競技:ひょうたんおしくらまんじゅう   種販売店   ひょうたん販売店   Life is a Carousel  
   
12
2
3
4
5
6
7
9
10
11
12
13
15
16
18
19
21
22
23
25
26
28
29
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

丸棒に錆止め

【12月31日】

格子の丸棒は錆びさせて使おうと思っていたが
予算が2256円残っているので錆止めを
使用して綺麗に仕上げることにした。

錆止めペンキが2100円。
薄め液が790円で634円オーバーしてしまった!
うーん、この作業は予定外のおまけなので
目をつぶって良しとしよう!!
26123101.jpg

まずはすごーく薄目に1回目の塗装。
26123102.jpg
3回塗りで仕上げようと思います。
スポンサーサイト

バリを取る

【12月30日】

棒の両端のバリをグラインダーで取りました。
ツル整理の時に手を切らぬよう丁寧に削りました。
26122701.jpg

192箇所も削ったので大変でしたが永く使える棚を
作ことを考えながらの楽しい作業でした。
26122702.jpg

↓こんなふうに先端の側面を削りました。
26122703.jpg
1箇所1箇所手で触って確認しながら作業したので
軍手の細い繊維が付いています。

この休みにゆっくり作業が進んでいきます。

予算内で作れるか?

【12月27日】

棚は手持ちの農竹と組み合わせ、新規コストは
5万円以内となるよう思案し進めてきた。

鉄の丸棒の購入で主要な構造パーツは揃った。

同じものなら1円でも安い店で買い、
可能な限り自分で運搬するなどして
本当にケチケチと費用を抑えてきた。
現時点で残った予算は4735円。

ただ、忘れてはいけないのは格子の結束具だ。
1000箇所近い場所を固定しなければいけない。
実は格子の留め具には使い慣れたインシュロック
などの結束バンドを使用したいと思っていた。
ところが、止める箇所が非常に多いことに加え
耐環性にしなければならないことと、かなり長い
バンドが必要で見積は15000円を超えてしまった。

そこで、「うーん」と考えたどり着いたのが
メッキ針金による結束だ。

先日のカギ型の妙な工具は「ハッカー」と言い、
鉄筋の針金結束に使用するものなのだ。
実はこれ、工具も針金もべらぼうに安い。
先日買った工具は送料込みで999円だし
針金は「結束線」の名称で35センチや
45センチなどの長さで100本ほどに束ねられ
メッキのものでわずか40円、50円の世界なのだ。
26122401.jpg

ただ、その分、使う人のテクニックが重要で
素人には最初全然使いこなせないものなのだが
何とか扱えるようになれば安いメッキ針金が
耐環性インシュロックのように早変わりする
魔法の道具なのだ。

ベテランさんのその魔法ぶりについては
youtubeで「ハッカーの使い方」で検索すれば
誰でも確認することが出来るので一度見て欲しい。
ほんの一瞬で結束してしまう様子は
本当に魔法としか思えないから。

予算を厳守するためにも、そして何かと将来も
使えそうなテクニックなのでこれを使って
格子を結束すると決めて工具を買ったのだ。

先日購入した工具、ハッカーが999円。
そして55センチの長めの結束線を
10キロ箱買い注文しておりそれが1480円。
5万円までの予算残りは2256円。

これで必要なものはすべて揃うはずなので
もし予定通りに完成したら目標達成となる。
ギリギリの攻防だった。

棒を購入する

【12月24日】

棚上格子の縦棒に用いる異形丸棒を購入した。
直径10ミリ、長さ5.5メートル、税込248円。
全部で32本買ったので7936円だ。
(カインズホームにて購入)

長いまま配達してもらうと送料で予算が厳しくなる。
なので店頭の高速カッターで自分で切断して
自分で運搬した。

3等分で長さ約183センチ×96本となった。
下の全部で約100キロほどの重さがある。
また少し腰の調子が悪くなった。
26122301.jpg
切り口のバリが刃物のように危険なので
後日、両端をグラインダーで面取りする予定。
それが終わったらいよいよ格子作りだ。

残り予算は4735円。

何だか分かりますか?

【12月20日】

これ買ってみました。
工具です。1000円ほどでした。
何に使うものか分かりますか?
柄の真ん中の折れ曲がってるところが可動式で
ぐるぐる回ります。
使う人はある職種に限られているかも。

私は数日前まで存在すら知りませんでした。
youtubeを参考に使い方を練習し本番に備えます。
これがうまくいけばかなりコストが抑えられるはず。
26122001.jpg
何に使おうとしているかは材料が揃ってから。

エースに荏油

【12月17日】

当初柿渋を塗ろうと思っていましたが
逆さまにして口から棒を差しひょうたんを支えると
底が抜けてしまうかも知れないので考え直しました。
乾燥して軽くなったとは言え、瓢箪が大きいので
棒の先端の面積だけで全体を保持するのは
瓢箪破壊につながる恐れがあります。
この瓢箪は生涯最大のものかも知れませんので
絶対に失うことは出来ません。

今回は荏油で根気よく時間を掛けて表面を
処理してみることにしました。
ベタベタ触ったり抱えたりしながら塗布作業を
することが出来ますし最後には綺麗に拭き取るので
作業後ひょうたんを置いて乾燥できるなど
柿渋の塗布に比べるとかなり作業し易くなります。
26121701.jpg

などと上記のように推測してやってみましたが
実際やってみると大きすぎて抱えるが一苦労。
自分の腹回りよりも遙かに太いひょうたんを
抱えて油をすり込むのはかなり疲れる作業でした。
横に床に置いて作業してもグラグラするし
支える腕一本、すり込む腕一本では足りません。
あと2本くらい腕があれば楽なのに。
おお、そうだ!
今度は足も使って支えれば良いのかも。

ひょうたんとの大格闘。
とても人に見せられる作業風景ではないでしょうね。

格子材料を確認

【12月14日】

棚上の格子材料を用意しなければいけません。
手持ちの農竹を格子の横方向に使います。
2.4メートルの農竹が60本あったので
目標の30センチ間隔程度に並べられそうです。
26121401.jpg

縦方向は直径10ミリ、長さ5.5メートルの
鉄筋の異形丸棒が安いので30本程度購入し
農竹の上に配置するつもりです。
ただ、何故か6mってのは見つかりません。
規格なのかな、惜しいです。
切断して足して調整するしかありません。
ちょっと手間だな。

運ぶ車の都合で丸棒の購入は年内は無理かな。
早くやりたいんだけど残念。

種を保存

【12月8日】

物置で乾燥してあった今年採取の種。
明日香美人・中国の千成・大瓢エース。
カラカラに乾燥仕上がりました。
乾燥剤を入れてサプリの空き瓶に入れました。
これを冷蔵庫の野菜室で保管します。
26120801.jpg

基本的に自分で採取した種では形の良い
ひょうたんが出来ることが少なかったので
毎年その都度調達するようにしていますが
非常時に備えて保管したいと思います。

野菜室には採取した色々な種が眠っています。

乾燥出来た!!

【12月1日】

何とかカビずに乾燥してくれました!
色もそんなに黒くなくて良かった。
お尻の形が良くちゃんと自立出来ます。
26120101.jpg

1.5リットルのペットボトルと並べてみました。
大きいなあ。
今は自由に扱えるので正確に計測してみました。
胴回りは133センチでしたが身長は82センチでした。
思ってたより背が高かった!
26120102.jpg

次は大きな栓を作らなきゃ。
丁度写ってるペットボトルくらいの木が必要だ。
あるかなあ。

あ、その前に塗装かな。
大きいから大変そうだな。

プロフィール

たぁさん

  • Author:たぁさん
  • 正しいひょうたんの作り方や加工方法なんて全く知りません。でも何とかやってます。最初の年は何故かヘチマが出来ました。ちゃんとひょうたんのタグの付いた苗を買ったのに・・・
    このブログはリンクフリーです。記事や画像の転載などもどうぞご自由に。

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。