現在の閲覧者数:
競技:ひょうたんおしくらまんじゅう   種販売店   ひょうたん販売店   Life is a Carousel  
   
06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

温湿度制御装置を作る。

【5月3日】

接木直後の一定値による保湿保温と
苗を外気に出せるようにするまでの馴化の為
何日にもわたり温度湿度変化を手動により
管理することはとても重労働なのが
今年の接木苗作りの経験で分かった。

どうしても温度と湿度を簡単に制御できる
安価な装置が欲しいところだ。

市販の工作キットと自作の回路を組み合わせて
制御部を作ってみることにした。
使用した部品はキットと合わせ6千円。
失敗してゴミにするには勿体ない金額。
何としても成功させねば。
260503001.jpg
ところがところが、肝心な市販キットが
通販で安い物を買ったからかうまく動かない。
説明書通り作ろうにも部品の取付穴が無かったり
入っている部品も足りないし最悪だ。
メールで問い合わせて10日経つが
返事が来ない。
有名どころで買わないと希に
こういうことがあるから怖い。

根性でゴールデンウィーク中に自分なりに
回路を修正したり部品を別買いしたりして
加工して外見的には完成に至ることが出来た。

なのに、これまたところがところが
何とか加工して完成させてもプログラムが
間違っているのか全然ちゃんと動かない。
明らかにおかしな動きをする。
あきらめ半分、放心状態で数日もジーッと
回路図を見ていて特徴的な箇所を発見。
まさか開発途中に良くある単純な間違いは
していないだろうと思いながらも
ある部品を付け加えてみると正常動作。
この商品を買った他の人はちゃんと
目的の用途に使えているのだろうか?

動作不良を補う外部修正をしたりして
何とか使える状態にすることが出来た。
26050306.jpg

試運転。
なかなか細かい調整で温度湿度を調整出来ている。
信頼性が低いので外部タイマーで設定時間ごとに
電源を短時間オフにして強制リセットさせる。
設定値は電源をオフしても消えないので
電源が入り次第正常に制御を開始する。

よーし!
作製でかなり疲れちゃったけど
これで接木管理が格段に楽になるぞ!!!

プロフィール

たぁさん

  • Author:たぁさん
  • 正しいひょうたんの作り方や加工方法なんて全く知りません。でも何とかやってます。最初の年は何故かヘチマが出来ました。ちゃんとひょうたんのタグの付いた苗を買ったのに・・・
    このブログはリンクフリーです。記事や画像の転載などもどうぞご自由に。

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

月別アーカイブ

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。